ハリソン・ディラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリソン・ディラード Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ウィリアム・ハリソン・ディラード
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
生年月日 1923年7月8日(91歳)
生誕地 オハイオ州クリーブランド
身長 178cm
自己ベスト 100m:10秒3(1947年)
200m:20秒8(1948年)
 
獲得メダル
陸上競技
オリンピック
1948 ロンドン 男子 100m
1948 ロンドン 男子 4×100 mリレー
1952 ヘルシンキ 男子 110m ハードル
1952 ヘルシンキ 男子 4×100 mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ハリソン・ディラード(Harrison Dillard、1923年7月8日 - )は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手。1948年ロンドン、1952年ヘルシンキオリンピックに出場し4つの金メダルを獲得した選手である。ロンドン大会では100m、ヘルシンキ大会では110mハードルで金メダルを獲得している。短距離、ハードルと両種目を制覇した男子選手は、オリンピック史上ディラードただ一人である。

経歴[編集]

ディラードは第二次世界大戦から復員し、大学で陸上競技に取り組んでいた。ハードル競技に特に才能を見せ、戦後間もない頃では世界トップレベルに位置していた。しかし、1948年のオリンピック選考会で失敗し出場を逃してしまう。ただ、専門ではなかった100mでは3位となりオリンピック出場を果たした。

ロンドンオリンピック100m決勝は同じアメリカのバーニー・ユーウェルと10秒3の同タイムでゴールするデッドヒートで、写真判定に持ち込まれた。オリンピック史上初となる写真判定となったゴール写真ではディラードが先着しており、1つめの金メダルを獲得した。 この後出場した4×100mリレーでも3走を任され、40秒6のタイムで金メダルを獲得した。

4年後、今度こそディラードは110mハードルでアメリカ代表の座を獲得する。そして、オリンピックでは13秒7のタイムで金メダルを獲得。さらに、4×100mリレーの代表として4つめの金メダルを獲得した。

外部リンク[編集]