番町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

番町(ばんちょう)は、東京都千代田区地域内区分の一つで、主に一番町から六番町までの町を指す。

○番町と付く住所は日本に数カ所あるが、関東においては千代田区の○番町を指す事が多い。

概要[編集]

皇居より西に位置する領域。南の新宿通り、北の靖国通りに挟まれ、東端は半蔵濠、西端は東日本旅客鉄道中央本線が走る旧江戸城外濠(跡)である。山の手の代表的な住宅地の一つであり、都心部における高級住宅街の代表格である。現在は、マンション中心の住宅街となっている。

歴史[編集]

江戸時代旗本のうち、将軍を直接警護するものを大番組と呼び、大番組の住所があったことから番町と呼ばれた。大番組は設立当初、一番組から六番組まであり、これが現在も一番町から六番町に引き継がれている。実際には、例えば、一番町がさらに堀端一番町、新道一番町というように細分化されており、江戸時代の大番組の組番号と、現在の町目の境は一致しない。怪談番町皿屋敷』で有名。

地域[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]