小西隆佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
小西隆佐
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正20年(1592年9月
別名 弥十郎、宗寿、寿徳、立佐
霊名 ジアチンあるいはジョウチン
官位 和泉
主君 豊臣秀吉
氏族 小西氏
父母 父:小西行正
正室:ワクサ(洗礼名:マグダレーナ
如清行長行景主殿介

小西 隆佐(こにし りゅうさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけてのの豪商。豊臣秀吉の家臣。「立佐」とも言われる。小西行長の父親。

略歴[編集]

小西弥左衛門(次忠、行正)の子として生まれる。永禄8年(1565年)、ルイス・フロイスの師事を受けてキリシタンとなった。霊名はジョウチン。天正13年(1585年)から秀吉に仕え、河内国和泉国における豊臣氏の蔵入地の代官に任命された。天正15年(1587年)の九州征伐では兵糧の補給役を命じられている。

これらの功績から、天正18年(1590年)11月4日、法眼に任じられた。天正20年(1592年)、朝鮮出兵が始まると肥前名護屋城に入るが、まもなく発病して京都に戻り、そのまま死去した。