郷田マモラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
郷田 マモラ
本名 上之郷 守
生誕 1962年
三重県伊勢市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1993年 -
ジャンル 劇画
代表作 きらきらひかる
モリのアサガオ』 他
受賞 ちばてつや賞一般部門大賞(1993年
ミスターマガジン新人漫画賞入選(1993年)
第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門2007年
テンプレートを表示

郷田 マモラ(ごうだ マモラ、本名:上之郷 守(かみのごう まもる)、1962年 - )は、日本漫画家

略歴[編集]

三重県伊勢市出身、東京都在住。血液型B型。大阪総合デザイン専門学校でグラフィックデザインを学び、卒業。フリーのイラストレーターとして活動した後、1993年に『虎の子がゆく!』がちばてつや賞一般部門大賞を受賞、『花の咲く庭』がミスターマガジンの新人漫画賞入選を受賞し、二誌同時デビューとなった[1]

1998年、『きらきらひかる』がフジテレビ系にて深津絵里主演によりドラマ化。2005年、『MAKOTO』が君塚良一監督、松竹配給のもと映画化。

2007年には『モリのアサガオ』で、平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞[2]2008年生野慈朗監督、ギャガ・コミュニケーションズ配給による映画化[3]されたのに続き、2010年にはテレビ東京系にて伊藤淳史主演・テレパック制作によりドラマ化される[4]

2013年4月から5月にかけて、自身の事務所で女性アシスタントに陰茎を手淫させるなどの猥褻な行為をしたり、野球の硬球を投げつけ、突き飛ばして後頭部を蹴るなどの暴行をしたとして、強制猥褻傷害により6月5日に逮捕された[5][6]。8月27日、東京地裁立川支部により懲役3年・執行猶予3年の有罪判決が言い渡された[7]。今後はペンネームを変えてやり直すとしている[8]

2014年、原作者として「ニコラオスの嘲笑 警部補・森村つぐみ」を週刊女性8/26号より連載中。

人物[編集]

趣味は音楽鑑賞。好きなアーティストにさねよしいさ子モーツァルトスコット・ジョプリンを挙げている。スポーツ観戦も趣味。いとこにドールハウス作家の工藤和代がいる[9]

特徴[編集]

物語は大阪の町を舞台に展開し、大半の人物のセリフは関西弁となっている。作中に登場する「根古田区」は架空の町[10]。作画には穂先が1cmの面相筆を使用している[11]

漫画作品[編集]

  • きらきらひかる-浪速美人監察医物語1995 - 2000年):監察医の道を歩む「天野ひかる」の物語。単行本全13巻、文庫版全8巻。講談社
    • きらきらひかる22002 - 2004年):「天野ひかる」と「白川真言」が出会ってからの物語。単行本全5巻、文庫版全3巻。講談社。
    • きらきらひかる最終章2007年):単行本全2巻。双葉社
  • 幸福な人生2000年):デビュー作2編を含む7編の短編集。単行本全1巻。講談社。
  • MAKOTO2001年):霊が見える監察医「白川真言」の物語。単行本全1巻双葉社、文庫版全1巻講談社。
  • モリのアサガオ(2004 - 2007年):刑務官「及川直樹」と同い年の死刑囚「渡瀬満」の物語。全7巻。双葉社。
  • サマヨイザクラ2008 - 2009年):裁判員制度で、裁判員に選ばれた主人公の相羽圭一を中心に、殺人事件の裁判を執り行う物語。全2巻。双葉社。
  • 星屑の少年たちへ なにわの思春期外来奮戦記臨床心理士の話。既刊2巻。双葉社。
  • あしゅらみち -冤罪-
  • ニコラオスの嘲笑 警部補・森村つぐみ 原作。作画・長岡敦子(桃井ジョン)。連載中。主婦と生活社。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モリのアサガオ - Web漫画アクション
  2. ^ マンガ部門 大賞 モリのアサガオ - ウェイバックマシン(2007年12月7日アーカイブ分) - 文化庁メディア芸術プラザ
  3. ^ 映画 モリのアサガオ 映画作品情報 - cinemacafe.net
  4. ^ テレビ東京「モリのアサガオ」公式サイト
  5. ^ 漫画家の郷田マモラ被告を起訴 強制わいせつ罪など 朝日新聞 2013年8月15日
  6. ^ 社会派漫画家が強制わいせつ 日刊スポーツ 2013年8月16日
  7. ^ 漫画家の郷田マモラ被告に有罪判決 強制わいせつ罪など 朝日新聞 2013年8月27日
  8. ^ 郷田マモラ被告、執行猶予つき有罪判決 ペンネーム変え再出発 スポーツ報知 2013年8月28日
  9. ^ 「サマヨイザクラ」あとがき。
  10. ^ 笑う金魚の方言 方言マンガ探訪 第一回 郷田マモラ先生 - ウェイバックマシン(2008年10月6日アーカイブ分) - 全国方言WEB ほべりぐ
  11. ^ モリのアサガオ第1巻 P224 郷田の部屋1「作画スタッフ大ぼしゅう」

関連項目[編集]

  • 伊藤淳史 - 『サマヨイザクラ』、『モリのアサガオ』に出演した