川畑泰史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かわばた やすし
川畑 泰史
生年月日 1967年6月22日(47歳)
出生地 日本の旗, 京都府京都市
血液型 AB型
職業 お笑いタレント
ジャンル 舞台(吉本新喜劇
備考
身長167cm・体重65kg

川畑 泰史(かわばた やすし、1967年6月22日 - )は、日本お笑いタレント

京都府京都市出身。吉本興業所属。NSC9期生。吉本新喜劇座長。

人物・略歴[編集]

京都府立桃山高等学校卒業。

趣味:テレビゲーム、散歩

同期には、ナインティナイン宮川大輔ほっしゃん。矢野・兵動などがいる。

1997年、同じ新喜劇の先輩女優の森内紀世と結婚。2005年7月26日には3人目の子供(長女)が誕生したが、2011年6月離婚。親権は森内が持っている。

友人とバンド「second stage」(セカンドステージ)を結成・活動している。担当はボーカル。テレビ番組で辻本茂雄が歌った時に後ろでギターを伴奏したこともあった。[要出典]

芸歴[編集]

1991年吉本新喜劇に入団。ちなみにNSC9期生でNSC卒業後、新喜劇に入団したのは川畑とナインティナインの岡村隆史のみだった。なお、岡村は正式にはNSCを卒業してはおらず、授業料未納により除籍処分(出入り禁止)になっている。

2005年3月、「吉本新喜劇・川畑泰史・小籔千豊公演・がんばろっカナ!?キャンペーン」をなんばグランド花月にて開催。吉本新喜劇の歴史に残る大イベントを成功させ、イベント内で川畑小籔の両名は新喜劇の大御所・桑原和男から「次代の新喜劇を背負うのにふさわしい人材」とお墨付きをもらう(この「お墨付き」が後押しとなり、川畑・小籔の新喜劇内のポジショニングも中堅クラスから一躍、仮座長・座長補佐のようなポストへと昇格。桑原のこの「お墨付き」は、座長昇格における最後にして最大の難関と言っても過言ではない)。

2006年2月に小籔が座長に就任。川畑もそれに続く形で同年9月より不定期ながら仮座長公演を行い、2007年4月に同い年の吉田ヒロが座長を卒業(退任)したのに伴い、同年6月より正式に座長昇格することが決定。入団16年目にして念願の座長就任となった。

座長就任後は、新キャラ「川畑バタ子」にも挑戦。イベントでは「ターニングポイント新喜劇」や吉本コメディの復活SPなどで主役をこなしている。また2007年のM-1グランプリに小籔とのコンビ「座長座長」で出場し、初出場でありながら準決勝に進出した。

エピソード[編集]

  • ケンドーコバヤシ曰く、「川畑さんの髪型は誰にも不快感を与えない、どんなバイトでも通じる髪型」とのこと。
  • 座長就任の際、座長を卒業した吉田ヒロは「枠にとらわれるのではなく、もっとノビノビやってもらう」ために座長を川畑に禅譲したそうである。ゆえに、ヒロの後任としての昇格となる。
  • シアトル・マリナーズイチロー選手とも交流があり、シーズンオフの神戸キャンプでは球拾いもやったことがある。座長就任公演の特番においてイチローからおめでとうのメッセージが放映された。

ギャグ[編集]

ご飯がご飯がススム君
2005年まで味の素が販売していた食品のCMに出てくるキャラクターに似ていた事から、ご飯がご飯がススム君に間違われると言うギャグ。

中田はじめ烏川耕一らと体格がそっくりなため、3人が揉み合いの喧嘩になったときには、共演者に(誰が誰なのかの)区別がつけられず、いじられることもある。

キャラクター[編集]

バタ子
ドラマのエキストラや柔道の門下生などの位が低い役で登場する。
バタやん
2014年現在は舞台はほぼこのキャラクターで出演。2009年には、このキャラクターのために頭髪を丸刈りにした。かつての岡八朗を髣髴とさせるシャツに腹巻をつけている出で立ちで、登場時にはヤクザ映画調の出囃子が流れる。そして最後に「カー!」と言う効果音と共に顔芸を行う。

レギュラー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビCM[編集]


脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]