内場勝則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内場 勝則
本名 内場 勝則(うちば かつのり)
ニックネーム うっちー
うっちゃん
かっちゃん
生年月日 1960年8月22日(54歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市西成区
血液型 B型
身長 161cm
方言 関西弁
最終学歴 大阪府立東住吉工業高等学校
出身 大阪NSC1期生
事務所 吉本興業
活動時期 1982年 -
同期 ダウンタウン
トミーズ
ハイヒール
現在の代表番組 よしもと新喜劇
過去の代表番組 夕焼けの松ちゃん浜ちゃん
なんじゃそら三人組
配偶者 未知やすえ

内場 勝則(うちば かつのり、1960年8月22日 - )は、日本お笑いタレント吉本新喜劇座長。愛称は、うっちーうっちゃんかっちゃん

大阪府大阪市西成区出身。吉本興業所属。妻は同じ新喜劇の女優未知やすえ(お笑い芸人としての立場では、やすえの後輩にあたる)で、1児の父でもある。大阪府立東住吉工業高等学校卒業。ダウンタウントミーズハイヒールと同じ大阪NSC1期生。

来歴[編集]

1982年NSCに入学。翌年卒業した後は、中野恵順、宮下竜広と演劇ユニット「劇団インスタント」を結成し、花月などの舞台で活躍していた。 1985年から岡八郎間寛平らが主力だった新喜劇の舞台で活躍する。

1989年、空前の座員リストラの対象になるも、未知やすえと漫才をするように言われたことに同意しなかったため結果的に新喜劇に残留、「吉本新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」を乗り越え、1995年から辻本茂雄石田靖とともにニューリーダーに就任。当時の主力だった桑原和男チャーリー浜池乃めだか井上竜夫中山美保末成由美たちベテランに、若手有望株だった山田花子藤井隆らを加えた新生「吉本新喜劇」の建設に尽力し(「やめよっカナ!?」の後、ダウンタウンの東京進出と共に新喜劇にいた今田耕司130R東野幸治なども東京進出し、客を戻すのに大変だったと語っている[1] [2])、台湾ニューヨークなどの海外公演など確実に黄金時代を築き、1999年、ニューリーダー3人に吉田ヒロも加え、4座長のうちの1人に就任。当時の座長の中では最年長で最も小柄(161cm)であった。ボケもツッコミも器用なことから、今田耕司が「スーパー座長」と名付けた。

人物[編集]

  • 松本人志に「ダッフルコート文庫本は絶対手放さへん」と言われるほど読書好きであり、普段は物静かであまりしゃべらない。ムードメーカー吉田ヒロとは対照的とされる。それ故、妻の未知やすえからは、舞台中に「いっつも家に居るときは、黙って本ばっか読んでる」とアドリブで突っ込まれることもあった。
  • あまり泣いたことは無いらしいが、新喜劇50周年特番で辻本茂雄の語ったところによると、入院中に見舞いに送り込まれた未知やすえから「大丈夫?」と声をかけられて泣いたことがあるらしく、これが結婚のきっかけだろうと言われていた。
    • 上記のエピソードを知った末成由美が、「私が病院に行っていればよかった」と悔しがったともされている。[3]
  • 私生活では酒豪として知られ、夫婦関係が冷えきっていた頃に阪神・淡路大震災が起こり怖がるやすえを励まし、やすえは内場に惚れ直し関係は修復されるが、実は酔った勢いのうわ言であったという。木村祐一の証言によると酒の席で新喜劇の先輩のことを色々言っていた。
  • 缶ビールは1日1本とやすえに決められており、やすえの目を盗んで飲む際は缶のプルタブを開ける時に音をごまかすために「くしゅっ」とくしゃみのフリをするらしい。このことは新喜劇の舞台中にも「もしもやすえが妻になったら」という設定で小籔千豊らがリアルに公表した。
  • さらには、酔いつぶれた果てには、やすえに「ヤンヤン、きょうちっちゃいおにぎりつくってくれる?[4][要高次出典]」と問いかけるなどかわいらしくなる。小籔の座長就任のSP番組や新喜劇50周年特番で辻本茂雄によって公表され、後者では泣きかけた。

ギャグ[編集]

  • 「え、そんなんできるんですか」島木譲二に対しても同様のやりとり)
(桑原)「(辻本のアゴを見て)器用にアゴでミカンの皮をむいて」
(辻本)「むいてへん!」
(内場)「え、そんなんできるんですか?」
  • イィィィィーーー!
ひどく驚いた時に大きな声で「イィィィィーーー!」(『え』と『い』の中間の音で、若干濁る)
時として「さあ皆さんご一緒に」と、他の演者と一緒に行う。

キャラクター[編集]

  • アホボン

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

  • ナニワ借金道 盗られてたまるか(1998年11月8日、読売テレビ
  • 海に帰る日(1999年1月31日・3月22日、TBS)
  • よしもと新喜劇ミステリー 名探偵内場勝則 湯けむり殺人事件(2001年12月4日、テレビ大阪
  • かんさい特集 オトンの宝物(2007年9月7日、NHK大阪) - 川島務 役
  • トイレの神様(2011年1月5日、毎日放送)

映画[編集]

  • シネマワイズ新喜劇シリーズ
  • 難波金融伝 ミナミの帝王劇場版Part I(1993年)
  • 内場勝則初監督作品「スキヤキのうどん」(2007年)

ソロイベント[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ “大阪のアホぼん”はキートン流
  2. ^ よしもと新喜劇 第2回 内場勝則
  3. ^ 畑嶺明 『わらかしたろか!(後編)』 ビクターエンタテイメント株式会社〈ビクターブックス〉、1996年、246頁より
  4. ^ 内場は小さめの(一口サイズぐらいが良いとのこと)おにぎりが好物であり、妻である未知やすえと付き合うきっかけも、未知が2人で遊びに行った折に作ってきた弁当に入っていたおにぎりがちょうど内場の好みであった(内場曰く「どストライク」)からだというほどである。(「雨上がり食楽部」(2012年3月24日放送回)での発言より)