また君に恋してる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
また君に恋してる
ビリーバンバンシングル
B面 ひとりぼっち、ふたりぼっち
If
リリース 2007年11月7日
2009年8月26日(再発)
2010年6月30日(再発)
ジャンル フォーク
レーベル ユニバーサルミュージック
ゴールド等認定
チャート最高順位
ビリーバンバン シングル 年表
天狗/真冬のオレンジ
2007年
また君に恋してる
(2007年)
また君に恋してる/時のしずく
2009年
テンプレートを表示

また君に恋してる」(またきみにこいしてる)は、2007年11月7日2009年8月26日に発売されたビリー・バンバンの31枚目のシングルおよび32枚目のシングル。また本項では坂本冬美の歌唱による同名楽曲のカバーバージョンについても記述する。

概要[編集]

  • 2010年4月21日付のオリコンチャートでは1974年以来36年振りのTOP100入りを果たし、男性アーティストとして最長記録を更新した。
  • 2007年の制作の際、歌詞は松井五郎に依頼することが決定していたが、曲は複数のミュージシャンの持ち寄った楽曲候補から誰が書いたのか知らせずに曲選びを行って決定。その結果、ビリーバンバンのバック・バンド・メンバー(ギタリスト)である森正明の曲が選ばれた。プロデュースは2007年のオリコンデーターでは末崎正展・森正明、2009年以降の再発では末崎正展・森正明・ビリーバンバンとなっている。実際はビリー・バンバン菅原進の楽曲も候補にあったが落選してしまったというエピソードがある。
  • 坂本冬美との対談を行った際、兄の孝は、「また君に〜」の音階が急に上がる部分が不自然であると感じ、当初は「変えたい」と考えていたことを明かしているが、弟の進は「いや、不自然じゃないよ。あれがポップなんですよ。イギリスの音楽にはよくあるんですよ。森君もそこを考えてやったんだと思います。新鮮に響くように。曲の出だしからしてきれいだからね。映画音楽というか。ヨーロッパの町並みと、そう霧のかかった田園地帯とかが浮かんでくる。この曲を坂本さんが歌う時は女性から見た世界、僕らが歌う時は男性から見た世界。違った世界がきっと浮かび上がっているんだと思うよ」と語っている。
  • 坂本冬美のほかエリック・マーティンBUNNY THE PARTYもカバーしている。
  • 2010年12月4日放送の『2010 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、ビリーバンバン×坂本冬美×倉木麻衣として歌われた。

収録曲[編集]

  • 2007年版
  1. また君に恋してる
  2. ひとりぼっち、ふたりぼっち
  3. If(日本語ヴァージョン)
  4. また君に恋してる(カラオケ)
  • 2009年版
  1. また君に恋してる
  2. 時のしずく
  3. また君に恋してる(オリジナル・カラオケ)
  4. 時のしずく(オリジナル・カラオケ)

坂本冬美バージョン[編集]

また君に恋してる
坂本冬美シングル
収録アルバム Love Songs 〜また君に恋してる〜
リリース 2009年1月7日
規格 CDシングル
デジタル・ダウンロード
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP演歌・歌謡曲
時間 4分20秒
レーベル SakuraStar Records
作詞・作曲 中村あゆみ(#1)
松井五郎(作詞 #2)
森正明(作曲 #2)
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 2010年3月度月間8位(オリコン)
  • 2010年4月度月間5位(オリコン)
  • 2010年5月度月間9位(オリコン)
  • 2010年上半期10位(オリコン)
  • 2010年度年間14位(オリコン)
  • 2010年度年間1位(オリコンカラオケランキング)
  • 2010年度年間6位(着うたフル、日本レコード協会)
  • 1位RIAJ有料音楽配信チャート[注 1][1]
坂本冬美 シングル 年表
紀ノ川
2008年
また君に恋してる/アジアの海賊
2009年
ずっとあなたが好きでした
2010年
テンプレートを表示

日本の演歌歌手、坂本冬美の37作目のシングルとして、2009年1月7日EMIミュージック・ジャパン(SakuraStar Records)(現:ユニバーサルミュージック/EMIレコーズ・ジャパン)より発売。

本来は「アジアの海賊」の単独A面でリリースされたシングルであったが、発売後にカップリングとして収録されていた「また君に恋してる」が音楽配信などで反響を呼んだことから、2009年10月7日[2]に「また君に恋してる」もA面扱いにし、「また君に恋してる/アジアの海賊」と両A面仕様に変更された(収録曲・曲順も同じで再発売ではないが、ジャケットが変更された[3])。

今回のヒットにおいて、坂本は「すべて(ポップスへの道を開いてくれた)(忌野)清志郎さんのおかげです」と感謝のコメントを述べている[2]

チャート成績[編集]

2009年12月30日放送の『第51回日本レコード大賞』と、同年末の『第60回NHK紅白歌合戦』への坂本の出演を機に、トップ10入りはせずとも売上を伸ばし続けていた。

その後、TBS系列『中居正広の金曜日のスマたちへ[注 2]で「また君に恋してる」を披露。オリコンによれば、この効果により2010年3月29日付オリコン週間シングルチャートで9位まで上昇し、同チャート登場49週目で初のTOP10入りを果たした。坂本のシングルのTOP10入りは1989年発売の「男の情話」以来21年ぶり[4]

さらに同チャートではこの翌週以降、6位(2010年4月5日付)→5位(同年4月12日付)→4位(同年4月19日付)→3位(同年4月26日付)と推移し、最高順位を5週連続で更新した。シングルのTOP5入りは坂本にとって初[5]。4月19日付では前述のアルバム『Love Songs 〜また君に恋してる〜』がオリコン週間アルバムチャートで6位を記録し、坂本のシングルとアルバムが同時にTOP10入りを達成した。これは1989年9月11日付で美空ひばりがシングル「川の流れのように」・アルバム『特選集』でそれぞれ9位・8位を記録して以来20年7ヶ月ぶりであり、現役演歌歌手に限れば1978年1月16日付で石川さゆりがシングル「津軽海峡・冬景色」・アルバム『暖流』でそれぞれ6位・2位を記録して以来32年3ヶ月ぶり[6](美空ひばりは記録達成当時すでに故人であった)。4月26日付では発売から1年以上経過して初めてTOP3入りを果たしており、これは中島みゆきの「地上の星/ヘッドライト・テールライト」が2000年7月に発売して2003年1月に1位を獲得して以来の記録である[7]

最高順位更新は5週で途切れたが、2010年5月10日付オリコン週間チャートでは本作と『Love Songs 〜また君に恋してる〜』がともに4位を記録し、シングル・アルバム同時TOP5入りを果たした。演歌歌手としてのこの記録は1974年9月2日付で殿さまキングスがシングル「夫婦鏡」・アルバム『グランド・デラックス』で記録して以来35年8ヶ月ぶりで、女性演歌歌手に限れば1970年10月26日付で藤圭子がシングル「圭子の夢は夜ひらく」・アルバム『女のブルース』で記録して以来39年半ぶりの記録である[8]。その後、週間TOP10入りは2010年5月31日付まで10週間続いた。

オリコンデイリーシングルチャートでは、2010年4月12日付で初めて1位を記録している。

オリコンシングルチャート(200位以内)のランクイン数が、2010年4月12日付で、「男の情話」の50週を抜き自身最多の51週となり、2010年11月1日付で80週となっている。これは、2000年以降の女性演歌・歌謡曲で歴代3位となっており[注 3]男性演歌・歌謡曲も含めると歴代5位となっている[注 4]

日本レコード協会の2012年3月リリースにおいて、PC配信での25万DLが認定された[9]。先に到達していた着うたフル75万DL[10]と合わせ、演歌歌手として初めてフル配信でのミリオンを達成した。

収録曲[編集]

  1. アジアの海賊
    作詞・作曲:中村あゆみ、編曲:鎌田ジョージ
  2. また君に恋してる
    作詞:松井五郎、作曲:森正明、編曲:若草恵
    • 三和酒類「いいちこ日田全麹」TVCMソング。同CMは2008年11月から放映され、三和酒類側がいいちこ日田全麹の発売に合わせ、以前からいいちこのCM曲であったビリーバンバンの原曲のカバーを坂本に依頼し、実現した。
    • カバー・アルバム『Love Songs 〜また君に恋してる〜』では、カバー元のビリーバンバンとデュエットを果たしている。
    • シングル「ずっとあなたが好きでした」のカップリングには、「また君に恋してる」のストリングス・ヴァージョンが収録されている。
    • 第60回NHK紅白歌合戦』・『第61回NHK紅白歌合戦』歌唱曲。後者では曲順発表以前において、紅組トリでの歌唱の可能性が複数メディアで取り沙汰された[11][12]が、実現しなかった(トリから2番目の位置)。
    • アーケードゲーム『太鼓の達人14』『REFLEC BEAT』に収録された。
  3. アジアの海賊(オリジナル・カラオケ)
  4. また君に恋してる(オリジナル・カラオケ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ 2010年03月31日〜2010年04月06日レコ協チャート(「着うたフル(R)」)”. 日本レコード協会. 2012年12月31日閲覧。
  2. ^ a b スポニチアネックス (2010年3月22日). “世代超えた!冬美 演歌初の着うたフル1位”. 2010年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月23日閲覧。
  3. ^ ディスクのラベルに関しては、発売当時のまま変更されず、当初のA面曲である「アジアの海賊」としか表記されていない。
  4. ^ 『金スマ』効果! 坂本冬美のシングルが49週目で21年ぶりTOP10入り”. オリコンスタイル. オリコン (2010年3月23日). 2012年12月31日閲覧。
  5. ^ 歌手生活24年•坂本冬美が初TOP5入り、51週かけてじわじわ上昇”. オリコンスタイル. オリコン (2010年4月6日). 2012年12月31日閲覧。
  6. ^ 坂本冬美がシングル•アルバム同時TOP10入り、美空ひばり以来20年7ヶ月ぶり快挙に「予想外」”. オリコンスタイル. オリコン (2010年4月13日). 2012年12月31日閲覧。
  7. ^ 坂本冬美「君恋〜」発売1年4ヶ月目で初3位、「地上の星」以来の快挙”. オリコンスタイル. オリコン (2010年4月20日). 2012年12月31日閲覧。
  8. ^ 坂本冬美シングル・アルバム同時TOP5入り、"殿キン"以来35年8ヶ月ぶり快挙”. オリコンスタイル. オリコン (2010年5月4日). 2012年12月31日閲覧。
  9. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w120420.html
  10. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w110520.html
  11. ^ “嵐が大トリ?五木ひろし&坂本冬美が有力”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/11/25/kiji/K20101125Z00001710.html 2013年7月29日閲覧。 
  12. ^ スポーツ報知』2010年12月22日付
注訳
  1. ^ 2010年4月6日付
  2. ^ 2010年3月19日放送分
  3. ^ 1位は、秋元順子の「愛のままで…」(124週)、2位は、水森かおりの「鳥取砂丘」(107週)。
  4. ^ すぎもとまさとの「吾亦紅」(145週)、氷川きよしの「箱根八里の半次郎」(95週)。ちなみに、演歌・歌謡曲チャートにランクインした秋川雅史の「千の風になって」が120週を記録しているが、クラシックのため対象から除外した。