ボーン・ディス・ウェイ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーン・ディス・ウェイ
レディー・ガガシングル
収録アルバム ボーン・ディス・ウェイ
リリース 2011年2月11日
規格 CDシングルデジタル・ダウンロード
録音 2010年
ジャンル エレクトロポップダンス・ポップ
時間 4分20秒
レーベル Streamline, Kon Live, Interscope
作詞・作曲 ステファニー・ジャーマノッタ[1]
プロデュース レディー・ガガ、 フェルナンド・ガリベイ、 DJホワイト・シャドウ
レディー・ガガ シングル 年表
アレハンドロ
(2010年)
ボーン・ディス・ウェイ
(2011年)
ジューダス
(2011年)
ミュージックビデオ
「ボーン・ディス・ウェイ」 - YouTube
テンプレートを表示

ボーン・ディス・ウェイ」(: Born This Way=こうなる運命のもとに生まれてきた)は、アメリカ合衆国レコーディングアーティストレディー・ガガの楽曲。彼女の2枚目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からのタイトル・トラックで、2011年2月11日に先行シングルとして発売された[2]。楽曲の制作者にはガガ、プロデューサーにはガガの他フェルナンド・ガリベイ、DJホワイト・シャドウが名を連ねている[3]

シングルは商業的に成功を収めた。批評においては、マドンナの「エクスプレス・ユアセルフ」との類似を指摘されている。アメリカのBillboard Hot 100でガガにとって3作目の首位獲得シングルとなったほか、13カ国で首位を獲得した。また、同チャートで初登場1位を獲得した19番目のシングルとなり、1000曲目の1位獲得作品にもなった。日本のオリコンチャートでは10位を獲得。配信では着うたフル+インターネット配信合算でのミリオンを達成した[4]。世界全体ではiTunesにてわずか5日で100万DLを達成、iTunes史上最速を記録した[5]。(iTunesは通例、DL計数を公表しないが、数字の言及がなされるのは珍しい事である。)

アメリカのパロディソングの帝王として知られるアル・ヤンコビックは、『パフォーム・ディス・ウェイ』(Perform This Way)というガガを批評する内容の歌をアルバムに入れた。しかし、当初はガガ側(正確にはマネージャー)が本人に伝えず却下していた為、ヤンコビックはPV公開を一旦は断念した。ところが、ガガ本人はヤンコビックのファンであり、マネージャーの判断を一蹴・むしろ歓迎して認めたという。これにより、PVが正式に公開されている。

収録曲[編集]

  • デジタル・ダウンロード[6]
  1. "Born This Way" – 4:20
  1. "Born This Way (Starsmith remix)" – 6:45

チャートと認定[編集]

チャート[編集]

チャート (2011年) 最高
順位
オーストラリア ARIA 1
オーストリア オーストラリア トップ75 2
ベルギー フランドル 1
ベルギー ワロン地域 3
カナダ Canadian Hot 100 1
IFPI 43
デンマーク 2
フィンランド 1
フランス 2
ドイツ (メディア・コントロールAG)[7] 2
アイスランド 1
イタリア (FIMI)[8] 2
オランダ (Single Top 100)[9] 1
ニュージーランド 1
ノルウェー 2
スコットランド 1
スロバキア 10
韓国(ガオン)[10] 1
日本 オリコン 10
スペイン 1
スウェーデン 1
スイス 1
イギリス 全英シングルチャート 3
アメリカ Billboard Hot 100[11] 1
アメリカ Adult Contemporary[12] 30
アメリカ Adult Pop Songs[13] 16
アメリカ Hot Dance Club Songs[14] 49
アメリカ Latin Pop Songs[15] 24
アメリカ Pop Songs[16] 6

認定[編集]

地域 認定
オーストラリア ゴールド[17]
日本(シングルトラック) ミリオン[18]

2011年の年間チャートNo.1[編集]

発売日一覧[編集]

国、地域 日付 規格
アメリカ合衆国[19] 2011年02月11日 (2011-02-11) メインストリームリズミック ラジオ
全世界 デジタル・ダウンロード
アメリカ合衆国[20] 2011年03月15日 (2011-03-15) シングル

その他の影響[編集]

  • 日本では桑田佳祐が2013年のAAAイベント『昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦』で、三波春夫の「東京五輪音頭」とのメドレーとしてカバーしている。また、桑田はこの曲ではレディー・ガガをもじった「ジジイ・ガガ」に扮して歌い、歌詞も2020年夏季オリンピックにちなんだものになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Born this Way (Legal Title) BMI Work #12342685 Lady Gaga”. BMI Repertoire. (Broadcast Music Incorporated). 2011年2月13日閲覧。
  2. ^ Vena, Jocelyn (2011年2月7日). “Lady Gaga To Release 'Born This Way' Early”. MTV. 2011年2月12日閲覧。
  3. ^ Stransky, Tanner (2011年2月8日). “レディー・ガガの新作に起用された新進プロデューサー、現在1日20時間体制”. ロッキング・オン. http://ro69.jp/news/detail/47360 2011年2月9日閲覧。 
  4. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w140320.html
  5. ^ Lady Gaga's 'Born This Way' Is Fastest-Selling Single In iTunes History”. MTV. 2011年2月18日閲覧。
  6. ^ Born This Way”. Amazon.com. 2011年2月14日閲覧。
  7. ^ http://charts.de/song.asp?artist=Lady+GaGa&title=Born+This+Way&cat=s&country=de
  8. ^ Lady Gaga - Born This Way”. www.fimi.it. Nielsen. 2011年2月18日閲覧。
  9. ^ LADY GAGA – BORN THIS WAY (NUMMER)” (オランダ語). dutchcharts.nl, GfK. 2011年2月19日閲覧。
  10. ^ 가온차트와 함께하세요” (Korean). GAON. 2011年2月22日閲覧。
  11. ^ Trust, Gary (2011年2月16日). “Lady Gaga Claims 1,000th Hot 100 No. 1 with 'Born This Way'”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/news/lady-gaga-claims-1-000th-hot-100-no-1-with-1005036702.story 2011年2月16日閲覧。 
  12. ^ http://www.billboard.com/charts/hot-100#/song/lady-gaga/born-this-way/24756901
  13. ^ http://www.billboard.com/charts/hot-100#/charts/adult-pop-songs
  14. ^ http://www.billboard.com/charts/hot-100#/song/lady-gaga/born-this-way/24756901
  15. ^ http://www.billboard.com/charts/hot-100#/song/lady-gaga/born-this-way/24756901
  16. ^ http://www.billboard.com/#/column/chartbeat/chart-highlights-pop-country-songs-more-1005043402.story
  17. ^ ARIA Charts”. Australian Recording Industry Association. 2011年2月24日閲覧。
  18. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w140320.html
  19. ^ http://www.webcitation.org/5wMvGnZnc
  20. ^ http://www.amazon.com/Born-This-Way-Lady-Gaga/dp/B004N62KTG/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1297456342&sr=8-3