ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!
エアロスミススタジオ・アルバム
リリース 2012年11月7日日本の旗[1]
2012年11月6日アメリカ合衆国の旗
録音 2011年、2012年
ジャンル ハードロック
ブルースロック
時間 67分59秒(アメリカ盤)
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ジャック・ダグラス(英語版)スティーヴン・タイラージョー・ペリーマーティ・フレデリクセン(英語版)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(アメリカ[2]スイス[3]
  • 6位(日本[4]、カナダ)
  • 7位(ドイツ[5]イタリア,アルゼンチン)
  • 11位(スウェーデン[6]
  • 12位(オーストリア[7])
  • 14位(イギリス[8]
  • 23位(ベルギー・ワロン地域[9]
  • 26位(ノルウェー[10]
  • 30位(オーストラリア[11]
  • 33位(オランダ[12]
  • 67位(ベルギー・フランデレン地域[13]
エアロスミス 年表
エアロスミス濃縮極極ベスト
2006年
ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!
2012年
テンプレートを表示

ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』(Music from Another Dimension!)は、アメリカロックバンドエアロスミス2012年に発表した15thのスタジオ・アルバム。前作のスタジオ・アルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ』以来約8年、オリジナル・アルバムとしては『ジャスト・プッシュ・プレイ』以来約11年ぶりの作品である。

解説[編集]

エアロスミス史上最多となる15曲を収録。『ゲット・ア・グリップ』以降、久々に作詞・作曲のクレジットになかった、スティーヴンやジョー以外のメンバー(ジョーイは『パーマネント・ヴァケーション』以来、トムとブラッドは『パンプ』以来)が、作詞・作曲に関与している。

通常盤とデラックス・エディションの2種類が同時発売。通常盤にはDISC 1のみ収められており、デラックス・エディションにはDISC 1以外に、ボーナス・トラックとしてDISC 2、またDVDのDISC 3が収められた3枚組となっているほか、以前から親交のあるギタリスト、スラッシュが描いたポスターも収められている。また、日本盤のデラックス・エディションはDISC 1にボーナストラックとしてカバー曲を2曲収録し、販売している同作品の中では世界最多の収録曲数となった。

収録曲の「キャント・ストップ・ラヴィン・ユー」では、キャリー・アンダーウッドと共演し、エアロスミス初のデュエット曲となった。

メンバーのトム・ハミルトンは、「今回のアルバムは僕らの最後の作品になるかもしれないんだ。」と語っている。[14]

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

  1. ラヴ XXX - Luv XXX(Joe Perry / Steven Tyler)
  2. オー・イェー - Oh Yeah(Joe Perry)
  3. ビューティフル - Beautiful(Marti Frederiksen / Tom Hamilton / Joey Kramer / Steven Tyler / Brad Whitford)
  4. テル・ミー - Tell Me(Tom Hamilton)
    初めて、スティーヴンやジョー以外のバンドのメンバーが単独で制作した楽曲。
  5. アウト・ゴー・ザ・ライツ - Out Go the Lights(Joe Perry / Steven Tyler)
  6. レジェンダリー・チャイルド - Legendary Child(Joe Perry / Steven Tyler / Jim Vallance)
    元々は、『パンプ』や『ゲット・ア・グリップ』のセッションの合間に制作されたが、諸般の事情でお蔵入りとなっていた曲である。
  7. ワット・クッド・ハヴ・ビーン・ラヴ~愛と呼べたもの - What Could Have Been Love(Marti Frederiksen / Russ Irwin / Steven Tyler)
    ライブツアーでサポートメンバーとして参加しているキーボーディスト、ラス・アーウィンが制作に関与している。
  8. ストリート・ジーザス - Street Jesus(Joe Perry / Steven Tyler / Brad Whitford)
    ギターリフは、いつもスタジオのジャムでブラッドが奏でていたメロディーが元になっている。
  9. キャント・ストップ・ラヴィン・ユー - Can't Stop Lovin' You(Marti Frederiksen / Tom Hamilton / Joey Kramer / Steven Tyler / Brad Whitford)
    キャリー・アンダーウッドとのデュエット曲。
  10. ラヴァー・アロット - Lover Alot(Marti Frederiksen / Tom Hamilton / Jesse Kramer / Joey Kramer / Marco Moir / Joe Perry / Steven Tyler / Brad Whitford)
    エアロスミスのメンバー全員の名前がクレジットに載っている。また、ジョーイの息子と、ブラッドのギターのテクニシャンが制作に関与している。
  11. ウィー・オール・フォール・ダウン - We All Fall Down(Diane Warren)
  12. フリーダム・ファイター - Freedom Fighter(Joe Perry)
  13. クローサー - Closer(Marti Frederiksen / Joey Kramer / Steven Tyler)
  14. サムシング - Something(Joe Perry)
  15. アナザー・ラスト・グッドバイ - Another Last Goodbye(Desmond Child / Joe Perry / Steven Tyler)

日本盤ボーナス・トラック(日本盤のデラックス・エディションのみ収録)

  1. シェイキー・グラウンド - Shakey Ground (Jeffrey Bowen / Al Boyd / Eddie Hazel)
    テンプテーションズの楽曲のカバー。エアロスミスの元メンバーのリック・デュフェイがギターとして参加。
  2. アイム・ノット・トーキン - I'm Not Talkin' (Mose Allison)
    モーズ・アリソンヤードバーズの楽曲のカバー。

DISC 2[編集]

「デラックス・エディション」(3枚組)のみ収録

  1. アップ・オン・ザ・マウンテン - Up On the Mountain(Tom Hamilton)
    トム・ハミルトン初のソロ・ボーカル曲
  2. オアシス・イン・ザ・ナイト - Oasis in the Night(Joe Perry)
  3. サニー・サイド・オブ・ラヴ - Sunny Side of Love(Steven Tyler / Marti Frederiksen)

DISC 3“VIDEOS FROM ANOTHER DIMENSION!”[編集]

「デラックス・エディション」(3枚組)のみ収録

  1. エアロスミス離陸のテーマ - Same Old Song and Dance (live concert performance from Tacoma)
  2. オー・イェー - Oh Yeah (live concert performance from Tacoma)
  3. 地下室のドブネズミ - Rats in the Cellar (live concert performance from Tacoma)
  4. トレイン・ケプト・ア・ローリン (ブギウギ列車夜行便) - Train Kept A-Rollin' (live concert performance from Hollywood with Johnny Depp)
  5. "A Conversation with Steven Tyler and Joe Perry"
  6. "Brad Whitford Interview"
  7. "Joe Perry Interview"
  8. "Joey Kramer Interview"
  9. "Steven Tyler Interview"
  10. "Tom Hamilton Interview"

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

  • Jesse Sky Kramer - ドラムス
  • Zac Rae - ピアノ、シンセサイザー
  • デズモンド・チャイルド - ピアノ
  • Jesse Kotansky - バイオリン
  • Daniel J. Coe - シンセサイザー
  • リック・デュフェイ - ギター(エアロスミスの元メンバー)

脚注[編集]