創聖のアクエリオン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
創聖のアクエリオン
AKINOシングル
収録アルバム Lost in Time
B面 プライド~嘆きの旅
リリース 2005年4月27日
規格 マキシシングル
録音 2005年
日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソング
時間 15分00秒
レーベル Victor
作詞・作曲 岩里祐穂(作詞)
菅野よう子(作曲)
プロデュース 菅野よう子
ゴールド等認定
チャート最高順位
AKINO シングル 年表
創聖のアクエリオン
(2005年)
Go Tight!
(2005年)
Rainbow Road 収録曲
創聖のアクエリオン
(1)
ニケ15歳
(2)
テンプレートを表示

創聖のアクエリオン」(そうせいのアクエリオン)は、テレビアニメ創聖のアクエリオン』およびその関連作品の主題歌

楽曲解説[編集]

作詞岩里祐穂作曲編曲および楽曲プロデュース菅野よう子。オリジナルの歌唱はbless4のメンバーとして活動する歌手のAKINOソロで担当する。歌詞はアニメの世界観を表した内容になっている。『創聖のアクエリオン』の放送では前期(第3〜17第話)のオープニングテーマとして使用された。

アニメ本編監督の河森正治は打ち合わせの際、菅野に物語の内容やテーマを説明しようとしたが、うまく伝わらなかったという。そこで、作中第13話の「1万2千年前に別れた恋人がラブレターを取り返しにいく」というエピソードを話したところ、菅野はインスピレーションを得て直ぐにこの曲を書き上げたという[2][3]。このキーワードは、曲が盛り上がるサビの部分の歌詞に反映されている。

菅野は、AKINOの弟である、AIKIの歌声(当時はまだ声変わりしておらず、菅野曰く「素晴らしいボーイソプラノ」だった)で何かやりたいと思っていた。なので、当初は、AIKIに歌唱を依頼しようと思っていた。ところが、AIKIが声変わりしてしまったため、急遽、バックコーラスを依頼する予定だったbless4にオーディションに来てもらい、AKINOがこの曲を歌うことになった[4]

楽曲の人気[編集]

2005年4月4日テレビ東京系で『創聖のアクエリオン』の放送が始まり、3週間後の4月27日に、本曲のシングルCDが発売された。オリコンシングルチャートでは2005年4月28日付のデイリーチャートで19位、ウィークリーチャートでは初登場26位となった。6月最終週をもって100位圏外となるも、集計結果が発表される200位圏内におよそ5ヶ月近くランクインした。当初はアニメのオープニングテーマとしてタイアップされたが、アニメの関連作品が発表されるごとにタイアップが追加されていった。

それからおよそ2年後、2007年8月下旬から多岐川華子出演のSANKYOCRフィーバー創聖のアクエリオン』のCMが全国的にオンエア開始されそのCMソングとして起用されたため、アニメが放映されなかった地域にもこの曲の存在が知られ再び注目されることとなった[5][6][7]。なお、この際に楽曲の歌唱がアニメキャストによるものに変わった(詳細は後述参照)。CMのオンエア開始後、シングルCDの売り上げが急速に高まった。2007年9月第1週のオリコンシングルチャートで170位を記録し200位圏内に再浮上、第4週の同チャートでは92位を記録し、トップ100位以内に再ランクインした。さらに、2007年10月第4週の同チャートで22位を記録し、それまでの最高位26位を約2年半ぶりに更新した。デイリーチャートにおいても、2007年10月12日付のオリコンデイリーチャートで18位に、10月14日付で14位にランクインし、過去最高の19位を更新した。

シングルCDのセールスのみならず、音楽ダウンロード配信でもほとんどの配信サイトにおいてCMソングに起用後は軒並み上位にランクインした。特筆すべきはiTunes Storeにおける音楽ダウンロードランキングにおいて、これまで1位を保っていた宇多田ヒカルの「Beautiful World」を抜いて、2007年10月第1週目に1位を記録したことである。11月第1週目でFUNKY MONKEY BABYSの「もう君がいない」とEvery Little Thingの「恋をしている」に抜かれ3位にランクダウンするまで、10月中5週連続で1位を記録していた。なお、楽曲の販売元であるビクターエンタテインメントは、2007年10月上旬の時点で合計30万ダウンロードを記録していると公表している[8]。またカラオケにおいても、アニメ放送開始時より一部から人気を博していたが[7]、上記のヒットとともに2007年11月・12月のDAM第一興商)カラオケランキングでは過去最高となる6位を記録した。ドワンゴでは、サビ部分の歌詞を利用したデコメが発行された。

発売から年月が経つものの、タイアップが終了して以降もその人気は続いており、日本音楽著作権協会(JASRAC)における著作権使用料分配額で決定される2008年度のJASRAC賞では銀賞を獲得している。

2014年2月度日本レコード協会リリースにおいて、着うたフル+インターネット配信合算での100万DL達成が発表された[9]。本作の発表から8年10ヶ月かかっており、史上最も長い時間を経てフル配信ミリオンに到達した作品となった。

別バージョン[編集]

創聖のアクエリオン
アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗) / AKINO from bless4シングル
B面 Go Tight! エレメント合体Ver.、荒野のヒース リーナ・ルーンver.(配信シングル)
創聖のアクエリオン (CDシングル)
リリース 配信2007年10月10日
CD:2007年11月7日
規格 配信
マキシシングル
録音 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
(アニメソング)
キャラクターソング
時間 14分13秒
レーベル flying DOG
作詞・作曲 岩里祐穂(作詞)
菅野よう子(作曲)
チャート最高順位
  • 週間14位オリコン
  • 2008年度年間189位(オリコン)
  • 登場回数33回(オリコン)
アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗) / AKINO from bless4 シングル 年表
創聖のアクエリオン エレメント合体Ver.
(2007年)
-
テンプレートを表示

楽曲には別バージョンが複数存在する。「創聖のアクエリオン お兄さまと」は、既存のオリジナルバージョンにbless4の長兄であるAKASHIをバックボーカルに迎えている。楽曲の英語版である「Genesis of Aquarion」は、AKINOのボーカルとピアノにbless4によるゴスペル風コーラスをフィーチャーして制作されている。2曲はどちらもアニメのオリジナルサウンドトラックに収録されている(「Genesis of Aquarion」はAKINOのアルバム『Lost in Time』にボーナストラックとしても収録されている)。また、シングルに収録されている「創聖のアクエリオン (little mix)」は、リミックス曲ながらわずか1分2秒と比較的尺が短いものになっている。

さらに、『CRフィーバー創聖のアクエリオン』のCMソングおよび実機の大当たり時に使用されているバージョンである「創聖のアクエリオン エレメント合体Ver.」は、前述の通り、アニメキャラクターのアポロ(寺島拓篤)・シルヴィア(かかずゆみ)・麗花(小林沙苗)による歌唱であり、AKINO自身はボーカルに関与していない(タイアップがパチンコであり、CM放映当時、AKINOが18歳未満であったため)。こちらはOVA創星のアクエリオン -太陽の翼-』限定愛蔵版付属スペシャルCDに収録される他、2007年10月10日から配信限定シングルとして配信が開始され、AKINOのアルバム『Lost in Time』の発売日と同日の11月7日にシングルCD化もされている。詳細は後述を参照。

2012年に稼動したSANKYO『CRフィーバー創聖のアクエリオンIII』では、JAM Projectのメンバーである福山芳樹が歌唱する「創聖のアクエリオン 熱輝合体Ver.」(ねっきがったいバージョン)が使用された[10]。2012年12月より配信がスタートしたほか[11]、アニメ本編の続編である『アクエリオンEVOL』第8巻の初回生産版特典CDに収録されている。カップリングは「Go Tight! 熱輝合体Ver.」。

カバー[編集]

本曲は様々なアーティストにカバーされている。

シングル作品[編集]

創聖のアクエリオン (AKINO)[編集]

(全作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:菅野よう子 )

CDシングル
  1. 創聖のアクエリオン [4:43]
  2. プライド〜嘆きの旅 [4:33]
    • テレビ東京系アニメ『創聖のアクエリオン』挿入歌
  3. 創聖のアクエリオン (little mix)
  4. 創聖のアクエリオン (instrumental

創聖のアクエリオン (エレメント合体Ver.)[編集]

配信シングル
  1. 創聖のアクエリオン (エレメント合体Ver.)
    作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:菅野よう子
    歌:アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗
  2. Go Tight! エレメント合体Ver.
    作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:菅野よう子
    歌:アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗)
  3. 荒野のヒース リーナ・ルーンver.
    作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:菅野よう子
    歌:リーナ(佐藤ひろ美
    • SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』実機使用曲
CDシングル
  1. 創聖のアクエリオン (エレメント合体Ver.) [4:42]
    歌: アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗)
  2. 創聖のアクエリオン (オリジナルVer.)
    歌: AKINO from bless4
  3. 創聖のアクエリオン (Instrumental

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 発売日
創聖のアクエリオン Lost in Time 2007年11月7日
プライド〜嘆きの旅

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
創聖のアクエリオン テレビ東京アニメ創聖のアクエリオン』前期オープニングテーマ
テレビ東京系アニメ『創聖のアクエリオン』DVD最終話エンディングテーマ
BANDAIプレイステーション2用ゲームソフト『創聖のアクエリオン』CMソング
OVA創星のアクエリオン』シリーズテーマソング
プライド〜嘆きの旅 テレビ東京系アニメ『創聖のアクエリオン』挿入歌
創聖のアクエリオン エレメント合体Ver. SANKYOフィーバー創聖のアクエリオン』CMソング
アルゴ・ピクチャーズ配給劇場版アニメ映画『劇場版 アクエリオン』テーマソング
SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』実機使用曲
SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』CMソング
荒野のヒース リーナ・ルーンver. SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』実機使用曲
創聖のアクエリオン 熱輝合体Ver. SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオンIII』実機使用曲

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 着うたフル/2011年/年間ダウンロードランキング/超!アニメロ”. 超!アニメロ (2011年12月9日). 2011年12月10日23:25閲覧。
  2. ^ 『マクロスall song book 歌って歌ってデカルチャー』 学習研究社、2009年、3頁。ISBN 9784054040953
  3. ^ 「河森正治×菅野よう子スペシャル初対談」、『CONTINUE』第39号、大田出版、2009年、 143頁。
  4. ^ 菅野よう子×AKINO 「アクエリオン」の音楽を巡る対談 音楽ナタリー、2014年8月12日閲覧。
  5. ^ 「あなたと合体したい・・・」話題のCMソングが大ブレイクの兆し”. ORICON STYLE. 2008年9月18日閲覧。
  6. ^ 「創聖のアクエリオン」で話題のAKINO、アキバでライブを実施”. @ぴあ. 2008年9月18日閲覧。
  7. ^ a b 立山夏行. “創聖のアクエリオン:「1万年と2000年前から…」アキバに響く AKINOが野外ライブ”. 毎日jp まんたんウェブ. 2008年9月18日閲覧。
  8. ^ Victor Animation Network【m-serve】 作品詳細 創聖のアクエリオン”. flying DOG. 2008年9月19日閲覧。
  9. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w140320.html
  10. ^ "「フィーバー 創聖のアクエリオンIII」に福山芳樹! 河森監督コメントも!". Newtype アニメミュージックダウンロード.(2012年6月20日)2013年10月2日閲覧。
  11. ^ "『フィーバー創聖のアクエリオンⅢ』主題歌の配信が、ついにスタート!". リスアニ! WEB.(2012年12月20日)2013年10月2日閲覧。