残酷な天使のテーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
残酷な天使のテーゼ
高橋洋子シングル
収録アルバム BEST PIECES
A面 残酷な天使のテーゼ
B面 月の迷宮
リリース 1995年10月25日
2003年3月26日(10周年リニューアル盤)
ジャンル J-POPアニメソング
時間 19分40秒(KIDA-114)
8分37秒(KIDA-116)
21分23秒(10周年リニューアル盤)
レーベル スターチャイルド
プロデュース -
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間17位オリコン
  • 1995年度年間191位(オリコン)
  • 1996年度年間161位(オリコン)
  • 1997年度年間156位(オリコン)
  • 登場回数61回(オリコン)
  • 17位CDTV
  • 登場回数60回(CDTV)
高橋洋子 シングル 年表
ムーンライト・エピキュリアン
1994年
残酷な天使のテーゼ
(1995年)
めぐり逢い
1996年
BEST PIECES 収録曲
眠れぬ夜に
(11)
残酷な天使のテーゼ
(12)
私をみつけて
(13)
テンプレートを表示
残酷な天使のテーゼ 2009 VERSION
高橋洋子シングル
収録アルバム 20th century Boys & Girls 〜20世紀少年少女〜
B面 FLY ME TO THE MOON 2009 VERSION
One Little Wish
リリース 2009年5月13日
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソング
時間 28分07秒
レーベル スターチャイルド
プロデュース -
ゴールド等認定
  • ゴールド(着うたフル、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間22位(オリコン)
  • 1995年度年間191位(オリコン)
  • 登場回数14回(オリコン)
  • 27位(プラネット
高橋洋子 シングル 年表
傷だらけの夢
2008年
残酷な天使のテーゼ 2009 VERSION
(2009年)
慟哭へのモノローグ
2010年
20th century Boys & Girls 〜20世紀少年少女〜 収録曲
魂のルフラン 2010 Version
(1)
残酷な天使のテーゼ 2009 VERSION
(2)
コブラ
(3)
テンプレートを表示

残酷な天使のテーゼ』(ざんこくなてんしのテーゼ、A Cruel Angel's Thesis)は、高橋洋子の11枚目のシングル1995年10月25日スターチャイルドから発売された。

概要[編集]

テレビアニメ新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲として起用され、フラッシュカットを多用し、キーワード伏線を満載した斬新な演出の映像との相乗もあり、50万枚以上を売り上げるヒットを記録した。歌詞も哲学用語を含んでいたり、聖書母親のイメージを表現しており、作品の内容に合致した作品となっている。「テーゼ」とはドイツ語命題・定立[注 1]を意味する。

2003年に発売された『新世紀エヴァンゲリオン』のDVD-BOXでは、シングルバージョンの間奏にギターの音を追加した〈Director's Edit. Version〉が使用されたが、同DVD-BOXに収録されているノンテロップバージョンでは、TV放映、従来までのDVDのものと同じく、シングルバージョンから男声コーラスカット版が使用されている。番組の宣伝CMでは、登場人物である葛城ミサト役の三石琴乃が、ナレーションで歌詞の一部を引用していた。

出演声優である緒方恵美林原めぐみ宮村優子、三石琴乃や演歌歌手八代亜紀もそれぞれカバー曲を歌っており、サウンドトラックや自身のアルバムなどに収録されている。また、林原と宮村、三石の3人で歌った〈Director's Edit. VersionII〉もある。

この曲を手がけたプロデューサー大月俊倫は、作詞家作曲家をあえて一度も会わせずに制作させており、作詞を担当した及川眠子は本編内容をほぼ全く知らない状態で作詞している[1][2]。歌手の高橋も、レコーディング時点では本編を見たことがなく、内容も殆ど知らされていなかった[3]

発売・アニメ放送終了から10年以上経過しても一定の人気は維持していたが、パチンコ機の「CR新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ(ビスティ)の稼動や、10年ぶりの新作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』といったメディア媒体の再浮上で再び注目を集め、日本音楽著作権協会 (JASRAC) における著作権使用料分配額(国内作品分配額ベスト10)では2007年度に総合7位[4]、2008年度に総合8位[5]、2009年度は総合3位に入りJASRAC賞銅賞を受賞し、2010年度はついに総合1位でJASRAC賞金賞に輝いた。カラオケでも常にトップ5(2012年時点)に入り、いまだ人気のある楽曲である[6][7]。また、2012年5月には日本レコード協会より着うたフルで75万DL達成が認定され、先に達成していたインターネット配信プラチナ(25万DL)[8]と合わせると、フル配信での100万DLを達成している。その後2014年1月に着うたフルとインターネット配信を統合して「シングルトラック」として認定するよう変更されたため、2014年1月に正式にミリオン(100万DL)認定された。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌『魂のルフラン』や、カップリング曲であり劇場版主題歌候補であった『心よ原始に戻れ』も同様のイメージで作られている。

本編作品とは直接関係はないが、日本テレビで放送された『スポーツうるぐす』における競馬コーナーのBGMとして長期間使用されたことでも知られている。

1995年10月25日にオリジナルのシングルと、『残酷な天使のテーゼ』と『FLY ME TO THE MOON』の両A面シングルが発売。また、2003年3月26日には、『新世紀エヴァンゲリオン』10周年として、「リニューアル盤」が発売された。2009年5月13日には『CR新世紀エヴァンゲリオン 〜最後のシ者〜』のイメージソングとして「2009 VERSION」が発売された。

カップリングの『月の迷宮』は、新世紀エヴァンゲリオンのイメージソングである。1997年に発売された『〜refrain〜 The songs were inspired by "EVANGELION"』には、歌詞が英語になった、月の迷宮のアレンジ曲『LOVE ANTIQUE』が収録された。オリジナルの『月の迷宮』は、10年後に『NEON GENESIS EVANGELION DECADE』でアルバム収録された。

バージョン[編集]

『残酷な天使のテーゼ』[編集]

(全作詞:及川眠子、編曲:大森俊之

  1. 残酷な天使のテーゼ [4:03]
    作曲:佐藤英敏
  2. 月の迷宮 [5:42]
    作曲:大森俊之
  3. 残酷な天使のテーゼ(オリジナル・カラオケ
  4. 月の迷宮(オリジナル・カラオケ)

『残酷な天使のテーゼ / FLY ME TO THE MOON』[編集]

1995年10月25日発売 (KIDA-116)

  1. 残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
  2. FLY ME TO THE MOON [4:31]
    歌:CLAIRE
    作詞・作曲:Bart Howard、編曲:Toshiyuki Ohmori

『残酷な天使のテーゼ / FLY ME TO THE MOON』(10周年リニューアル盤)[編集]

  1. 残酷な天使のテーゼ [4:03]
  2. FLY ME TO THE MOON (CLAIRE)
  3. 残酷な天使のテーゼ (OFF VOCAL Version)
  4. FLY ME TO THE MOON (OFF VOCAL Version)
  5. 残酷な天使のテーゼ (Director's Edit Version)(高橋洋子)

『残酷な天使のテーゼ 2009 VERSION』[編集]

  1. 残酷な天使のテーゼ (2009VERSION)
  2. FLY ME TO THE MOON (2009VERSION)
  3. One Little Wish [5:00]
    作詞:高橋洋子、作曲・編曲:森大輔
  4. 残酷な天使のテーゼ (2009VERSION) (off vocal)
  5. FLY ME TO THE MOON (2009VERSION) (off vocal)
  6. One Little Wish (off vocal)


収録シングル・アルバム[編集]

エヴァンゲリオン関連のアルバム[編集]

高橋洋子のアルバム[編集]

  • BEST PIECES(1996年1月25日)
    • M-12.Version'96
  • Li-La(1997年11月6日)
    • M-1.HARMONIA Version
  • BEST PIECES II(1999年2月24日)
    • M-14.REMIX FOR PEACE
  • スーパー・バリュー(2001年12月19日)
    • M-1.Version'96
  • ゴールデン☆ベスト(2004年2月25日)
    • M-2.REMIX FOR PEACE
  • ベスト10(2007年1月17日)
    • M-10.REMIX FOR PEACE
  • エッセンシャル・ベスト(2007年12月19日)
    • M-15.REMIX FOR PEACE

林原めぐみのアルバム[編集]

  • Bertemu(1996年11月1日)
    • M-4.AYANAMI Version
  • center color(2004年1月7日)
    • M-14.A.D.2001(ボーカル:Rei)

緒方恵美のアルバム[編集]

  • LIVE[ em:ou ] Concert Tour 1998 in Tokio to Hong Kong(1999年3月17日)
  • アニメグ。(2007年10月03日)

その他のアルバム[編集]

高橋洋子歌唱の音源

  • スターチャイルドSELECTION音楽編 [TV作品集](2000年1月28日)
    • M-5.Director's Edit. Version
  • スーパーロボット魂2003 春の陣(2003年6月25日)
    • DISC1 M-2.ライブ音源
  • スーパーロボット魂 ザ・ベスト Vol.3~リアルロボ編~(2003年12月10日)
    • DISC2 M-2.ライブ音源
  • スーパーロボット魂 Best&Live [ガールズ編](2005年2月2日)
    • M-2.ライブ音源
  • スーパーロボット魂 主題歌ベストコレクション2(2005年9月7日)
    • M-2.ライブ音源
  • スーパーロボット魂 BEST&LIVE [ガールズ編 2](2006年2月1日)
    • M-2.ライブ音源
  • スーパーロボットライブ リクエスト・ベスト(2006年2月22日)
    • M-2.ライブ音源
  • スーパーロボット魂 リアルロボ・ソングコレクション(2007年2月14日)
    • M-3.ライブ音源
  • THE BEST!!スーパーロボット魂 ガールズ・ベストコレクション(2007年11月28日)
    • DISC1 M-4.ライブ音源
  • スーパーロボット魂 ノンストップ・ミックス VOL.4 [ガールズ編](2008年11月12日)
    • M-2.ライブ音源
  • ブラバン!甲子園 3(2009年6月24日)
    • M-39.付録 残酷な天使のテーゼ 〜ブラバン!甲子園ヴァージョン with 高橋洋子

その他

  • LIVE’97 SUMMER(1997年11月19日)
  • ROBONATION SUPER LIVE’97 Summer(1997年、再発:2006年5月24日)
  • アンチテーゼ#2(1999年5月28日)
  • パラパラMAX〜THE POWER OF NEW ANIMATION SONGS〜(2000年)
  • ユーロ アニメ-J(2000年12月21日)
  • animage アニメヒーリングシリーズ アニマージュ(2001年11月22日)
  • Anime Toonz Vol.1 Presents: Kikuko Inoue(2001年4月10日)
    • Anime Toonz Vol.1-2
  • スターチャイルド ガールズキャラクターソングベスト(2002年5月22日)
    • M-5.A.D.2001(ボーカル:Rei)
  • マサミコブシ(2003年5月1日、2005年5月11日)
  • アニメ SPEED(2005年5月25日)
  • ANIME ON BOSSA(2008年1月30日)
  • EXIT TRANCE PRESENTS R25 SPEED アニメトランス BEST 2(2008年9月3日)
  • 「ハヤテのごとく!」キャラクターカバーCD 〜選曲:畑健二郎〜(2009年3月6日)
  • 覚醒、そして降臨(2010年4月7日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 物事を肯定的に主張すること

出典[編集]

  1. ^ BSアニメ夜話より
  2. ^ 朝日新聞 2012年4月28日付朝刊 別冊『be(エンターテインメント特集)』p2
  3. ^ 高橋洋子、うたまっぷ、2009年5月11日。
  4. ^ 2008年国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)
  5. ^ 2009年国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)
  6. ^ 2007年カラオケ事情を振り返る 〜2007年楽曲別ランキング〜、BARKS、2007年12月10日
  7. ^ 特集:注目特集!年間ランキング (2009年JOYSOUND年間ランキング)、JOYSOUND、2009年12月4日
  8. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w120420.html
  9. ^ 「月の迷宮」の英語歌詞アレンジヴァージョン