Komm, susser Tod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「Komm, süsser Tod」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
Komm, süsser Tod〜甘き死よ、来たれ
ARIANNEの 楽曲
収録アルバム THE END OF EVANGELION
リリース 1997年8月1日
ジャンル ポップ
時間 7分51秒(シングル版)、7分42秒(M-10 Director's Edit. Version)
作詞者 Hideaki ANNO(庵野秀明
Mike WYZGOWSKI
作曲者 Shiro SAGISU(鷺巣詩郎
THE END OF EVANGELION 収録順
THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-
(1)
Komm, süsser Tod〜甘き死よ、来たれ
(2)
II Air [ORCHESTRAL SUITE No.3 in D Major, BWV.1068]
(3)

Komm, süsser Tod〜甘き死よ、来たれ」(コム・ズューサ・トート あまきしよ、きたれ、: Come, Sweet Death)は、1997年7月19日に公開された『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』の劇中挿入歌。ボーカルはARIANNE[1]

概要[編集]

タイトルはJ.S.バッハ教会カンタータ、『来たれ、汝甘き死の時よ』が基になっている。また、タイトルはドイツ語だが、歌詞は英語となっている。庵野秀明監督自らが書いた日本語訳の歌詞と英語訳は、一見大きく違うように見えるが、本質は同じことを謳っており、無へと還ろう(It all returns to nothing)というフレーズが何度もリフレインされている。劇中においては人類補完計画発動のシーンで流れる。

1997年8月1日に発売された『THE END OF EVANGELION』のシングルCDに収められ、その後も様々なアルバムに収録されている曲である。劇場版第26話の補完シーンでは本来「Everything you've ever dreamed」が使用される予定であったが[2]、結局は未使用となり、この曲が使用されることとなった。

シングルCD版に収録されている曲は劇中では使用されず、実際に劇中で使用された版ではシングル版後半の大勢の人々の歌声がカットされている。シングルCD版は後にアルバム『Refrain of Evangelion』に再収録された。

また、2010年初頭に放映されたフィールズ発売のパチスロ新世紀エヴァンゲリオン 〜魂の軌跡〜』のCM曲として、また、2011年4月から2012年3月までTBS系列で放送された『ホンネ日和』のオープニングとしても使用された。

2012年にARIANNE本人が2012年バージョンの「Komm, süsser Tod」を発表した[3]

なお、劇場版の使用曲ではあるが、テレビシリーズのビデオ版として発売された第26話にも使用されている[4]

収録アルバム[編集]

シングル版

M-10 Director's Edit. Version

収録曲[編集]

THE END OF EVANGELION(使用楽曲3曲収録シングル)

  1. THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-
    歌:LOREN & MASH
    作詞:MASH、作曲:Shiro SAGISU(鷺巣詩郎
  2. Komm, süsser Tod
    歌:ARIANNE
    日本語原詩:Hideaki ANNO(庵野秀明)、英訳:Mike WYZGOWSKI、作曲・アレンジ:Shiro SAGISU(鷺巣詩郎)
  3. II Air [ORCHESTRAL SUITE No.3 in D Major, BWV.1068]
    作曲:J.S.BACH、編曲:Shiro SAGISU(鷺巣詩郎)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フルネームはArianne Cleopatra Schreiber
  2. ^ サウンドトラックの解説に記載。
  3. ^ 「Komm, süsser Tod」(甘き死よ、来たれ)の2012年バージョンがARIANNE本人によって登場!、2012年12月2日閲覧。
  4. ^ 収録:新世紀エヴァンゲリオン Genesis 0:14(VHS・LD)1998年9月9日発売、新世紀エヴァンゲリオン Volume 7 (DVD)1999年1月22日発売