そばにいるね (青山テルマの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そばにいるね
青山テルマ feat.SoulJaシングル
リリース 2008年1月23日
ジャンル J-POP
時間 5分3秒
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2008年度上半期1位(オリコン)
  • 2008年度年間7位(オリコン)
  • 登場回数51回(オリコン)
青山テルマ feat.SoulJa シングル 年表
ONE WAY
(2007年)
そばにいるね
(2008年)
何度も
(2008年)
テンプレートを表示

そばにいるね」は、青山テルマ feat.SoulJaのシングル。2008年1月23日発売。発売元はユニバーサルミュージック

解説[編集]

一部の報道によると、SoulJa(ソルジャ)とテルマが共通の友人を介して知り合い、カラオケボックスでSoulJaがテルマの歌声を気に入り、「ここにいるよ」が作られ、テルマが参加したお礼にSoulJaが「そばにいるね」に参加したというが、真相は公表されていない。

青山テルマとしては2作目となるシングル。当初は2008年1月30日発売の予定であったが、発売の約1ヶ月前に1週間早まることが決定した。CD発売前から着うたでのダウンロード配信も行われている。配信では、計850万ダウンロードを記録[1]。『COUNT DOWN TV』では、月間着うたランキング2月から4月まで3ヶ月連続1位となっている。

前年9月に発売され、ロングヒットを記録した「ここにいるよ feat.青山テルマ」へのアンサーソング。前作はSoulJaの作品に共作名義で参加した形だが、続編となる今作はクレジットを逆転させての発売となった。クレジットが入れ替わっているように、本作は「ここにいるよ」とは対照的に女性目線での歌詞となっており、歌唱においてもメインパートを担当している。

また、前作ではシングルのタイトルに共作名義を冠していたが、本作ではシングル作の歌手クレジットが共作となっており、若干扱いが異なる。

本作品は、川添象郎プロデュース、佐藤博 編曲およびサウンド・プロデュースである。 佐藤博 のプライベートスタジオである、「Studio SARA(クレジットではSARA MUSIC STUDIOと表記されている)」にて佐藤の手によりTrack Making、Engineering、Mixing&Masteringが2007年11月に行われた。 また、佐藤博 は、演奏面でも、Keyboard&Rhythm Programing、Synth Bassを担当している。

オリコンシングルチャートでは、登場第1週目で、「ここにいるよ」の最高位であった6位を上回る初登場3位を記録。登場2週目には、発売週とほぼ同じ枚数を売り上げ、アルバム含め自身初のオリコンチャート1位を獲得した。オリコンの発表では、アンサーソングによるチャート1位は史上初の快挙としている[2]。また、6月20日付のオリコン上半期ランキングで、売り上げ1位を記録。女性ボーカルの作品としての上半期1位は、2002年の宇多田ヒカルの「traveling」以来、6年ぶりの結果となり、また、コラボ作品の上半期としての1位は、1995年のH Jungle With tの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」以来、13年ぶり史上2作目となった。

着うたフルで史上初のダウンロード数200万件突破を達成。それを受けて2008年9月、「日本で最も売れたダウンロード・シングル」としてギネス世界記録に認定された[3]日本レコード協会の集計では、着うたフル+インターネット(スマホ含む)のフル配信合算での300万ダウンロードを、国内音楽史上初めて達成した。[4]

この曲で第59回NHK紅白歌合戦に出場した。

2008年10月29日発売のコンピレーション・アルバム.LOVE」にも収録されている。

収録曲[編集]

  1. そばにいるね
    (作詞:SoulJa / 青山テルマ 作曲:SoulJa 編曲:佐藤博 SoulJa)
    「ここにいるよ feat.青山テルマ」へのアンサーソング。歌詞やメロディがアレンジされ別の曲として仕上がっているが、曲中には「ここにいるよ」と全く同じメロディが挿入されている。NTT DoCoMoの2008年春季キャンペーンソング。
  2. My dear friend
    (作詞:Kenn Kato 作曲:春川仁志 編曲:門脇大輔 / 春川仁志)
    フジテレビ系アニメ『しおんの王』エンディングテーマ。こちらは「そばにいるね」とは違いバラードソングとなっている。
  3. This Day feat.童子-T
    (作詞:童子-T / 青山テルマ 作曲・編曲:813

カバー[編集]

  • 2008年9月3日、スライ&ロビー - (曲名を「HURRY HOME」に変えて、アルバム『AMAZING』に収録、英語でのカバー。)
  • 2008年12月19日、台湾のアーティスト「大嘴巴 (DA Mouth)」(中国語バージョン『永遠在身邊』を、アルバム《王元口力口》の台湾盤に収録)[5]
  • 2009年6月6日、 Snuffのダンカン・レッドモンズ (アルバム『Up And At 'Em』に収録)
  • 2010年8月4日、cargo×seira - (アルバム『FLOWER SHOWER』に収録、英語でのカバー。)
  • 2011年10月5日、Soul Tribe Project - (アルバム『We Love J-POP Flavor』に収録、英語でのカバー。)
  • 2012年2月8日、Namy - (アルバム『J Soul Lounge Love Song』に収録、英語でのカバー。)

その他[編集]

2008年6月18日に発売された、Souljaのアルバム『SPIRITS:X'tented』の2曲目に、青山テルマ feat.SoulJaシングル「そばにいるね」のセルフカバー「そばにいるねSoulJa×Yukie」が収録されている。

こちらは、WordsとMusicをSoulJaが、Arrangementを佐藤博が担当している。

格闘ゲームドラゴンボールZ Ultimate Battle 22山本健司が作曲した『光のWILL POWER』にイントロが似ている。

脚注[編集]