スライ&ロビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スライ&ロビー
基本情報
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
ジャンル レゲエ
レーベル タクシー
共同作業者 タクシー・ギャング
公式サイト Official Website
メンバー
スライ・ダンバー
ロビー・シェイクスピア

スライ&ロビー (Sly and Robbie) は、最も幅広く、そして長く活動しているレゲエのリズムセクションである。 ドラマーのローウェル・ダンバー(スライ・ダンバー Sly Dunbar。彼の好きなミュージシャン、スライ・ストーンにちなんで愛称で呼ばれる。本名ローウェル・チャールズ・ダンバー Lowell Charles Dunbar、1952年5月10日 - 、キングストン生まれ)と、ベーシスト、ロバート・シェークスピア(愛称ロビー・シェイクスピア Robbie Shakespeare、1953年9月27日 - 、キングストン生まれ)の二人のリズムセクションは、1970年代の半ばに、この名義で活動を始める。彼らが製作に携わった楽曲は20万曲にものぼると言われている。

スライ・ダンバー
ロビー・シェイクスピア

二人で活動を始める前、スライはスキン・フレッシュ・アンド・ボーンズにいて、ロビーはアグロベーターズでベースを弾いていた。クラブで演奏している時にお互いをよくチェックしていた。彼らはモータウンフィリー・ソウルカントリー・ミュージックが好きで、同じ音楽の傾向を持つことを見つけ、最初にフー・キム兄弟が経営していた「チャンネル・ワン」レーベルで二人を中心としたバンド、レヴォリューショナリーズを結成し一緒に働き出した。1980年には独自の「タクシー」レーベルを創った。

彼らは何度か、レゲエの表情を一変させている。1976年、「ロッカーズ」リズムと呼ばれる激しいリズムを打ち出し、主流だった「ワンドロップ」リズムを追い落とした。1980年代初期には「アンメータード・タクシー(Ummetered Taxi)」リズムをはじめとする「ラバダブ(Rub a Dub)」スタイルを導入した。1980年中期においてもいち早く電子楽器を導入し重要なリズムを開発した。1990年代初期にも、チャカ・デマス・アンド・プライヤーズの「バン・バン」(Bam Bam)と「マーダ・シ・ロート」(Murder She Wrote)のリズムを創った。

1990年代から2000年代にかけてのスライ&ロビーは、ダンスホールレゲエヒップホップR&B。ラテン音楽を革新的に融合させた。ビーニ・マンからショーン・ポールピーター・トッシュ、ブラック・ウフル、グレゴリー・アイザックスデニス・ブラウンなどの著名なジャマイカのミュージシャンと作品を製作した。

その一方で、ジャマイカの音楽シーンから離れて、ボブ・ディランミック・ジャガーローリング・ストーンズグレイス・ジョーンズジルベルト・ジルジョー・コッカーセルジュ・ゲンスブールシンプリー・レッドマイル・フランチスティングダグ・E・フレッシュカルロス・サンタナシネイド・オコナー弘田三枝子などの多くのポップスのジャンルの楽曲製作に参加している。

30年以上一緒にいながらも、なお現在でも彼らのバンド、タクシー・ギャングと共に世界ツアーをし、レコーディング活動をしている。