シネイド・オコナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シネイド・オコナー
2007年ポズナンにて}
2007年ポズナンにて
基本情報
出生 1966年12月8日(48歳)
出身地 アイルランドの旗 アイルランド ダブリン
活動期間 1986年 -
公式サイト Sinéad O'Connor

シネイド・オコナーSinéad Marie Bernadette O'Connor, 1966年12月8日 –)は、アイルランド出身のミュージシャンである。名前の仮名表記には揺れがあり、デビューからしばらくはシンニードシニードなどの表記もあった。

略歴[編集]

ダブリン生まれ。 両親の不仲と離別、カトリックの厳格な生活に対する反発によってすさんだ少女時代を過ごしたことは、その後のオコナーの公私の活動に大きな影響を与えることになった。 母親の事故死の後、ロンドンに移って音楽活動を続けた。 1987年のファースト・アルバム「ザ・ライオン・アンド・ザ・コブラ」 (The Lion and the Cobra) は穏やかさと攻撃性とが去来する作風の曲が特徴である。 こうしたアンビバレント性はスキンヘッドという彼女のスタイルにも、カトリックに対しての愛憎の念が入り混じる言動にも表れている。 ちなみに、"the lion and the cobra" は旧約聖書詩篇に現れる言葉で悪魔の隠喩である。

1990年のセカンド・アルバム「蒼い囁き」 (I Do Not Want What I Haven't Got, 1990年) からシングル・カットされた、プリンスのカヴァー曲「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」が世界中で大ヒットし、アルバムは英米で1位を記録した。デビュー当時からの過激な言動も相変わらずであり、例えばアメリカのツアー会場で習慣となっていたコンサート前のアメリカ国歌を拒否して騒がれた。とりわけ1992年10月「サタデー・ナイト・ライブ」の生放送中に「真の敵」だとしてローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の写真を破ったことにより大きな物議を醸し、直後のボブ・ディランのトリビュート・コンサートに参加した際には大ブーイングを浴びながら一人だけボブ・マーリーの曲を歌うことになった。

その後は過激さは影を潜め、さらに1999年にはキリスト教系の新興宗教団体である独立カトリック教会の「女性司祭」となって人々を驚かせた。発表作もレゲエやアイリッシュ・トラディショナル、スタンダードのカヴァーなど伝統的な色彩が濃くなっている。2003年に一旦引退を発表し音楽活動を休止していたが、2005年にレゲエのカヴァー・アルバム「スロウ・ダウン・ユア・アームズ」 (Throw Down Your Arms) で復帰した。

ディスコグラフィー[編集]

  • ザ・ライオン・アンド・ザ・コブラ (The Lion and the Cobra, 1987年)
  • 蒼い囁き (I Do Not Want What I Haven't Got, 1990年)
  • 永遠の詩集 (Am I Not Your Girl? 1992年)
  • ユニバーサル・マザー (Universal Mother, 1994年)
  • ソー・ファー…ベスト・オブ・シニード・オコナー (So Far...The Best of Sinéad O'Connor, 1997年)
  • 生きる力 (Faith and Courage, 2000年)
  • 永遠の魂 (Sean-Nós Nua, 2002年)
  • She Who Dwells in the Secret Place of the Most High Shall Abide Under the Shadow of the Almighty(2003年)
  • コラボレーションズ (Collaborations, 2005年)
  • スロウ・ダウン・ユア・アームズ (Throw Down Your Arms, 2005年)
  • セオロジー (Theology, 2007年)

参加サウンドトラック[編集]

外部リンク[編集]