シンプリー・レッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンプリー・レッド
ドイツ・ブレーメンでのライヴ(2003年)
ドイツブレーメンでのライヴ(2003年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド マンチェスター
ジャンル ポップ・ミュージックブルー・アイド・ソウル/R&B
活動期間 1985年 - 2010年
レーベル エレクトラ・レコード
イースト・ウェスト・レコード
simplyred.com
公式サイト www.simplyred.com
旧メンバー
ミック・ハックネル
イアン・カーカム
トニー・バウワーズ
クリス・ジョイス
ティム・ケレット
シルヴァン・リチャードソン
フリッツ・マッキンタイア
アジーズ・イブラヒム
デイヴ・フライマン
屋敷豪太
ティム・ヴァイン
ショーン・ウォード
ウェイン・ストッバード
アンディ・ライト
マーク・ジェイムズ
エイトル・ペレイラ
グレアム・クーパー
ディー・ジョンソン
クリス・デ・マーガリー
サラ・ブラウン
ジョン・ジョンソン
鈴木賢司
デイヴ・クレイトン
スティーヴ・レウィンソン
ピート・レウィンソン
ケヴィン・ロビンソン
サイモン・エヴェレット
エリザベス・ブルックス

{{{Influences}}}

シンプリー・レッド (Simply Red) は、イギリスマンチェスター出身で、1985年から2010年まで活動していたバンドポップロックジャズブルー・アイド・ソウルなどのジャンルに影響を受けた音楽が特徴である。

ボーカルミック・ハックネルを中心に活動していたが、結成以来メンバーの入れ替わりが多く、結成以来のメンバーで解散時まで残っていたのはハックネルのみであった。このため実質的にはハックネルのソロプロジェクトという性質が強いバンドであった。

経歴[編集]

結成まで[編集]

シンプリー・レッドの起源は、1976年セックス・ピストルズがマンチェスターのフリー・トレード・ホールで開いたライヴまでさかのぼる。このライヴの観衆の中に、後にジョイ・ディヴィジョンザ・スミスバズコックスなどのバンドを結成することになるメンバーらとともに、当時マンチェスターで美術を学ぶ学生だったハックネルがいた。ピストルズのライヴに衝撃を受けたハックネルは、フランティック・エレヴェイターズ (The Frantic Elevators) という名のパンクバンドを結成。このバンドは7年の間活動し、地元のレーベルから数枚のレコードを出したが、1984年に解散した。

フランティック・エレヴェイターズの後、ハックネルはマネージャーのエリオット・ラッシュマン (Elliot Rashman) と組んで、1985年初頭より地元のスタジオ・ミュージシャンたちととバンドを結成し、レコード会社の注目を集めるようになっていった。シンプリー・レッドというバンド名が付けられたのもこの頃である。この名前は、ハックネルが赤毛であることと、赤がシンボルカラーのサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンであることに由来する。当時のバンドはハックネル、デイヴィッド・フライマン(David Fryman, ギター)、トニー・バウワーズベース)、フリッツ・マッキンタイアキーボード)、ティム・ケレットブラス)、クリス・ジョイスドラムス)という構成で、1985年にエレクトラ・レコードと契約した。

デビュー[編集]

1985年に発表された最初のシングル「マネーズ・トゥー・タイト」は、元々ヴァレンタイン・ブラザーズ (The Valentine Brothers) によって録音されたソウルのスタンダードナンバーのカバーであった。このシングルは世界的な大ヒットとなり、イギリスとアイルランドでチャートのトップ20に入ったほか、後にアメリカフランスオランダでトップ30に、イタリアではトップ5に入った。最初のアルバム『ピクチャー・ブック』もこの年に発表された。

1986年、バンドはフランティック・エレヴェイターズ時代の曲「ホールディング・バック・イヤーズ」をさらにポップなアレンジで再録音して発表。「マネーズ・トゥー・タイト」に続く大ヒットとなり、アイルランドでチャート1位、イギリスで2位、オランダで3位、イタリアで20位、そしてアメリカで1位となって、世界にシンプリー・レッドの名前を知らしめることになった。このヒットのおかげでアルバム『ピクチャー・ブック』もさらに売り上げを伸ばし、世界的なヒットに結びついた。

1987年発表の2枚目のアルバム、『メン・アンド・ウィメン』では、それまでの小汚ない格好で内省的、社会的なメッセージというイメージから脱皮し、ファンクの影響を帯びたブルー・アイド・ソウルという新境地を開いた。

1989年の3枚目のアルバム『ニュー・フレイム』では、さらに主流派の路線を志向し、批評家からの受けよりも商業的な成功を狙った音楽になった。それをよく表しているのが、ハロルド・メルヴィンのヒット曲「二人の絆」(If You Don't Know Me By Now) のカバーで、この曲は彼らにとって2回目となるアメリカでのナンバーワンヒットになり、また今日でもバンドの曲の中で最も成功した曲となっている。この頃のハックネルは、モデルやハリウッドセレブリティとの写真を撮られるなど世界的なスターの座にあった。1991年にハックネルが「シンプリー・レッドは基本的にはソロプロジェクト」と発言したこともあって、バンドとしてのまとまりは阻害されているかにも見えた。

円熟期[編集]

バンドの人気はこの年に発表されたアルバム『スターズ英語版』で頂点を迎える。『スターズ』は、アメリカでこそそれまでのアルバムほどには成功しなかったものの、ヨーロッパおよびイギリスでは2年の間最も売れたアルバムとなった。タイトル曲の「スターズ英語版」はハックネルによる反サッチャリズムの政治的な歌詞をラウンジ・ジャズに乗せた、明らかに過去のファン層をつなぎ止めようという狙いの内容であった。この曲は1995年の映画『赤ちゃんにバンザイ!?』(Jack and Sarah) のサウンドトラックでも取り上げられた。

2年にわたる『スターズ』のプロモーションとツアーの後、1995年にダンス・ミュージックの影響が強いシングル「フェアグラウンド」(Fairground) で復帰。「フェアグラウンド」はラジオで大ヒットとなり、バンドにとって初の全英ナンバーワンを記録した。「フェアグラウンド」を収録したアルバム『ライフ』はイギリスだけで100万枚以上を売り上げ、この年のアルバムセールス第4位に入った。この勢いは、カバー曲も多く含んだ1998年の『ブルー』、1999年の『ラブ・アンド・ザ・ロシアン・ウィンター』と続いた。その後は、スタイリスティックスの「誓い (You Make Me Feel Brand New)」などのカバー曲とオリジナル曲を収録した『ホーム』を2003年に発表したほかは、2000年の『ラヴ・ソング・コレクション』、2003年の『ヴェリー・ベスト・オブ・シンプリー・レッド』、そして主に過去のヒット曲を再アレンジして収録した2005年の『シンプリファイド』など、しばらくベストアルバムのリリースが続いた。

解散へ[編集]

バンドの10枚目となるアルバム『ステイ』を2007年3月12日に発表した後、ハックネルは「25年という期間はもう十分だろうという感じ。だから、2009年でシンプリー・レッドの最後のツアーにするつもりだ」と語り、2009年初頭から2010年にかけてのツアーが終わった後にバンドを解散することを発表した[1]。その後、ハックネルは彼の最初のソロアルバム『ハックネル・トリビュート・トゥ・ボビー』を2008年5月19日に発表した[2]

解散前の最後のコンサートは2010年12月19日、ロンドン・O2アリーナで開催された公演であった。この模様は全英の映画館にライブ配信された。このコンサートをもってバンドは正式に解散した。

解散時のバンドメンバーは、ハックネル(ボーカル)、イアン・カーカムサックス/キーボード)、デイヴ・クレイトン(Dave Clayton, キーボード)、鈴木賢司(ギター)、ケヴィン・ロビンソン(Kevin Robinson, トランペットフリューゲルホルンパーカッション)、スティーヴ・レウィンソン(Steve Lewinson, ベース)、ピート・レウィンソン(Pete Lewinson, ドラムス)という構成であった。このメンバーは、バンドが発表したスタジオアルバムのうち最後の3枚でも演奏に参加している。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

タイトル チャート順位 ゴールドディスク認定
BPI RIAA
1985 ピクチャー・ブック 2 16 8 - 5xプラチナ プラチナ
1987 メン・アンド・ウィメン 2 31 3 - 3xプラチナ -
1989 ニュー・フレイム 1 22 2 2 7xプラチナ ゴールド
1991 スターズ 1 76 6 4 12xプラチナ ゴールド
1995 ライフ 1 75 1 - 5xプラチナ -
1998 ブルー 1 145 1 21 2xプラチナ -
1999 ラブ・アンド・ザ・ロシアン・ウィンター 5 - 2 57 プラチナ -
2000 ラヴ・ソング・コレクション 13 - 35 - ゴールド -
2003 ホーム 2 187 5 8 2xプラチナ -
2005 シンプリファイド 3 - 4 64 ゴールド -
2007 ステイ 4 - 4 58 ゴールド -
2008 スターズ(コレクターズ・エディション) 31 - - - - -

コンピレーション[編集]

タイトル チャート順位 ゴールドディスク認定
BPI
1996 グレイテスト・ヒッツ 1 116 2 - 6xプラチナ
2003 ヴェリー・ベスト・オブ・シンプリー・レッド - - 36 - -
2008 Simply Red 25: The Greatest Hits 9 - 17 - -
2010 Songs of Love 12 - - - -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Simply Red splitting up after 25 years”. タイムズ. 2007年10月24日閲覧。
  2. ^ BBC music review of Tribute to Bobby” (2008年5月20日). 2008年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]