日曜×芸人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日曜×芸人
ジャンル バラエティ番組
放送時間 日曜日23:15 - 24:10(55分)
放送期間 2012年4月15日 - 2014年3月30日(87回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
プロデューサー 保坂広司(GP・演出兼務)
出演者 山崎弘也アンタッチャブル
若林正恭オードリー
バカリズム
字幕 文字多重放送
オープニング TummyTuck「ビューティフル・サンデー[1]
エンディング TummyTuck「ビューティフル・サンデー」[2]
外部リンク 公式サイト
東京×芸人 ロケハンしてきました(特番)
放送時間 25:00 - 25:55(55分)
放送期間 2012年1月28日(1回)
プロデューサー 保坂広司(GP)
藤井智久(GP)
出演者 劇団ひとり
土田晃之
バカリズム
鈴木拓ドランクドラゴン
浅見れいな

特記事項:
日曜エンターテインメント』枠拡大時は繰り下げもしくは休止の場合あり。
テンプレートを表示

日曜×芸人』(にちよう×げいにん)は、2012年4月15日から2014年3月30日までテレビ朝日系列で放送されていた、テレビ朝日製作のバラエティ番組

概要[編集]

連続ドラマ枠だった『日曜ナイトプレミア』が廃枠となり、それに替わる形で新たにバラエティ枠となった。

月曜日からの仕事や学校を控え、ちょっぴり憂鬱な気分になっている日曜日の夜をポジティブに変えようというコンセプトのもと、山崎弘也(アンタッチャブル)・若林正恭(オードリー)・バカリズムの3人が、ゲストのすすめるポジティブになれるものを一緒に体験する[3]。2013年2月24日からは、3人による番組の裏話などがYouTubeチャンネルの『「グリグリくりぃむ」「日曜×芸人」 on YouTube』で動画配信されている。また、ザキヤマのopトークがなくなったあたりからクイズ形式の企画が多くなっている。

パイロット版[編集]

2012年1月28日の25:00 - 25:55に『東京×芸人 ロケハンしてきました(とうきょう×げいにん ロケハンしてきました)』のタイトルで特番が放送された。鈴木拓ドランクドラゴン)が本来、番組スタッフが行うロケハン(事前の下見)を行い、芸人目線でコーディネートしたプランで芸人たちが麻布十番駅周辺で遊びつくすという内容。同番組の最後に「東京×芸人」という括りでは大きすぎると指摘があったため、鈴木が特番のオンエアまでに「東京」を消して「×芸人」にすると言い、番組名変更を匂わせていた。

レギュラー版に起用されたのはバカリズムのみ。

出演者[編集]

レギュラー版[編集]

  • 山崎弘也(アンタッチャブル) - イメージカラーは青。全体を引っ張るが、「暴れ回る」どころ。立ち位置は画面向かって中央。
  • 若林正恭(オードリー) - イメージカラーは緑。主に進行役だが、「いじられキャラ」でもある。立ち位置は画面向かって右。
  • バカリズム - イメージカラーは橙。基本的には「静観」だが、時折はしゃいだり、いじられることもある。2人からは本名の升野さんと呼ばれることが多い。立ち位置は画面向かって左。

MCの3人にはイメージカラーが設定されており、各人が喋った言葉のテロップは、白文字に各イメージカラーの縁取りが付く。第6回の放送では、スタッフが3人のイメージカラーに合わせた色のジャージを選んでいる。2012年6月3日放送分でg.u.とのコラボにより3人が着用する夏用のユニフォームが決定。7月8日の放送終了後には、テレビ朝日グループの通販サイト・Ropp!ngでポロシャツが販売され、わずか10分で完売した[4]。10月7日放送分ではg.u.とのコラボにより3人が着用する秋冬用のユニフォームが決定している。2013年に入ってからは、「完パケ収録でポジティブ!」の放送回で、スタイリストが事前に用意した複数の候補の中からユニフォームの選定が行われており、2013年3月17日放送分で春用のユニフォーム、6月23日放送分で夏用のユニフォームがそれぞれ決定している。

パイロット版[編集]

放送リスト[編集]

ネット局と放送時間[編集]

特番[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送日の遅れ
関東広域圏 テレビ朝日 (EX) テレビ朝日系列 2012年1月28日 25:00 - 25:55 制作局
石川県 北陸朝日放送 (HAB) 2012年2月25日 16:00 - 16:55 28日遅れ

レギュラー版[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送開始日 放送日の遅れ
関東広域圏 テレビ朝日 (EX) テレビ朝日系列 日曜 23:15 - 24:10 2012年4月15日 制作局
北海道 北海道テレビ (HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送 (ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ (IAT)
宮城県 東日本放送 (KHB)
秋田県 秋田朝日放送 (AAB)
山形県 山形テレビ (YTS)
福島県 福島放送 (KFB)
新潟県 新潟テレビ21 (UX)
長野県 長野朝日放送 (abn)
静岡県 静岡朝日テレビ (SATV)
石川県 北陸朝日放送 (HAB)
中京広域圏 メ〜テレ (NBN)
広島県 広島ホームテレビ (HOME)
山口県 山口朝日放送 (yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 (KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ (eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送 (NCC)
熊本県 熊本朝日放送 (KAB)
大分県 大分朝日放送 (OAB)
鹿児島県 鹿児島放送 (KKB)
沖縄県 琉球朝日放送 (QAB)
近畿広域圏 朝日放送 (ABC) 日曜 24:58 - 25:53 同日103分遅れ[5]
高知県 高知放送(RKC) 日本テレビ系列 土曜 24:50 - 25:50 2012年9月22日 41日遅れ[6]
  • 山陰放送でも、日曜午後に不定期放送されるときがある。


スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • ナレーター:大江戸よし々
  • 構成:松井洋介、堀江B面、山本太蔵、羽柴拓、上野耕一郎
  • ロケ技術:テーク・ワン
  • 技術協力:ヌーベルバーグ
  • 美術:井磧伸介
  • 美術進行:吉居真夏(テレビ朝日クリエイト
  • メイク:川口カツラ
  • CGデザイン:PDトウキョウ
  • 編集:上坂一史、細谷大輔
  • MA:杉山正
  • 音効:北條玄隆
  • TK:丸山和子
  • デスク:星野敬子
  • 宣伝:望野智美
  • 編成:二階堂義明、山本文隆
  • リサーチ:田中奈緒、オフィス・トゥー・ワン
  • AP:須貝マミ
  • プロデューサー:片野正大(以前はディレクター)
  • ディレクター:佐藤だいすけ、平山建司、松原裕、徳舛充人、篠原崇、前川譲
  • ゼネラルプロデューサー・演出:保坂広司
  • 制作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

  • メイク:荻山夏海、段久美子
  • CGデザイン:形部まり子
  • MA:梶山恭一、高橋友樹、山際卓郎
  • 音効:竹科俊至
  • 編成:松瀬俊一郎、荒井祥之、池田佐和子、森大貴
  • プロデューサー:中井洋次
  • ディレクター:藤井裕久、田中拓郎

パイロット版[編集]

  • ナレーター:柳原可奈子
  • 構成:北本かつら
  • CAM:門倉秀樹、神尾淳
  • 音声:佐々木瑠美
  • VE:武藤康広
  • 美術進行:吉居真夏(テレビ朝日クリエイト)
  • メイク:大久保友子
  • 編集:加藤正朗
  • MA:飯塚雄一
  • 音効:岩谷知朗
  • TK:丸山和子
  • リサーチ:オフィス・トゥー・ワン
  • 編成:髙橋正輝
  • デスク:星野敬子
  • 協力:SWISH JAPAN、テレビ朝日クリエイト、東京オフラインセンター
  • ディレクター:田中拓郎、山内智未
  • プロデューサー:中井洋次、山北剛士
  • ゼネラルプロデューサー:保坂広司、藤井智久
  • 制作著作:テレビ朝日

DVD[編集]

  • 日曜×芸人 Vol.1(2013年2月20日発売、発売元・株式会社テレビ朝日、販売元・アミューズソフト)
    • 収録内容:高級フレンチでポジティブ!(第1回) / ホームパーティでポジティブ!(第2回) / 高級品でポジティブ!(第3回) / 会員制のお店でポジティブ!(第4回)
    • 特典映像:撮りおろしポジティブトーク 1 / 高級品でポジティブ! 未公開オープニング映像 / 会員制のお店でポジティブ! 未公開オープニング映像
  • 日曜×芸人 Vol.2(2013年2月20日発売、発売元・株式会社テレビ朝日、販売元・アミューズソフト)
    • 収録内容:焼き肉でポジティブ!(第5回) / 気になるお店に行ってポジティブ!(第7回) / 番組ユニフォームを選んでポジティブ!(第8回) / 高級品でポジティブ!(第10回)
    • 特典映像:焼き肉でポジティブ! 未公開オープニング映像 / 気になるお店に行ってポジティブ! 未公開オープニング映像 / 撮りおろしポジティブトーク 2
  • 日曜×芸人 Vol.3(2013年2月20日発売、発売元・株式会社テレビ朝日、販売元・アミューズソフト)
    • 収録内容:超便利家電でポジティブ!(第11回) / ラクロスでポジティブ!(第12回) / 会員制のお店でポジティブ! 2(第13回) / 日帰り旅行でポジティブ!(第14回)
    • 特典映像:超便利家電でポジティブ! 未公開オープニング映像 / ラクロスでポジティブ! 未公開オープニング映像 / 撮りおろしポジティブトーク 3
      • 3巻同時先着購入特典として、テレアサグッズONLINEではポストカード、タワーレコードでは生写真、HMVではDVDジャケットサイズカレンダー、TSUTAYAではステッカーが配布された。
      • 初回プレス盤にはそれぞれ3巻購入連動応募特典応募券を封入。応募者にはもれなく「撮りおろしマル秘特別DVD」がプレゼントされる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Twitter・日曜×芸人(テレビ朝日公式)@nichiyougeinin - 2012年5月7日 4:03
  2. ^ この曲とは別に、第17回放送で井上ヨシマサが作詞・作曲し、3人が歌唱した「日曜×芸人テーマソング」が、第18回以降のエンドロール部分で使用されている。
  3. ^ お笑いナタリー (2011年3月25日). “ザキヤマ、若林、バカリズムが日曜夜の新番組へ意気込み”. 2012年4月16日閲覧。
  4. ^ 2012年7月15日放送分より。
  5. ^ 当該時間に『なるみ・岡村の過ぎるTV』(2012年4月は特別番組、同年5月から2013年3月までは『東西芸人いきなり!2人旅』、同年4月から9月までは『知ってるor知ったか?クイズ!バレベルの塔』)を放送。
  6. ^ 第16回分から放送。放送時点では日付上で日曜日になっているため、タイトルの改題は行われていない。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜23:10 - 23:15枠
前番組 番組名 次番組
世界の車窓から
【土・日放送廃止】
このあと日曜×芸人
(2013年4月7日 - 6月23日)
テレビ朝日 日曜23:15 - 24:10枠
日曜×芸人
(2012年4月15日 - 2014年3月30日)
【この番組からバラエティ枠】
アレはスゴかった!!
(2014年4月6日 - )