ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイノジ 大谷ノブ彦の
オールナイトニッポン
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送(再放送あり)
放送期間 2013年4月3日 - 2014年3月26日
放送時間 水曜日25:00 - 27:00(120分)
(木曜日 1:00 - 3:00)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
NOTTV
パーソナリティ 大谷ノブ彦(ダイノジ
プロデューサー 松岡敦司
ディレクター 松岡敦司
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポン』(ダイノジおおたにノブひこのオールナイトニッポン)は、ニッポン放送深夜放送オールナイトニッポン』枠で、お笑いコンビダイノジの大谷ノブ彦がパーソナリティを担当するラジオ番組2013年4月3日放送開始。

媒体によっては、「ダイノジ・大谷[1]ダイノジ・大谷のオールナイトニッポン[2]と表記。

概要[編集]

2013年2月9日にニッポン放送で放送された『ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポンR』(ダイノジおおたにノブひこのオールナイトニッポンアール)が大評判となって[3]2013年3月12日にパーソナリティになることが発表された[4]

大谷は少年時代の頃『ビートたけしのオールナイトニッポン』に夢中になっていたので[4]、「僕の人生を、考え方を、笑いの好みを、すべてを変えたあの番組を僕がやるなんて!!」とした上で「14歳の頃の自分に語りかけるように、今の何者でもない奴らと真剣に対峙したいと思ってます」と語っている[5]

また、大谷の起用について、オールナイトニッポンのチーフディレクター・松岡敦司は、大谷の「熱のあるトーク」を挙げ、「いまの10代に本当に聞いてもらいたいと率直に思っています」とした上で、「この番組をきっかけに音楽・映画、そして生きざまを知ってほしい。」と話している[5]

この番組では、NOTTVにて、映像付きで同時生放送される[6]

エンディングテーマはオアシスドント・ルック・バック・イン・アンガー

しかし、この番組は2014年3月31日から始まる、ニッポン放送の新しい月〜木午後のワイド番組『大谷ノブ彦 キキマス!』を担当するため、2014年3月26日の放送をもって終了することになった。

特徴[編集]

本番組では、洋楽を放送するため、コンセプトは「洋楽で世界を変えるラジオ番組!」となった(ただし、洋楽のみを放送するとは限らない)[7]。そのため、当面は「洋楽でキミの世界を変える」をこの番組の大きな軸にしている。

番組内ではお笑い芸人でありながら、いわば、“評論家並み”に音楽に詳しい大谷が、アーティストやその曲の背景について、様々なトークを繰り広げ、音楽(洋楽・邦楽を問わず)を放送している[7]

なお、この大谷の「評論芸」という名称は、フジテレビの赤池プロデューサーが名付けたものだが、評論とは全く違う性質なので、この番組の構成をしている生駒毅によれば、「評論芸」の「芸」というのは、演芸の「芸」だと説明している[8]

本番組の、もうひとつの特徴が、“熱い”。番組内で大谷は、これまでの人生や、お笑い芸人を始めてからの苦労などについて、とにかく“熱く”語ることが多い[7]

また、番組のメールアドレスや、ツイッターのハッシュタグには、“熱”をローマ字にした「netsu」が使用されており、番組内で、リスナーから寄せられた、何かに対する“熱い思い”を綴ったメールが紹介される[7]

このような放送について、ツイッターの中では、番組内容の“熱さ”と大谷のトークを楽しんでいるリスナーのツイートが多くなっている[7]

なお、この番組では、リスナーから、毎週、放送後記(その週に放送された番組の感想文)を募り、その寄せられた放送後記は、この番組のホームページに掲載され、その後、大谷自身がリスナーから寄せられた放送後記の中から、1番“グッときたもの”だけを選び、翌週のオープニングで紹介する。

反響[編集]

2013年4月10日放送の、SMAPについてのトークが評判となって、リスナーからは「“SMAP論”は洋楽や邦楽という概念を飛び越えて興味深く聞いていました」という称賛があった[7]

また、2013年4月3日の放送を聴いていた、カンニング竹山が、その放送直後に自身のツイッターアカウントで「LFさん(ニッポン放送)がみつけたようだ。とんでもなくすっげっ~パーソナリティーを!」とツイートしたり、水道橋博士が「噂通りにアツアツであった」とコメントするなど、この番組が芸人の間で評判となっている[7]

コーナー[編集]

  • おびッ!
大谷が執筆した「俺のROCKLIFE!」、リスナーにはその本が売れそうな帯を考える。
  • やかましいわ
それぞれのパートの頭に、番組名と名前を言っている、この番組だが、リスナーには、このパートの頭で、大谷が思わず「やかましいわ」と言いたくなるフレーズを募る。
  • ボス、ラジオネーム頼む!
大谷が適当にラジオネームを付けるコーナー、リスナーには出身地に加え、好きなものを書き、それを送ってもらう。

放送時間[編集]

  • 毎週水曜日 25時-27時(NOTTV2にて同時生放送)
  • 再放送:NOTTV2・毎週日曜日 8時-10時

ネット局[編集]

いずれも、原則全国ラジオネットワーク(NRN)系列加盟局で放送。

ピンチヒッター[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:生駒毅
  • プロデューサー・ディレクター:松岡敦司

関係項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:『東奥日報』朝刊ラジオ欄より、「青森放送」「IBCラジオ」「STVラジオ」各ネット局の番組表(「」内局名表記は、原資料に基づく)。
  2. ^ 参考:『東奥日報』夕刊ラテ欄より、青森放送(ネット局)の番組表。
  3. ^ ダイノジ大谷・公式ツイッターより、2013年2月3日発信”. 2013年5月24日閲覧。
  4. ^ a b ニッポン放送・2013年4月からの新番組”. 2013年3月12日閲覧。
  5. ^ a b “ダイノジ大谷がオールナイトニッポンの新パーソナリティに”. お笑いナタリー. (2013年3月12日). http://natalie.mu/owarai/news/86506 2013年3月12日閲覧。 
  6. ^ NOTTV2013年4月からの主な番組 (PDF)”. 株式会社mmbi (2013年3月29日). 2013年3月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g “笑いナシ、ダイノジのANNが話題”. web R25. (2013年5月10日). http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20130510-00029682-r25 2013年5月20日閲覧。 
  8. ^ 第20回 ダイノジ大谷ノブ彦のオールナイトニッポン!” (2013年8月22日). 2013年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]

オールナイトニッポン 水曜
前担当
NESMITH
ダイノジ 大谷ノブ彦のオールナイトニッポン
水曜 25:00 - 27:00
大谷ノブ彦
次担当
AKB48
2014年オールナイトニッポンパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 鬼龍院翔
火曜 久保ミツロウ・能町みね子 back number
水曜 大谷ノブ彦 AKB48
木曜 ナインティナイン
金曜 AKB48 アルコ&ピース
土曜 オードリー