リヤカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヤカー
自転車牽引のリアカー、江戸東京たてもの園の展示物

リヤカー/リアカーとは金属製のパイプと空気入りタイヤで構成された2輪の荷車である。日本で考案され、サイドカー(Side + Car)にならって「後部(Rear)に位置する車」の意でリヤカーと命名された。日本では軽車両としての公道利用が認められており、もしくは自転車原動機付自転車によって牽引して使われている。

概要[編集]

1921年頃、海外からサイドカー日本輸入された時にサイドカーとそれまでの荷車の主流だった大八車の利点を融合して、静岡県富士市青島の望月虎一発明した[1]

江戸時代以来の大八車の欠点としては、次のような点があった。

  • 大きな木製のスポーク型車輪(接地面を鉄で巻いた)は製造時の精度・強度確保を木工職人の熟練技術に頼っていた。破損時の修繕には手間が掛かり、またフレーム共々丈夫な木で組み上げられていたため、重かった。
  • 左右輪が車軸で連結されて荷板床下を通る原始的構造の弊害。重心が高く横転しやすいうえ、内輪差の吸収手段もないため、左右旋回時は牽き手が車輪を引きずるように力を込めて動かねばならず、車輪の磨耗原因にもなった。
  • 軸受けは堅い木の平軸受けで、専ら油脂補給による潤滑に頼っていたため、停止状態からの引き出しが重かった。特に貨物積載時の引き出しは困難であった。
  • 振動が激しく、物によっては荷痛みのおそれがあったため、輸送できる貨物が限られた。

これら大八車の問題点の多くが、リヤカーでは金属部材の導入や自転車・サイドカーの手法を援用することで解決されている。

ごく細身の型鋼、もしくは鋼管で牽引用の梶棒部まで含むフレーム全体を組み、車輪はオートバイや自転車と同様に金属製のワイヤースポークを利用、車軸はなく、自転車同様のボールベアリングで左右独立支持された両輪間に荷台床を落とし込んだ形態となっている。さらに車輪には空気入りゴムタイヤを填めている。結果、大八車に比して大幅な進歩を遂げた。

  • 金属製フレームは曲げ加工やリベット留め(後年は溶接も可能となった)などの組み立て手段を許容し、木材よりも簡潔な構造を採れるため、軽量になった。
  • 金属製のスポーク車輪は大正時代、すでに日本国内の自転車工場で大量生産されていた。軽量なうえ、車体からの脱着も簡単で、日本各地に出現していた自転車店での修繕が容易となった。ゴムタイヤは防振に役立った。
  • 左右輪が独立していて長い車軸がないため、車輪中心より低い位置に荷台床を配置でき、重心が低くなって安定すると共に旋回も自由となり、貨物積載量も増した。
  • ベアリングの使用によって引き出し抵抗が小さくなり、牽引が容易になった。

大正時代後期からは小口輸送向けに、小型トラックの一種であるオート三輪が都市部から普及し始めてはいたが、当時の日本における中小零細事業者の多くにとっては極めて高価なもので、容易に導入できなかった。対してリヤカーは、市井の零細な工場でも製作可能で、ごく安価な存在であり、本格的なモータリゼーション以前であった太平洋戦争前後の長期間、手牽き、もしくは自転車牽引などで、小口輸送の簡便な手段として極めて広範に用いられた。

しかし、戦後のモータリゼーション進展で自動車が普及するにつれ、一般的な小口物流の手段としては1950-1960年代以降、速力や効率で勝るオート三輪・軽トラックなどに取って代わられ、次第に衰退した。それでも限られた用途ながら、軽便さゆえの長所があり、2000年代でも日本国内での実用例が見られる。

利点[編集]

  • 人力によれば、燃料代などの経費が掛からない。修理・整備も簡便で維持費も掛からない。普通の体格の人間であれば、荷物運搬時の牽引でも取り扱いに特段の訓練を要さない。
  • 頑丈な作りのリヤカーで平坦な舗装道路上であれば、最大約1トンの荷物が運搬可能である(通常のリヤカーの積載荷重は350kg)。
  • 以下は日本におけるメリットである。

欠点[編集]

  • 坂道の移動が困難である(人力や自転車の場合。特に下り坂)。
  • 自動車などの往来が激しい場所の移動では、機動性の違いによる交通事故や交通渋滞が懸念される。

利用[編集]

飲食
ラーメンおでんなどの屋台として。現在では軽トラックが多く使われている。
販売
豆腐石焼き芋など。現在では軽トラックが多く使われている。
廃品回収
都市部ではリヤカーを使った段ボールと空きの回収がホームレスの収入源ともなっている。
国防
駐屯地内での訓練の準備などに活用されている。また海上自衛隊の艦艇に搭載されている例もある。
消防
消防車には火災現場で迅速にホースを運搬するため、リヤカー状の「ホースカー」が搭載されている事が多い[2]。このホースカーの扱いは消防操法でも定められている[3]
防災
自治会などによる自主防災組織にて消火用の消防ポンプを備える地域も多く、防災倉庫にはこのポンプを人力で輸送する為のリヤカーも保管されている[4]
教育
運転免許を持たない子供でも大道具や落ち葉などを運搬することのできる道具として、あるいは地域奉仕活動の延長で行われる廃品回収運動の際の運搬器具として小中学校など学校施設にも標準的に装備されている。
宅配
2006年6月に道路交通法が改正され駐車違反に関する違反確認手続きの簡略化で短時間駐車でも罰せられるといった事情に絡み、ヤマト運輸はリヤカーの利点を考慮して住宅地の小荷物配送などで特製の小型リヤカーを電動アシスト自転車で牽引しての活用を開始した[5]。なお、佐川急便ではリヤカー状の荷台を備えた、特製の電動アシスト三輪車で対応している[6]

日本における法律上の扱い[編集]

日本の公道上におけるリヤカーの扱いについては軽車両に分類されているため、車道を走行しなければならない。これ以外の細かい点については、各都道府県警察の公安委員会が定めた道路交通法施行細則に記されており、各県によってその扱いが異なるので注意すること。

  • リヤカーの牽引については人力だけでなく自転車でも牽引することができる。
  • 特例として道路運送車両法の原動機付自転車(125ccまでの二輪車など)での牽引も付随車として認められている(自動車では車検のない車両の牽引は認められていない)。
    • 原動機付自転車でけん引する場合の最高速度は法定速度で、50CC未満の原付は30km/h、51cc以上125cc未満の2輪車とミニカーは60km/h。[7]
    • 120kgまでの荷物を積載して牽引することができる。
  • なお軽車両に人が乗車することにおいて「乗車装置の設置」を条文に記した都道府県が多いが、これは基本的に人力車を想定したものである。

日本国外への進出[編集]

南京で使われているリヤカー状のカート

中国をはじめとするアジア諸国では一般にリヤカーが浸透しており、自転車と同程度の技術で製造できるリヤカーは庶民レベルの物流の一端を担っている。これらでは日本製オートバイとセットで現地社会に根付き、市場へ農作物を運搬したりあるいは移動販売の店舗に利用されたりといった活動も見られる。

また、リヤカーの製造と保守は途上国でも行えるため、1988年に国連を通じて日本からタンザニアへリヤカー製造の技術協力が行われた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 富士市農協設立50年・富士市農協合併5周年記念誌「大地とともに」 12ページ 富士市農業協同組合 1998
  2. ^ ホースカー | 東京サイレン(株)
  3. ^ 消防操法の基準 :: 総務省消防庁
  4. ^ 飲料水兼用貯水槽/震災対策初期消火資機材とは?/茨木市ホームページ
  5. ^ リヤカー付き電動自転車で楽々集配、ヤマト運輸 | ジャパン・フォー・サステナビリティ Japan for Sustainability 2008/11/05
  6. ^ 【佐川急便】~関西圏で宅配専用自転車を導入~環境保全、渋滞緩和、駐車場問題などに有効 | 佐川急便株式会社 | News2u.net 2009年08月26日
  7. ^ 25km/hまでと誤解されるのは、根拠条文の道路交通法施行令第12条第2項に「2  前項の内閣府令で定める大きさ以下の原動機を有する普通自動二輪車又は原動機付自転車が他の車両を牽引して道路を通行する場合の最高速度は、前条の規定にかかわらず、二十五キロメートル毎時とする。 」とあるため。しかし、リヤカーを含めたトレーラーは、「(牽引するための構造及び装置を有する自動車によつて牽引されるための構造及び装置を有する車両を牽引する場合を除く。)」の除外規定が適用される。
  8. ^ エコ時代に飛躍する日本最後の“リヤカー職人集団”:日経ビジネスオンライン

関連項目[編集]

リヤカー風サイドカー

外部リンク[編集]