サイクルトレーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイルドトレーラーを付けたトレーラーバイクを付けた三人乗り自転車

サイクルトレーラー(: Cycle trailer)またはバイシクルトレーラー(: Bicycle trailer)、バイクトレーラー(: Bike trailer)とは、自転車の後方に連結し、荷物や子供を運搬する被牽引車のことである。車体の両側に2つの車輪あるものと、車体の後方に1輪があるものがある。

子供を乗せる物はチャイルドトレーラー(: Child trailer)やキッズトレーラー(: Kids trailer)と呼ばれる。自転車に幼児用座席を設けるよりも転倒リスクは少ないとされており、地域によっては、1~2人の子供を乗せたトレーラーをよく見かける。また、タンデム自転車の一種として「トレーラーバイク」と呼ばれる、子供が乗ってペダルで車輪を駆動するトレーラーも利用されている。

構造[編集]

二輪トレーラー(チャイルドトレーラー)
一輪トレーラー(トレーラーバイク)

自転車と同じ鋼管をフレームとして用い、子供用自転車と同等サイズの車輪を配置したものが多い。大きさ、重さ、デザイン面において、いわゆるリヤカーとは趣を異にするものが多い。

2輪のものは主に自転車の後輪軸左側に連結装置を取り付け、そこに回転可能な継ぎ手を接続し、自転車の転倒時にもトレーラーへの影響が少ない構造になっている。荷台は車輪の間で、重量の8~9割程度がトレーラーにかかる。積載性能では勝っている。ヨーロッパ製が多いが、中国製もある。切り離し時には3輪ベビーカーになるものもある。

1輪のものは主に自転車の荷台かサドルポストに連結装置を取り付ける。上下運動を受け持つ部分はハブ付近にあり、左右曲がりを受け持つ部分は自転車後輪後方にある。この一体的な構造で転倒時には一緒に転倒するため、トレーラーバイクを除いて人員を乗せるものは見あたらない。荷台は自転車の後輪とトレーラー車輪の間で、重量の5割~6割がトレーラーにかかる。車輪両側に振り分ける荷台になっているもの、サスペンションを備えたものもある。

安全装備[編集]

  • トレーラーは自転車よりも高さが低いため、路上では自動車の陰に隠れてしまう。そのため、高く伸ばした3角形の旗をつけることが推奨されている。
  • 連結部分が外れた場合にコントロールを失わないために、ワイヤー等で結んでいる。
  • 自転車と同様、後部には反射器を設置している。
  • 子供を乗せるシートにはシートベルトがあり、風雨よけは標準装備である。
  • まれにブレーキを備えるものもある。

その他[編集]

自動車オートバイでは、牽引車両の運転免許やナンバープレートの取得が必要になるため、けん引は不可能である。原動機付自転車では、人を乗せなければ付随車として使用可能だが、最高速度は時速25kmに制限されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]