オートバイ用トレーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オートバイ用トレーラー(オートバイようトレーラー、Motorcycle trailer)はオートバイによって牽引されるトレーラーである。

概要[編集]

ホンダ・ゴールドウイングの牽引型トレーラー
「トゥクトゥク」と呼ばれる、オートバイけん引型トレーラーを利用したカンボジアのタクシー

オートバイで牽引するトレーラーは、4輪車で牽引するライトトレーラーと同様の構成であるが車体幅の狭いオートバイに合わせてトレッドを狭く小型に作られている。外観も牽引するオートバイに合わせてデザインされているものもある。用途は4輪車用のライトトレーラーと同様に、オートバイに積みきれない荷物を運搬するためのものや、駐車中に展開してテントとして使うものがある。かつては1輪のものも製造、販売されていたこともあり、チェコ共和国ヤワ・モーターズが製造していたPAVトレーラーや、ハンガリー共和国のMotorkuliが製造していた製品などがある。

英国ではオートバイで牽引するトレーラーに法的な基準が設けられていて、牽引するオートバイは排気量125cc以上で、車体に総重量を標示しなければならない。トレーラーは全幅が1m以下、オートバイの後車からトレーラーの後端までの距離は2.5m以下、トレーラーの積載重量は150kgまたは牽引車両の総重量の2/3を超えてはならない[1]

東南アジアをはじめとする発展途上国の多くでも、小型のオートバイでトレーラーを牽引する利用法が見られる。

日本の法規上の扱い[編集]

原動機付自転車は法規上は「自動車」として扱われず、他の車両を牽引することに対する規制も緩い。原動機付自転車で牽引される車両は道路運送車両法では「付随車」と定義されて、連結した状態で制動性能の基準を満たせば付随車にブレーキ装置を設けなくてもよい[2]。このほかにも、付随車には尾灯や制動灯などの保安部品を装備する必要がないことからリヤカーのような簡単な構造の車両を牽引することができる。ただし、都道府県の保安委員会によって制限を設けることができるため[3]、例えば神奈川県では交通のひんぱんな道路での運行は禁じられている[4]。車検は不要で税金も掛からない。

脚注[編集]

  1. ^ Fact Sheet: Trailers Drawn By Motor Cycles (PDF)”. en:Department for Transport (2007年4月). 2009年7月10日閲覧。
  2. ^ 道路運送車両の保安基準 第六十一条 第三項
  3. ^ 道路交通法 第六十条
  4. ^ 神奈川県道路交通法施行細則 第十条第二項

関連項目[編集]