電動アシスト自転車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
警視庁の電動アシスト自転車

電動アシスト自転車(でんどうアシストじてんしゃ)とは、電動機(モーター)により人力を補助する自転車。搭乗者がペダルをこがなければ走行しない。

モーターのみで自走可能な自転車は電動自転車を参照。

概要[編集]

イギリスのEAPC、Thompson Electric Euro Classic 2

自転車と原動機付自転車との中間的な車両で、ペダルを踏む力や回転数などをセンサーで検出し、搭載しているモーターによりペダルを踏む力を低減させる。1993年ヤマハ発動機が発売した「電動ハイブリッド自転車・ヤマハ・PAS(Power Assist System、パス)」が世界初とされる[1][2]

欧米ではPedelecEAPC(Electrically Assisted Pedal Cycle、「電気式ペダル補助自転車」の略)と呼ばれており、各国で独自の基準が定められている。最高速度が25km/h・最大出力が200-300Wの国が多いが、カナダでは20mph(32km/h)・500W。アメリカでは20mph(32km/h)・750Wとなっている(Electric bicycle laws)。

構造[編集]

前輪にハブモーターを備えた電動アシスト自転車タクシー、Velotaxi CityCruiser II

電源は廉価品ではニッケル水素電池(Ni-MH)、高級品ではリチウムイオン二次電池(Li-ion)が採用されることが多い。機種によっては回生ブレーキを備え、減速時にはモーターを発電機にしてバッテリーの充電を行う。バッテリーはフレームの前後や後部の荷台に設置することが多い。

モーターはボトムブラケット付近に搭載してペダルと共にチェーンを駆動するものの他、前輪や後輪にハブモーターを組み込むものがある。

車体形状は軽快車シティサイクルが一般的だが、折り畳み自転車クロスバイクリカンベント等、様々な車種に対応した機種も登場している。モーター無しと比較した場合、8kg程の重量増となっている。

特殊な用途では、ケイリンにおいて先頭誘導(周回中の風除け)を行うトラックレーサー(ペーサー)も存在する。公道用ではない為に法律上の制約は無く、時速60kmまで補助が行われる[3]

各国の電動アシスト自転車[編集]

日本[編集]

日本で一般的な形態の電動アシスト自転車、ナショナル・ViVi

道路交通法では「人の力を補うため原動機を用いる自転車」あるいは「駆動補助機付自転車」と呼称される[3]

道路交通法で定められた基準を満たせば「自転車」として扱われる事となり[4]原動機付自転車では必須の運転免許ヘルメットの着用および自賠責保険への加入が不要となる。普通自転車としての基準も満たせば車道路側帯以外にも、自転車通行可の標識がある歩道を通行することができる。また、自転車通行可の標識のない歩道でも、車道が危険な状況であれば、歩道の車道寄りを、歩行者優先で通ることができる。

人力と電力補助の比率は最大1対2(10km/h以下)。10km/hから24km/hまで徐々に比率が下がり、24km/hで補助は無くなる[5]。最大出力は規定されていない。

当初この補助比率は最大1対1(15km/h以下)だったが、2008年12月1日より引き上げられ[6]、低速度で坂道を登る際により楽になった。この法改正の背景には国民以外にも、自転車タクシーとして使う自治体の要望も寄せられていた[7]

2013年秋に、ヤマハ発動機から物流用途を対象としたリヤカー付電動アシスト自転車PAS GEAR CARGOの発売が発表されていたが、2014年2月26日に、産業競争力強化法の「企業実証特例制度」により物流用途のみリヤカー付電動アシスト自転車のアシスト力を、踏力の3倍まで可能とする法令上の特例措置を4月下旬頃を目途として創設する、というリリースが経産省から出された[8]

中国[編集]

中国ではアシスト自転車に関する規定がない代わりに、最高時速20km以下などの条件を満たせば、アシスト方式ではない電動自転車でも自転車扱いを受ける事ができる。

韓国[編集]

2011年現在、電動アシスト自転車の認知度は低く、自転車市場の1%未満にとどまる。2006年以前は中国製製品が、それ以降はヤマハ(日本からPASを輸入)のほか国内メーカーのサムヒョンが参入。2010年には中小メーカーを含めて20社程度に増加している[9]

欧州[編集]

コール・ア・バイクで使われているドイツのペデレク

欧州全体のEAPC需要の多くをドイツとオランダが占めている。EUの規定でモーター出力は250W以下、補助は25km/hまで行われる[10]

ドイツ[編集]

2005年に2万台だった年間販売台数は2010年に20万台に達する見込みであり普及が進みつつある[11][出典無効]

注意点[編集]

  • 電動機によって加速が増すため、片足だけでペダルを蹴る「けんけん乗り」をすると意図せぬ急発進をしたり、滑りやすい路面でペダルを強くこぐと後輪が簡単にスリップする事がある。
  • 日本の基準に適合しない輸入車は日本の法規上自転車扱いはされないので、公道で走らせる場合には保安部品を装備した上で原動機付自転車又は自動二輪車としての登録等が必要となる。

日本の主なメーカー[編集]

かつてのメーカー

脚注[編集]

関連項目[編集]