誰が電気自動車を殺したか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
誰が電気自動車を殺したか?
Who Killed the Electric Car?
監督 クリス・ペイン
脚本 クリス・ペイン
製作総指揮 ディーン・デヴリン
リチャード・D・タイタス
タヴィン・マリン・タイタス
ナレーター マーティン・シーン
音楽 マイケル・ブルック
撮影 サディウス・ウォドレー
編集 マイケル・コバレンコ
クリス・A・ピーターソン
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年6月28日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,000,000
テンプレートを表示

誰が電気自動車を殺したか?』(だれがでんきじどうしゃをころしたか、原題: Who Killed the Electric Car?)は、2006年ドキュメンタリー映画である。

1990年前半に米国で発売された、GM電気自動車EV1を取り上げている。

概要[編集]

過去、大きな注目を集めた電気自動車。カリフォルニア州は、1996年から電気自動車の導入政策を始めたのだが、ある時期から電気自動車が街、市場から消えてしまった。果たして誰かの陰謀なのか?

1990年、カリフォルニア州en:California Air Resources Board(作中では「カリフォルニア大気資源局」と訳されている)のZEV規制(Zero-Emission Vehicle regulations)を受けて、GMは電気自動車EV1 650台を一般向けにリース販売を行ったが、ある日異変が起こる。そしてそれはGMに限った話ではなかった。同時期に電気自動車を世に出したフォードトヨタホンダも・・・。

2008年8月20日日本版DVD発売。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]