アウディ・A8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウディ A8 (D4)

A8は、ドイツの自動車メーカーアウディが製造する高級乗用車である。この本稿では日本仕様車を中心に取り上げる。

概要[編集]

1988年に登場したアウディ・V8の後継モデルとして1994年にデビューした。名前の示すとおりアウディのフラグシップモデルで、Fセグメント(全長5m以上のラージクラス)に属している。駆動方式は一時期はFFモデルもあったが、現在はクワトロシステムフルタイム(4WD)のみ。日本へは1995年から導入している。

最大の特徴は、オールアルミニウムボディ車であることである。ASF(アウディスペースフレーム)コンセプトの下、オールアルミ製のスペースフレームにアルミパネルを架装するという設計で、全長5mの大柄な車体が軽量化され、走りの良さと省燃費を生み出している。

また、ハイパフォーマンスモデルとして、「S」の名を冠した「S8」がある。 麻生太郎元首相の個人使用の車としても知られている。

歴史[編集]

初代(1994年-2004年)D2系[編集]

アウディ・A8(初代)
D2系
前期型
A8 white.jpg
後期型
Audi A8 I 4.2 quattro Facelift front 20101002.jpg
販売期間 1994年 - 2004年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
変速機 5速MT
6速MT
5速AT
4速AT
駆動方式 4WD
全長 標準仕様:5,034mm
ロング仕様:5,164mm
全幅 1,880mm
全高 1,438mm
ホイールベース 標準仕様:2,882mm
ロング仕様:3,010mm
先代 アウディ・V8
-自動車のスペック表-
  • 1995年 - フォルクスワーゲン・アウディ日本(VAN)より発売。グレードは「4.2クワトロ」の1グレード。後のA4と共通のやわらかな曲線で構成されたボディが特徴。エンジンは先代(V8)後期型の4.2Lエンジンを改良し、20馬力アップの300馬力を達成。ティプトロニック(マニュアルモード)付の4速ATを備える。
  • 1997年 - 3.7LのFFモデルを追加。変速機が5速ATに変わり、サイドエアバッグが標準装備となる。
  • 1999年 - マイナーチェンジ。3.7L FF車の廃止、4.2Lはエンジンを5バルブ化し、出力が310馬力に向上。外装ではバンパーのデザインが変更となり、フォグライトがヘッドライトからバンパーへ移動し、タイヤが16インチから17インチへサイズアップした。また、クロームモールを配し高級感が上がっている。
  • 2001年 - S8発売。4.2Lエンジンをベースとしながら360馬力を発生する。

初代モデルにもロングホイールベース車が存在するが、日本市場には投入されていない。 2001年、本国で世界初のW型12気筒エンジンを搭載した市販車「6.0クワトロ」が発売される(こちらも日本へは輸入されなかった)。

ラインナップ(正規輸入車のみ)[編集]

グレード 製造期間 エンジン 排気量 最大出力 変速機 備考
4.2クワトロ 1995年-1999年 V型8気筒DOHC32バルブ 4,172cc 300馬力 ティプトロニック付4速AT 1997年から5速
3.7 1997年-1999年 3,696cc 230馬力 ティプトロニック付5速AT 右ハンドルのみ
4.2クワトロ 1999年-2003年 V型8気筒DOHC40バルブ 4,172cc 310馬力


2代目(2002年-2010年)D3系[編集]

アウディ・A8(2代目)
D3系
前期型
Audi A8 front 20080121.jpg
中期型
Audi A8 L W12 quattro (D3, 1. Facelift) – Frontansicht, 3. Juli 2011, Essen.jpg
後期型
Audi A8 L 3.0 TDI quattro D3 II. Facelift front 20100710.jpg
販売期間 2002年 -2010年
乗車定員 標準仕様:5人
ロング仕様:4人
ボディタイプ 4ドア セダン
変速機 6速MT
6速AT
駆動方式 4WD
全長 標準仕様:5,051mm
ロング仕様:5,181mm
全幅 1,894mm
全高 標準仕様:1,444mm
ロング仕様:1,455mm
ホイールベース 標準仕様:2,944mm
ロング仕様:3,074mm
車両重量 1,670–1,990kg
-自動車のスペック表-
  • 2003年10月16日 - 発売。「4.2クワトロ」の1グレード。デザインは先代のキープコンセプトであるが、エッジを立たせシャープな面持ちとなった。エンジンは先代後期型を熟成させ、パワーは335馬力に向上。新たに6速ATを採用している。
  • 2004年 - 3.7Lエンジン(280馬力)を搭載した「3.7クワトロ」およびロングホイールベース車の「4.2クワトロL」を追加。
  • 2005年 - マイナーチェンジ。シングルフレームグリルを新採用。6LのW12エンジン(450馬力)を搭載した「6.0クワトロ」および「6.0クワトロL」を追加。3.7Lエンジンは廃止され、V型6気筒直噴(FSI)エンジン(260馬力)の「3.2FSIクワトロ」が登場。
  • 2006年 - 4.2Lエンジンも新設計のFSIエンジン(350馬力)となり「4.2FSIクワトロ」、「4.2FSIクワトロL」となる。「6.0クワトロ」廃止。また、450馬力のV型10気筒エンジンを搭載したS8(2代目)が発売される。
  • 2008年 - 2度目のマイナーチェンジ。新型A4(B8モデル)と共通デザインのヘッドライトを採用。ヘッドランプ下に並んだ発光ダイオードは車幅灯である。その他グリルの意匠も新しくなり、12気筒モデルと6/8気筒モデルの差別化が図られた。

ラインナップ(正規輸入車のみ)[編集]

グレード 製造期間 エンジン 排気量 最大出力 変速機 駆動方式
L6.0 クワトロ 2005年3月- 2010年11月 BHT型W型12気筒DOHC 5,998cc 450仏馬力/59.1kg·m 6速AT クワトロ(フルタイム四輪駆動)
6.0 クワトロ 2005年3月-2006年6月
4.2FSIクワトロ
4.2FSIクワトロ
2006年8月- 2010年11月
2006年8月- 2010年11月
BVJ型V型8気筒DOHC 4,163cc 350仏馬力/44.9kg·m
4.2クワトロ
L4.2クワトロ
2003年10月-2006年6月
2004年9月-2006年6月
BFM型V型8気筒DOHC 4,172cc 335仏馬力/43.8kg·m
3.7クワトロ 2004年9月-2005年8月 BFL型V型8気筒DOHC 3,696cc 280仏馬力/36.7kg·m
3.2FSIクワトロ 2005年8月- 2010年11月 BPK型V型6気筒DOHC 3,122cc 260仏馬力/33.6kg·m


3代目(2010年-)D4系[編集]

アウディ・A8(3代目)
D4系
アウディ D4 A8 4.2 FSI クワトロ
Audi A8 D4 4.2 TDI quattro front 20100717.jpg
アウディ D4 A8 車内(日本仕様車)
Audi-A8-Japan.JPG
販売期間 2009年 -
乗車定員 標準仕様:5人
ロング仕様:4人
ボディタイプ 4ドア セダン
変速機 8速AT
7速DCT
7速DSG
駆動方式 4WD
全長 5,145mm
ロング仕様:5,275mm
全幅 1,950mm
全高 1,465mm
ホイールベース 標準仕様:2,990mm
ロング仕様:3,120mm
車両重量 1,835 kg
ハンドルの位置 右(3.0 TFSI クワトロ)
左/右(4.2 FSI クワトロ【ロングも含む】・L W12 クワトロ)
-自動車のスペック表-
  • 2009年後半 - 欧州で2010年モデルとして登場。『The Art of Progress』 (アート・オブ・プログレス:革新の美学)と呼ばれるコンセプトにて、エレガントなデザインと傑出したドライビング エクスペリエンスを提供している。エンジンはガソリン車はV型8気筒4.2L FSIとV型6気筒 3.0L TFSI、ディーゼル車はV型8気筒4.2LとV型6気筒3.0LのTDIのそれぞれ2種類を採用。W型12気筒エンジンは2010年に登場。ATも先代の6速から8速に変更された。
  • 2010年11月に日本でテレビでのディザーCMを放送。
    • 12月15日 - 日本にて発表。同日付で発売(納車は2011年2月以降)。日本仕様はガソリン車のみが導入され、ショートホイルベースは「3.0 TFSI クワトロ」と「4.2 FSI クワトロ」。ロングホイルベースは「L 4.2 FSI クワトロ」の3グレード。ハンドルは3.0は右のみ。4.2は左・右のいずれかが選択できる。全車に「MMIタッチ」と呼ばれる指先による手書き認証システムが搭載され、ナビゲーションをはじめHDDに収録された楽曲の検索が可能。アウディとして初めて「ナイトビジョンシステム」と呼ばれる夜間視界補助装置が「アウディプレセンスパッケージ」の一つとしてオプション設定された。
  • 2011年6月7日にW型12気筒6.3Lエンジンを搭載した「L W12クワトロ」を発表。同日付で販売された。先代のD3型では、ショートホイールベースとロングホイールベースの2種類があったが、今回からはロングホイールベースのみの導入となった。またD3型では初期の頃は左ハンドルのみで右ハンドルは後から追加されたが、D4型からは左右いずれかのハンドルを選択できるようになっている。
  • 2012年9月に4.2 FSI クワトロ/L 4.2 FSI クワトロがV8 4.2L FSIエンジンからS8に搭載されたものをデチューンした4L V8 TFSIエンジンに変更された。排気量こそ減っているものの最高出力は+48ps、最大トルクも+155N・mと大幅に向上している。

グレード一覧[編集]

Lはロングホイールベースモデルを表す(後席を130mm延長)。

現行グレード (日本国内正規導入のみ)[編集]

グレード 製造期間 エンジン 排気量 最大出力 変速機 駆動方式
L W12クワトロ 2011年6月- W型12気筒DOHC 6,298cc 500仏馬力/63.7kg·m 8速AT クワトロ(フルタイム四輪駆動)
4.2FSIクワトロ
L4.2FSIクワトロ
2010年12月-
2012年9月
V型8気筒DOHC 4,163cc 372仏馬力/45.4kg·m
4.0TFSIクワトロ
L4.0TFSIクワトロ
2012年9月- V型8気筒DOHC 3,992cc 420馬力/61.9kg·m
3.0TFSIクワトロ 2010年12月- V型6気筒DOHC 2,994ccスーパーチャージャー 290仏馬力/42.8kg·m


関連項目[編集]

外部リンク[編集]