フォルクスワーゲン・イオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルクスワーゲン・イオス
(前期型)
Vw eos 20061025.jpg
(後期型)
2012 Volkswagen Eos -- 04-01-2011 1.jpg
販売期間 2006年 -
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペカブリオレ
エンジン 2.0L 直4 ターボ 200仏馬力
3.2L V6 250仏馬力
変速機 6速セミAT(DSG)
駆動方式 FF
全長 4,410mm
全幅 1,790mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,575mm
車両重量 1,590-1,640kg
-自動車のスペック表-

イオスEos )は、フォルクスワーゲンの電動格納式ハードトップを採用する乗用車である。

概要[編集]

ガラスルーフを採用した4シーターオープンカー。いわゆるクーペカブリオレ形式である。そのルーフ部分はミニコンバーチブルと同様に頭上部分だけをスライドさせてサンルーフのように使うことも可能となっている。 通常、3分割が多いこの種のルーフだが、イオスは世界初の5分割とすることできめ細かい動作を可能とし、25秒での開閉を可能としている。世界初のこの独特のルーフシステムは、同じくオープンカーであるダイハツ・コペンにも関わった自動車部品メーカー・OASysによるものである。

ゴルフVが車体のベースであるが、外観は大幅にアレンジされ、ひと目見ただけでは別の車との印象さえ受ける。

そのキャラクターからゴルフIIIカブリオレの後継と思われがちだが、フォルクスワーゲン自身が「ゴルフIIIカブリオレの後継的意味合いはニュービートル・カブリオレであり、この車はゴルフとパサートの間に位置する新しいジャンルの車」と明言しているとおり、別コンセプトの車である。実際に中身は前半分がゴルフ、後半分がパサートのものを流用している。

製造開始は2005年末であったが、風きり音に関する問題が発生したことから、供給開始が遅延した。欧州では2006年春、北米では同年夏、日本では同年10月の発売となった。 製造は、ポルトガルパルメラ(Palmela)のVWオートヨーロッパ工場である。日本国内では2009年夏に発売を終了。

2010年にマイナーチェンジが行なわれ、フェイスリフトとしてゴルフVI風のグリルを採用した。

モデル[編集]

欧州では直列4気筒 1.6L DOHCと同2.0L、直列4気筒 2.0L TDIディーゼルも選べるが、日本仕様は直列4気筒 2.0L DOHC ターボエンジンを搭載した「2.0T」(438万円)とV型6気筒 3.2L DOHCエンジン搭載の「V6」(498万円)である。ともに駆動方式はFF、6速DSG、右ハンドルのみの設定。外板色は6色、内装色は3色が用意される。なお後期モデルは日本国内への導入を見送られている。

リコール情報・その他[編集]

自動変速機のクラッチ温度センサーにおいて、製造時の配線のかしめが不十分なものがあるため、エレクトロニックコントロールユニットに誤信号が送られ、当該変速機が油温異状していると誤診断することがある。そのため、メーター内シフト表示が点滅し、最悪の場合、フェールセーフ機能が働き、走行不能になるおそれがある。リコールにより無償修理可能。 [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]