マツダ・Cプラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マツダ・Cプラットフォームとは、マツダのミドルクラスの自動車用プラットフォームの名称である。このプラットフォームを用いる車両のVINコードは、先頭がCから始まる。マツダ・Gプラットフォームの派生で、日本の5ナンバー、すなわち車幅1700mmという制約に対応するためのプラットフォームである。

目次

CA[編集]

CAは、ユーノス500専用のプラットフォームである。

CB[編集]

CBは、マツダ・ランティス専用のプラットフォームである。

CG[編集]

CGは、3ナンバーに車幅を拡大した、マツダ・カペラ後継のマツダ・クロノスおよび姉妹車の日本での販売不調を受け、急遽5ナンバーのカペラを登場させるのに用いられたプラットフォームである。

CP[編集]

CPは、マツダ・プレマシー用のプラットフォームである。