マツダ・Hプラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マツダ・Hプラットフォームとは、マツダFR駆動の大型高級自動車プラットフォームの名称である。このプラットフォームを用いる車両のVINコードは、先頭がHから始まる。

マツダの車種には、他にもVINコードにHを採用した車両が存在するが、スズキよりOEM供給された車両で採用されているコードであり、マツダ開発のプラットフォームではない。

目次

HB[編集]

HBは、1981年以前は、LAと呼ばれていたプラットフォームである。マツダ・JCプラットフォームのベースとなった。

適用車種 :

HC[編集]

HCは、1986年に登場したプラットフォームで、HBの後継である。先代のHB利用車種のうち、ルーチェ、929のみがこのプラットフォームに移行した。マツダ・LVプラットフォームはこのプラットフォームを基に開発された。

適用車種 :

HD[編集]

HDは、1991年に登場したプラットフォームで、HCの後継である。ルーチェの後継車種であるセンティアや929、MS-9で用いられた。

適用車種 :

HE[編集]

HEは、1995年に登場したプラットフォームで、HDの後継である。929、MS-9は車種消滅していたため、適用車種は日本国内では1車種のみとなった。

適用車種 :