ライサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライサー(英語:ricer)とは、

  1. 自動車をより速くて高性能な車に見せるために行う改造のこと。また、そうした改造を行う人のことを指す隠語で、おもに軽蔑的な意味で使われる。比較的新しい言葉で、多くは米国で使用されている。本項目で詳述。
  2. ポテトライサー(potato ricer)。調理器具の一種。茹でたジャガイモをつぶして粒大の穴から押し出し、マッシュポテトを作る器具。

定義[編集]

現在のところライサーの定義に決まったものはないが、一般的には、以下のうち一つ以上を満たしている車や人のことを指す。

  • 必要以上に大径のホイールを装着している。(概して車両価格そのものよりも高価である)
  • 動力性能の向上にはほとんど繋がらない大径のマフラーを装着している。(ただ大音量を出すために装着している)
  • 車体後部に大きなスポイラー(GTウィング)を装着している。(空力性能の向上にはほとんど繋がっていない)
  • クリアタイプのテールレンズを装着している。
  • 多数のネオン管LEDによる照明を車内外に装着している。

輸入車(主に日本車)を改造することが多かったことから、米を指すriceからricerという言葉が生まれた。軽蔑的に使われている(英語版wikipeidaのricerを参照のこと)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]