ボルボ・XC60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XC60 T6 前期(北米仕様)
XC60 Rデザイン 後期(日本仕様)

ボルボXC60(-エックスシーロクジュウ、-エックスシーロクマル)はスウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズが製造・販売するSUVである。

概要[編集]

2007年1月のデトロイトショーで公開されたコンセプトカー“XC60コンセプト”をルーツとし、2008年3月のジュネーブショーで量産仕様が発表されたボルボ初のコンパクト・プレミアム・クロスオーバーである。外観デザインはC70を手がけたチーフデザイナーのフェディ・タルスマによるものである。欧州では同年秋に発売され、2009年末までに世界中で61,667台を販売し、ボルボの2009年度ベストセラーモデルとなる。生産はベルギーヘント工場。 日本においては2009年6月27日に受注を開始し、8月29日に発売を開始し、同年年末までに約500台を販売。 2010年2月「R-DESIGN」のコンセプトを導入した6番目のモデルとして各部に専用部品を装備した「T6 R-DESIGN」を追加。

初代(2008年-)[編集]

全長4,625mmx全幅1,890mmx全高1,715mmと比較的コンパクトなため、プラットフォームV50がベースのように見えるが、実はV70やそのSUV版のXC70がベースである。但し、ホイールベースはデザインバランスと運動性能を重視して2,775mmとなり、V70に比べると約40mm短縮されている。

同じSUVでもXC70がステーションワゴンベースであるのに対し、XC60は高めの全高とクーペとSUVを融合させたようなエクステリアを持つのが特徴である。 また、インテリアに関しても他シリーズでおなじみの「フリーフローティングセンタースタック」などボルボならではのスカンジナビアテイストを表現したデザインと、自然素材などの採用による上質さを特徴としている。

パワーユニットに関しては2.4L・直列5気筒ターボディーゼル(D5244T4)、(D5244T5)などディーゼルエンジン中心の設定だったが、当初日本仕様に選ばれたのは、3.0L・直列6気筒ターボエンジン(B6304T2)と電子制御式AWDを組み合わせた「T6 SE AWD」のみだった。のちに3.2L・直列6気筒ターボ(B6324S)や2.0L・直列5気筒ターボディーゼル(D5244T16)などが追加され、2010年半ばにはディーゼル5種、ガソリン2種まで増えている。また直6エンジンは2011年モデルから若干パワーアップが図られている。 さらに2010年8月に新開発の高効率2.0L直列4気筒GTDi直噴ターボエンジン(B4204T)かつFFの「T5 SE」が日本市場に追加された。日本仕様のトランスミッションはT6に6AT、T5には6速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わせる。

装備はプレミアムクロスオーバーを標榜するだけにかなり充実していて電動パノラマ・ガラスサンルーフやHDDナビゲーションシステム、本皮革パワーシートなどを採用。

安全面ではESPやフロント&サイドエアバッグなどの安全装備のほか、ボルボ独自のBLISなどが装備され、さらに市街地走行時や渋滞時などの低速走行時(時速30km/h以下)における追突事故を劇的に減少させる、日本初の低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム「シティセーフティ」が標準で装備されている。 このほかにも、パークアシストカメラやサイドビューカメラなど装備し、細かな部分にも安全性を徹底させている。

関連項目[編集]

リンク[編集]