Fallout シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Fallout シリーズ(フォールアウト シリーズ)は、ビデオゲームのシリーズ。Interplay傘下のブラックアイル・スタジオおよびベセスダ・ソフトワークスによって作られた、世紀末ロールプレイングゲームである。「Fallout」とは、放射性降下物を意味する。主に、22世紀から23世紀にかけての時期を舞台としており、そのレトロフューチャーな世界観は、冷戦時のテクノロジーの発展による希望と、核による破滅の隠された恐怖が入り混じった1950年代のアメリカに影響を受けている。

エレクトロニック・アーツが発売した、核戦争後の地球を舞台にした1988年のコンピューターRPG『Wasteland』にインスピレーションを受けている。ゲーム世界自体は異なるものの、背景にあるストーリーや住民、場所、登場人物には、この歴史的なゲームと多くの類似点が見られ、Wastelandの精神的な続編であるとも言われている。

Interplay がPCゲームとして1997年に『Fallout』を、翌1998年に『Fallout 2』を発売。その後経営破綻から資産の整理を行い、2007年にベセスダ・ソフトワークスにFalloutシリーズの知的財産権を売却。ベセスダは2008年に『Fallout 3』を WindowsXbox 360プレイステーション3 で発売し、続いてかつてのブラックアイル・スタジオ元社員が多く在籍するObsidian Entertainmentの開発で2010年に『Fallout: New Vegas』がリリースされた。Interplayは『Fallout Online』を製作中だったが、ベセスダとの訴訟に敗北し、すべての権利をベセスダに譲り渡した。

作品[編集]

Fallout 略史[編集]

20世紀[編集]

21世紀[編集]

  • 2044年 - ジョン・カレブ=ブラッドバートンによりヌカ・コーラが発明される。これは核戦争の数百年後にボトルキャップ貨幣として流通するほど一般的な飲料となった。
  • 2050年 - 化石燃料の枯渇により世界的エネルギー危機が発生する。
  • 2051年 - 米軍は、経済的利益と石油供給のため併合を目的としてメキシコに侵攻したが達成できなかった。
  • 2052年
  • 2053年12月 - 核テロリズムによりイスラエルテルアビブが壊滅する。
  • 2054年 - 米国は戦争や疫病の恐怖を背景として、Vaultと呼ばれるシェルターの建設計画を開始した。国民を守るのに必要な400,000基のうち、最終的に完成したのは122基のみであった。
  • 2060年 - 中東の油田の枯渇が進み、双方が戦略的目標を失ったため欧州・中東戦争が終結する。
  • 2066年 - 新たに発見された最後の原油資源を米国が独占開発していたアラスカ州中華人民共和国が侵攻する。この米中戦争と、欧州・中東戦争をあわせて資源戦争 (Resource Wars) と呼ばれる。
  • 2072年6月 - 米国は、アラスカの防衛とカナダの支援確保のためカナダ併合を宣言。
  • 2074年 - 米軍は、アラスカ戦線の中国軍を牽制するため中国本土に侵攻する。
  • 2076年2月 - 米国のカナダ併合が完成する。
  • 2077年
    • 1月 - 米軍が新兵器を投入してアンカレッジを解放したことなどにより、中国人民解放軍がアラスカから撤退。
    • 10月23日(土曜日) - 米国、中国とソ連をはじめとする全ての核保有国による核戦争が行われた (Great War)。このとき合衆国政府の一部はエンクレイヴとして保存される。この2時間の間に、人類のそれまでの全ての戦争を合わせた以上のエネルギーが費やされ、気候は激変し、山脈が再形成された。世界文明は壊滅し、戦争は終結した。
    • 10月30日 - 一週間降り続いた黒い雨が止む。大量の放射性降下物 (Fallout) が地表や大気に降り注いだことにより核爆発を生き残った動植物も急速に死滅した。
  • 2078年 - Vault 87の住人にFEV (Forced Evolutionary Virus) の投与実験が行われる。核戦争当日に遠足でリトルランプライト洞窟にいて生存した子供により町が設立され、満場一致でジェイソン・グラントが初代市長になる。

22世紀[編集]

  • 2150年までにブラザーフッド・オブ・スティール (BOS) が戦前の文明の集結地となっている。
  • 2161年12月5日 - Vault13のウォーターチップが故障。監督官は交換用のウォーターチップを見つけるため、Vaultの住人をウェイストランドへ送り出す。(Fallout 1)
  • 2186年
    • シェディ・サンドで新カリフォルニア共和国 (NCR) が成立。初代大統領はAradesh。
    • BOSがレイダーに支配されたバラモンウッドを開放するため、兵士を派遣。(Fallout Tactics: Brotherhood of Steel)

23世紀[編集]

  • 2208年 - BOS、テキサスへの遠征を開始(Fallout: Brotherhood of Steel)
  • 2220年 - エンクレイヴのディック・リチャードソンがアメリカ合衆国大統領に就任。
  • 2239年 - ホレス・ピンカートン率いる科学者チームが、難破した空母からミレルークを一掃する。4月25日、艦内で評議会が開かれリベットシティが設立される。
  • 2241年 - 選ばれし者、試験の神殿で試練を受ける。(Fallout 2)
  • 2242年
    • ディック・リチャードソンが死亡すると、ジョン・ヘンリー・エデンが新大統領を名乗り、エンクレイヴを西海岸から東海岸のレイヴンロックへ移動させた。この移動の指揮を執った科学者オータムから、その息子アウグストゥスだけにエデン大統領の秘密が受け継がれる。
    • ニューイングランドの連邦の研究所で2体のアンドロイド、アーミテージとA3-21が造られる。
  • 2247年 - シーザー・リージョンが誕生、リーダーのEdward Sallowは後にシーザーと呼ばれる。
  • 2255年 - BOSがペンタゴンの跡地を要塞とする。
  • 2258年7月13日 - 浄化プロジェクトの主任研究員ジェームズに子供が生まれ、研究員の妻キャサリンは出産時に死亡する。ジェームズはプロジェクトを放棄し、子供とともにVault 101に入る。
  • 2259年 - 浄化プロジェクトの研究員マディソン・リーがリベットシティに到着し、科学ラボの責任者をピンカートンから引き継ぐ。
  • 2271年 - NCRとモハビ・ウェイストランドのデザート・レンジャーとの間でレンジャー統一条約が結ばれる。
  • 2272年 - スリードッグがBOSの保護下でギャラクシー・ニュース・ラジオ (GNR) を再開。
  • 2273年 - アーロン・キンバルがNCR第五代大統領に就任。
  • 2274年 - NCRがフーバー・ダムを占領。その後、NCRとニュー・ベガスのMr.ハウスらとの間でニュー・ベガス条約が結ばれる。条約によりNCRはマッカラン空港と大使館を供与され、ニュー・ベガスはNCRの不干渉とフーバー・ダムの電力の5%を使用することが認められた。
  • 2277年
    • シーザーの軍団がフーバー・ダムに侵攻するがNCRの罠に遭い失敗する。
    • 8月17日 - ジェームズが浄化プロジェクトを復活させるためVault 101から脱出し、子供も後を追う。(Fallout 3)
  • 2281年10月19日 - モハビ・ウェイストランドの運び屋が頭を撃たれ荷物を奪われるが一命を取り留める。(Fallout: New Vegas)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • Wasteland - FalloutはWastelandの精神的続編を標榜して誕生した。
  • Wasteland 2 - Wastelandの続編、戦闘システムなどがよりInterplay時代のFalloutに近くなっている。
  • マッドマックス2 - レザージャケットやソードオフショットガン、スコープ付きマグナムなど多くのデザインのオマージュ元になっている。
  • 少年と犬 (映画) - Fallout、Fallout3に登場するドッグミートのオマージュ元、劇中で主人公が犬のブラッドを”ドッグミート”と揶揄する。