YakB-12.7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
YakB-12.7
ЯкБ-12,7
National Historic Museum Sofia Bojana outside 124.JPG
Mi-24の機首に装備されているYakB-12.7
YakB-12.7
ЯкБ-12,7
種類 ガトリング銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 KBP設計局英語版
仕様
口径 12.7mm
銃身長 970mm×4本
使用弾薬 12.7x108mm弾
作動方式 ガス圧駆動方式
全長 1.345m
重量 45kg(本体のみ)
発射速度 4,000-5,000発/分
銃口初速 810m/秒
有効射程 1.5km
歴史
製造期間 1977年-[1]
テンプレートを表示

YakB-12.7ロシア語: ЯкБ-12,7GRAUの識別コードは9-А-624)は、ソ連で開発された口径12.7x108mmの4銃身ガトリング式重機関銃である。

アメリカ製の12.7mmガトリング重機関銃GAU-19が外部からモーター駆動用の電源供給を必要とするのに対し、YaKB-12.7はガス圧作動方式により外部からの動力供給を必要とする事無く運用することが可能である。

GUV-8700(ГУВ-8700)ガンポッドに搭載(弾薬750発)されるほか、ソ連初の攻撃ヘリコプターであるMi-24「ハインド」中期型のMi-24D/Mi-24Vの機首下面のVSPU-24(ВСПУ-24)ターレットに搭載される。

ただし、Mi-24系列については、ロケット弾対戦車ミサイルを使うまでも無い軽装甲目標や非装甲目標に対する破壊力の不足が指摘されたため、後に登場したMi-24Pでは30mm口径のGSh-30Kを機首右側面部に固定装備したほか、さらに後に登場したMi-24VPでは23mm口径のGSh-23Lを機首下面のNPPU-23可動式ターレットに装備した。

また、Mi-24系列そのものの後継であるMi-28「ハヴォック」やKa-50/Ka-52「ホーカム」では、単砲身の2A42 30mm機関砲ロシア語版を搭載するようになっている。

出典[編集]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、YakB-12.7に関するカテゴリがあります。