M197機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M197機関砲
Gatling gun M197-uh1d20mm.jpg
運用史
配備期間 1967年-現在
配備先 アメリカ海兵隊
開発史
製造業者 ジェネラル・ダイナミクス
諸元
弾丸 20x102mm
口径 20mm
銃砲身 3
発射速度 730rpm

M197機関砲は、もともとアメリカ陸軍ガンシップによって運用するために開発された電動式三砲身ガトリング砲である。

概要[編集]

M197の開発は、ベトナム戦争中の1967年に始まった。このころ武装ヘリコプターの運用が本格的に開始され、自動火器で武装したガンシップには7.62mmのミニガンだけでは不十分であることが指摘されていた。M197はM61 バルカン砲身を6から3に減少させることによる軽量化版として開発された。射撃レートはM61バルカンの4分の1以下となるが、これは反動を大幅に低下させ、ヘリコプターや航空機に搭載するのにはかえって適した特長となった。弾丸はバルカンと共通のM50およびPGUシリーズを用いる。

M197が実戦配備されたのはAH-1 コブラの配備後であり、登場後すぐに機首下面のユニバーサルターレットに搭載された。また、海兵隊OV-10ブロンコCOIN機の胴体下面砲塔にも搭載されている。GPU-2/Aガンポッドのベースにもなり、これは当該機関砲電池、駆動モーター、そして300発のリンクレス弾薬が搭載されている。

コブラの場合、700発のベルトリンク弾薬が弾倉から供給され、給弾システム内の弾薬とあわせて750発の弾丸を携行する。発射レートは一分間に650発。射撃訓練では通常、30-50発のバースト射撃を行う。

M197は攻撃ヘリコプターAH-1W スーパーコブラ後期型においても使用され続けている。しかしながら、この機関砲の動作機構は論理的には非常に頼もしいが、当初は海兵隊のパイロットにより、高い頻度での廃莢不良が発生することが報告されていた(最大で30%以上にも及んだ)。海兵隊及びメーカーはこの問題に気づき、AH-1Z ヴァイパーではこの問題への対処を行い、AH-1Wでは問題をいくらか改善させた。その間、乗員にはジャムのリスクを最小化する訓練が行われた。

この兵器の現在の生産者はジェネラル・ダイナミクスである。

弾薬[編集]

名称 種類 弾丸重量 [g] 炸薬量 [g] 砲口初速 [m/s] 詳細
M53 徹甲焼夷弾(API)  ? 4.2g 燃焼剤[1] 1030 距離1,000m以内で垂直に着弾した場合RHA換算で6.3mmの貫徹能力を持つ[1]
M56A3/A4 焼夷榴弾(HEI) 102[2] 9g 高性能炸薬(RDX/wax/Al)および 1.5g 燃焼剤[2][1] 1030 先端部に信管曳光弾ではない。生身の人間への有効殺傷半径は2m[1]。破片は20m飛翔しても危険である[2]。距離100mからの垂直着弾でRHA換算12.5mmの貫徹能力[1]
M242 曳光焼夷榴弾(HEI-T)  ?  ?  ? M56シリーズの焼夷榴弾とよく似た弾薬だが、こちらは曳光弾である[1]
M246 曳光焼夷榴弾(HEI-T) 102[2] 8.0g 高性能炸薬[2]  ? 弾頭信管付き曳光弾。M168対空砲で用いられる。曳光弾として燃焼後2,3秒後にそれが溶け落ちることで炸裂する。
M940 多目的曳光弾-自爆機能付き(MPT-SD) 105[2] 9g A-4/RDX/wax[2] 1050 衝撃で先端の燃焼剤に点火され、そしてあと高性能炸薬に点火される。曳光弾が溶け落ちることで自爆する。518mからの垂直着弾ではRHA換算12.5mm、940mからの着弾角60°では6.3mm[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g "20-Millimeter at aircav.com, http://www.aircav.com/cobra/ammo20.html
  2. ^ a b c d e f g ORDATA: Ordnance Identification Tool, http://maic.jmu.edu/ordata

関連項目[編集]