F-11 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F-11 タイガー

F-11 タイガー

F-11 タイガー

F-11はグラマン社が製造した1950年代後半のアメリカ海軍艦上戦闘機である。愛称はタイガー(Tiger)。1962年に軍用機の呼称が陸海空軍で統一される前の機種記号はF11Fであった。

概要[編集]

F9F-6 クーガーは、後退翼の採用によってF9Fパンサーより速度性能を向上させた優秀な戦闘機であったが、当時の航空機の速度性能は年々向上しており、超音速機も早晩実用化するものと思われた。そのため、1952年4月にF9F-8として本格的な超音速戦闘機がアメリカ海軍より発注された。なお、1952年6月にはチャンスボートF8Uの契約も行われていることから、F8U開発の保険的な意味合いも大きかった。機体がF9Fとは全く異なるが、F9F-8の名称で開発開始されたのは、予算対策の目的に既存機の改修の形をとったためである。なお、開発途中でF9F-9に名称が変更されている。F9F-9は1954年7月に初飛行し、1955年4月にF11F-1の名称が与えられた。

チャンスボートF8U、マクダネルF4Hと海軍の主力機の座を争ったが、元々は軽量戦闘機であったはずが、開発の過程で改良を重ねるうちに重量が増加してしまい、それと非力なエンジン(ライトJ65-W-18 推力 3,380Kg)の組み合わせは、速度(1,210km/h)・加速・上昇性能において劣っていた。加えて全天候性能や多用途性能にも欠けていた。当時のアメリカ海軍はジェット戦闘機を純戦闘機として、レシプロ戦闘機を戦闘爆撃機として運用してきたが、さすがに50年代半ばを過ぎた当時はレシプロ戦闘機の性能は限界に達しており、ジェット戦闘機に戦闘爆撃機としても使用できる汎用性が求められるようになった。対抗機であったF8Uはある程度の汎用性を備えており、かつ全天候化にも対応可能(しかも全天候化によるノーズコーンの大型化がかえって性能向上に寄与した)であった[1]。そのためF-11の生産数は196機に止まった。

実戦部隊への配備も1957年から1961年までと短い。ただし、離着艦性能、操縦性、運動性においては非常に優れていたので、アメリカ海軍の曲技飛行隊ブルーエンジェルス」の使用機になった。初期生産型と機首部分を延長した後期生産型がある。

F11F-1は1962年のアメリカ三軍の軍用機呼称の統一に伴ってF-11Aと改称された。

性能向上型[編集]

ブルーエンジェルス(F11F-1)

前述の通り、F11Fは機体重量に比べてエンジンが非力だったのが弱点であった。これを改良し、エンジンをより強力なGE J-79(推力 4355Kg)に変えた性能向上型F11F-1Fスーパータイガーが開発された。最高速度 2,253Km/hを記録、さらには23,449mの世界高度記録を樹立したが、反面エンジンの大型化により燃料消費が増大したことで航続距離が減少し、さらに翼面荷重も高くなったことから離着陸性能も悪化し、海軍の興味をひかず採用にはいたらなかった。F11F-1Fは試作機2機の生産にとどまった。F11F-1Fは1962年にF-11Bと改称された。

そこでグラマンは、NATOや、F-86の後継戦闘機を選定していた日本航空自衛隊に、販売代理店の伊藤忠商事とともに売込をはかった。日本向の機体はグラマンの社内名でG.98J-11と呼ばれ、F11F-1Fの2号機を改造したデモンストレーター(G-98そのものではない)が製作され、その操縦性と安全性をセールスポイントとして、日本では採用が一旦内定した。しかし、だが、G-98の内定に対して「汚職の疑いがある」また「設計図だけの幽霊戦闘機」(実機がまだ製作されていなかった)との批判が起こり、関係者からの事情聴取や証人喚問にまで発展し、白紙化した(第1次FX問題)。

前述の通りF11F-1Fスーパータイガーはエンジンの換装によりさまざまな問題が生じたが、グラマンはこれを改良して自衛隊の要求に合わせるとしていた。しかしその場合の開発資金は当然日本一国で負担しなければならず、対立候補であったロッキードF-104と比べると、生産も運用も困難となることがすでに1957年の調査団の報告書でも指摘されていた。

源田実航空幕僚長を団長とする官民合同の調査団が再び訪米し、二ヵ月半にわたる調査の結果提出された報告書に基づく再選定の結果、結局F-104に敗れる事となった。

仕様(F11F-1/F-11A)[編集]

F-11F-1 3sd NAN9-73 PNG.png
  • 全長: 14.3 m
  • 翼巾: 9.6 m
  • 全高: 4.0 m
  • 翼面積: 23.2 m²
  • 空虚重量: 6,498 kg
  • 最大離陸重量: 10,919 kg
  • エンジン: ライトJ65-W-18 3,380Kg(AB 4,762Kg) ×1
  • 最大速度: 1,210 km/h
  • 航続距離: 2,053 km

各型[編集]

F9F-9
開発時名称。F9F-8より変更。
F11F-1
量産型。1962年以降、F-11Aに改称。200機製造。
F11F-P
写真偵察機型。85機製造計画もキャンセル。
F11F-1F
エンジン換装、性能向上型。2機製造。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レシプロ機時代においても、グラマン社のF8Fは汎用性の乏しさから短命に終わり,一方でチャンスボート社のF4Uはその汎用性の高さから1950年代まで生産が続き、奇しくも両社の戦闘機は同じ道を辿っている。

参考文献[編集]

  • 『世界の傑作機 No.8 グラマンF11Fタイガー』(文林堂、1988年) ISBN 4-89319-006-7