海上配備Xバンドレーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海上配備Xバンドレーダー

海上配備Xバンドレーダー (Sea-based X-band Radar, SBX) はアメリカ軍ミサイル防衛用に配備を進めているレーダーアメリカ合衆国本土へ飛来する弾道ミサイルの警戒・脅威評価を目的としている。

概要[編集]

アメリカミサイル防衛局によって運用が行われるものであり、ロシア製の石油プラットホームを基に、上部に装備したレドーム内に大型のXバンドフェーズドアレイレーダーを搭載したものである。全長116m、全幅73m、排水量は50,000tで、4基の電動式スラスタを使って自走航行も可能。 極東からの攻撃を警戒するために、アリューシャン列島アダック島を母港とし[1]アラスカ近海の北部太平洋に配備される。

小型の弾道ミサイル弾頭を探知・追尾するため、使用周波数は短波長で解像度が高いXバンドとされており、発信出力もメガワット級と大きい。推定探知距離は5,000km[2]

主契約者はボーイングで、レーダーの開発製造はレイセオンが担当している。2005年テキサス州で建造され、メキシコ湾で試験を行った。その後、艀に搭載され、2006年ホーン岬経由で太平洋に輸送された。2007年にはミサイル弾頭探知の試験に成功。その後も弾道ミサイル迎撃試験に参加している。2012年4月には北朝鮮からの弾道ミサイル発射に対応するため、ハワイより出動し太平洋上へ配置されたことが報じられた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 有元隆志「最強レーダー使用認めず 北ミサイルに米国防長官」産経新聞2009年4月17日付朝刊2面。
  2. ^ a b 北朝鮮の“ミサイル”、米は「追跡の用意完了」 2012年4月6日18時16分 読売オンライン

外部リンク[編集]