NASAMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NASAMS
Nasams.jpg
NASAMS の発射機
種類 中高度防空ミサイル・システム
原開発国 ノルウェーの旗 ノルウェー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1998年 - 現在
配備先 ノルウェーの旗 ノルウェー
スペインの旗 スペイン
オランダの旗 オランダ
フィンランドの旗 フィンランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
開発史
開発者 コングスベルグ および レイセオン
製造業者 コングスベルグ
諸元 (AIM-120C-5)
重量 161.5kg
全長 3.65m
翼幅 3.65m
弾体直径 0.178m

弾頭 高性能炸薬
炸薬量 20.5kg
信管 直撃、または近接信管

最大射程 25キロメートル (13 nmi)以上
速度 マッハ4
誘導方式 アクティブ・レーダー・ホーミング

NASAMS(Norwegian Advanced Surface to Air Missile System)は、ノルウェーアメリカが開発した中高度防空ミサイル・システム。NASAMSは世界初のAIM-120 AMRAAM空対空ミサイルを地上発射化したシステムであり、分散・ネットワーク化されているとともに、西側諸国で初めてアクティブ・レーダー・ホーミングを用いた地上発射ミサイルシステムでもある。ミサイル本体の名称はSL-AMRAAM (Surfaced Launched AMRAAM)。

開発[編集]

ノルウェーの企業Kongsberg Defence & Aerospace(KDA)社がレイセオンと開発チームを編成し、ノルウェー軍と協力して開発が開始された。最先端のネットワーク中心対空防衛システムであるNASAMSは1998年に正式に実戦配備されたが、初期型は早ければ1995年には配備可能だったとされる。

1990年代後半までNorwegian Solution(NORSOL)としても知られるノルウェー軍の対空防衛策は3種類の兵器システムより構成されていた。それぞれボフォース 40mm機関砲(エリコンFCS2000ドップラー・レーダーでの管制)、ビームライディング式の RBS 70 MANPADSシステム、そしてNASAMSである。これらシステムはすべて有線・無線通信を経由してARCSを用い統合されている。ARCSは上層部との情報伝達を保ち、また友軍航空機への同士討ちを防ぐ。NASAMSの性能は分散性とネットワークにより強化されている。

ノルウェー空軍とKDIはNASAMS2と呼ばれる中期アップデートを施した。このバージョンは2006年にノルウェー空軍への最初の引渡しが行われた。両者の大きな違いは地上レーダーの強化だけではなくリンク 16を用いることができるようになったことであり、2007年に実戦配備された。NASAMSを輸入したスペインオランダもシステムを購入した。2009年4月には、フィンランド9K37(SA-11 Gadfly)を代替する次世代中射程防空システムとして採用した。

詳細[編集]

このシステムはアメリカAN/MPQ-64(en) 3次元レーダーとFire Distribution Center(FDC)と呼ばれるノルウェー製BMC4Iシステムを備えたAMRAAMを統制する。FDCはTPQ-36Aと共に"Acquisition Radar and Control System" (ARCS)を形成している。このミサイルは25km以上の射程を持つ。

ホワイトハウスの防衛[編集]

2006年、ノルウェーの雑誌Okonomisk Rapportは大統領就任式の期間中に数基のNASAMSがワシントンD.C.上空の防衛に用いられていたと発表した。このレポートによればホワイトハウスを防護していたとされる。アメリカ大統領防衛の特殊任務についていたと、この雑誌は報じている。KDAのTore Sannes氏はコメントしなかったが、一方でレイセオンやアメリカ空軍とこの兵器に関して契約していたとも認めた。

Okonomisk Rapportの発表が行われた2006年3月から1年後、ノルウェー空軍の公式ホームページでこのことがより詳しく事実だと認める記事が掲載された。三機のNASAMS発射機がアンドルーズ空軍基地、フォートベルボア、海軍対地戦センターのカーデロック師団に配備されているのがGoogle Earthではっきりと確認できる。

参考文献[編集]