F9C (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F9C

F9C

F9C

F9Cアメリカ合衆国カーチスが開発した戦闘機。1930年代のアメリカ海軍向けの複葉戦闘機である。愛称はスパローホーク(Sparrowhawk)。アメリカ海軍の飛行船USS アクロン(ZRS-4)とアクロンと同型のUSS メイコン(ZRS-5)に搭載されるために使われた。なお、スパローホークとは猛禽類ハイタカのことである。

概要[編集]

スパローホークは全長が6m、全幅が7mと小型であったため、大型飛行船に搭載するのに適していた。パイロットたちにトラピーズ("the flying trapeze" 空中ブランコの意)と呼ばれた係留装置によって、上翼の上に取り付けられたフックで吊るされて使用された。その特殊な運用方法のため、車輪などの降着装置を一切装備していない機体も存在した。通常は飛行船内に収納され、飛行する場合は、トラピーズを使って飛行船から離脱させた。フックはパイロットによって簡単にはずすことができた。アクロンの最大収容機数は計5機である。

1930年6月に小型艦上戦闘機XF9C-1として発注が行なわれた。これは1931年3月に海軍が受領し、アクロンの就航から試験が始められた。1932年9月までに6機の量産型の生産がなされた。1933年にメイコンが就航した直後にアクロンが事故で失われた。1935年2月にメイコンも失われ、F9Cも同時に4機が失われている。実用的な作戦に使われることなく計画は中止された。残存機は1機が1937年まで、もう1機は1940年まで海軍の管轄下にあった。現在、1機が国立航空宇宙博物館に保存・展示されている。

USS-Maconと2機の Curtiss F9C Sparrowhawk

各型[編集]

  • XF9C-1:試作機。1機製造。
  • XF9C-2:試作機。1機製造。
  • F9C-2:量産型。6機製造。

要目(F9C-2)[編集]

仕様[編集]

  • 乗員 1名
  • 全長: 21 ft 1 in (6.27 m)
  • 全巾: 25 ft 6 in (7.75 m)
  • 全高: 10 ft 11 in (3.34 m)
  • 翼面積: 185 ft2 (16.1 m2 )
  • 自重: 2,114 lb (961 kg)
  • 全備重量: 2,776 lb (1,262 kg)
  • エンジン: 1x ライト R-975-22 星型空冷 415 hp (310 kW)

性能[編集]

  • 最大速度: 176 mph (283 km/h)
  • 航続距離: 297 miles (475 km)
  • 最高到達高度: 19,200 ft (5,853 m)
  • 上昇率: 1,690 ft/min (515 m/min)
  • 翼面荷重: 15 lb/ft2 (78 kg/m2)
  • 出力・重量比: 0.15 hp/lb (0.24 kW/kg)

武装[編集]

2x 7.62mm機銃

外部リンク[編集]

関連項目[編集]