F5D (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Douglas F5D Skylancer
ダグラス F5D スカイランサー
ダグラス F5D スカイランサー(NASAでのダイナソア計画における訓練時のもの)
概要
分類 艦上戦闘機
乗員 1
初飛行 1956年
製造 ダグラス社
寸法
全長 53 ft 9.75 in 16.4 m
全幅 33 ft 6 in 10.2 m
全高 14 ft 10 in 4.5 m
翼面積 557 ft² 52 m²
重量
空虚時 17,444 lb 7,912 kg
満載時 24,445 lb 11,088 kg
最大離陸重量 28,072 lb 12,733 kg
機関
エンジン Pratt & Whitney J57-P-8 ターボジェット 1基
推力 10,200 lbf
16,000 lbf アフターバーナー
45 kN
71 kN アフターバーナー時
性能
最大速度 990 mph 1,590 km/h
戦闘半径 1335 miles 2,148 km
フェリー航続距離 miles km
実用上昇限度 57,500 ft 17,500 m
上昇率 20,730 ft/min 6,320 m/min
機器
レーダー X-24A
武装
機銃 4 × 20 mm 機関砲
ミサイル 4 × AIM-9 サイドワインダー or
2 × AIM-7 スパロー
ロケット 72 &times 2 in (51 mm) ロケット

F5Dアメリカ海軍向けの試作戦闘機。開発はアメリカ合衆国ダグラス社が行なっており、愛称はスカイランサー(: Skylancer)。F4Dスカイレイ戦闘機の改良型であったが、制式採用には至らなかった。

概要[編集]

F4D-1戦闘機は、高速性能が優秀であったものの、全天候性能や航続性に欠けていた。そのため、1953年に改良型として、F4D-1を大型化したF4D-2Nがダグラス社より提案され、開発が開始されることとなった。名称は間もなくXF5D-1に変更となった。

基本的な外形はF4Dと同じく、丸みを帯びたデルタ翼を持つ機体であるが、機体は大型化され、各所が改良されている。全長が3m近く大きくなっているほか、エリアルールの採用や、主翼厚の減少、垂直尾翼の拡大などが行われている。キャノピーや機首形状もより鋭角的になった。その他、搭載ミサイル数の増大、燃料容量の拡大に伴う航続距離の延伸、新型レーダーやFCSの搭載も行われている。エンジンはF4D-1と同じくP&W J57-P-8ターボジェットエンジンを搭載したが、量産型ではP&W J57-P-14エンジンの搭載が予定され、より強力なGE J79エンジンを搭載する計画もあった。

1956年4月21日に初飛行し、超音速飛行を行った。初飛行以前に、試作機2機のほか、先行量産型9機・量産型51機の発注が行われたが、試作機2機と先行量産型2機が完成したところで、F-8の採用により、開発はキャンセルされた。

F5Dはその後、アメリカ航空宇宙局(NASA)での試験に供されることとなった。NASAは機体を1961年までに取得し、2機が飛行試験に使われた。超音速輸送機の開発・研究に用いたほか、飛行特性が似ていたことからX-20(ダイナソア)計画の訓練にも用いられた。1963年のダイナソア計画の中止後も、これらはシミュレーターやチェイス機など各種用途に1970年頃まで使われた。ニール・アームストロングがダイナソア計画中に搭乗したことがあることから、現在は1機がニール・アームストロング航空宇宙博物館に展示されている。

参考文献[編集]

  • アメリカ海軍機 1946-2000 増補改訂版 ミリタリーエアクラフト’01年2月号別冊 デルタ出版

外部リンク[編集]