ハイタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイタカ
Sparrowhawk-Male.JPG
ハイタカ Accipiter nisus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg 準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト
Status jenv NT.png
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: ハイタカ属 Accipiter
: ハイタカ A. nisus
学名
Accipiter nisus (Linnaeus, 1758)
和名
ハイタカ
英名
Sparrowhawk

ハイタカ(鷂、Accipiter nisus)は、タカ目タカ科ハイタカ属に分類される猛禽類。ハイタカ属の模式種

分布[編集]

ユーラシア大陸温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布している。 日本では、多くは本州以北に留鳥として分布しているが、一部は冬期に暖地に移動する。

形態[編集]

全長はオス約32cm、メス約39cm。オスは背面が灰色で、腹面には栗褐色の横じまがある。メスは背面が灰褐色で、腹面の横じまが細かい。

名前[編集]

「疾き鷹」が語源であり、それが転じて「ハイタカ」となった。かつては「はしたか」とも呼ばれていた[1]。元来ハイタカとは、ハイタカのメスのことを指す名前で、メスとは体色が異なるオスはコノリと呼ばれた。『大言海』によれば、コノリの語源は「小鳥ニ乗リ懸クル意」であるという。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
コウノトリ目 Ciconiiformes
タカ小目 Accipitrida
タカ科 Accipitridae
タカ亜科 Accipitrinae

生態[編集]

低地から亜高山帯にかけての森林や都市部に生息する。樹上に木の枝を束ねたお椀状の巣を作る。

食性は動物食で、鳥類や昆虫類などを空中または地上で捕食する。

繁殖形態は卵生で、1回に4-5個の卵を産む。

人間との関係[編集]

オオタカと共に鷹狩に用いられた。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安部直哉「野鳥の名前」(山と渓谷社)255ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ハイタカ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類