言海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大言海から転送)
移動: 案内検索

言海(げんかい)は、国語学者大槻文彦明治期に編纂した国語辞典日本初の近代的国語辞典とされる。

成立[編集]

1875年明治8年)、当時文部省報告課に勤務していた大槻文彦が、報告課長の西村茂樹に国語辞典の編纂を命ぜられ、編纂を開始した。国の辞書があるということは、その国を近代国家として認めさせる手段の一つだったため、当時のイギリスフランスアメリカドイツなどでは、国語辞典作りが盛んに行われていた。明治政府は「日本が近代国家の仲間入りをするためには、日本語という国語を統一する必要があるから、我が国にも国語辞典が必要だ」と考えたのである。

1882年(明治15年)に初稿を成立させたが校閲に4年をかけ、完成したのは1886年(明治19年)である。元々は文部省自体から刊行される予定であったが、予算が無いため出版が立ち消えそうになり、結局1891年(明治24年)に自費出版することになった。

最初は四六倍判の四分冊として出版され、その後一冊本や上下に分かれた二冊本、判型が異なった小型や中型のものが刊行されていった。大槻の没後に、大幅に改訂がなされた『大言海』も発刊された。

内容[編集]

言海は五十音引きの国語辞書であり、文語で記されている。収録されている語数は39103語で、固有名詞などは扱っていない。本編の辞書部分の他に漢文で書かれた「言海序」、西洋文法を参考に日本語を体系化した「語法指南」、索引の仕方を書いた「索引指南」なども載っている。

大言海[編集]

言海の改訂増補版。晩年の大槻文彦自身が、改訂作業に務めたが、事半ばにして1928年昭和3年)に没したため、兄の大槻如電らが引き継いだ。如電没後の1932年(昭和7年)より冨山房で刊行された(1937年(昭和12年)に全4巻・索引で完結)。なお、冨山房では、一冊本『新編 大言海』(1982年(昭和57年))を含め度々新版刊行されている。

刊行年譜[編集]

外部リンク[編集]