デュドネ・コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デュドネ・コスト(Dieudonne Costes、1892年11月14日-1973年5月18日)はフランスパイロットである。第一次世界大戦で6機を撃墜しエースパイロットになる。第1次大戦後、いろいろな飛行記録で、航空史に名前を残している。

主な飛行記録[編集]

  • 1929年7月13日 パリ-ニューヨーク大西洋逆横断に挑戦。14時間後に断念
  • 1929年9月27日 51時間19分、7,905kmの世界長距離記録の新記録を樹立
  • 1930年9月1日 モーリス・ベロントとパリ-ニューヨーク大西洋逆横断に成功した。ブレゲー19改『ポワン・タンテロガシオン(疑問符)号』でパリのル・ブルジェ飛行場からニューヨークのカーチス飛行場までを37時間18分で飛行した。