ジョセフ・ルブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1931年撮影。中央の人物がルブリ

ジョセフ・ルブリ(Joseph Le Brix、1899年2月22日 - 1931年9月12日)はフランスのパイロットである。デュドネ・コストと南大西洋(セネガル、ブラジル間)の初の無着陸横断飛行を達成した他、多くの、長距離飛行の記録を残した。パリ- 東京間の飛行の途中で事故死した。

モリビアン県のBadenで生まれた。1927年10月15日、『ナンジェセール・エ・コリ号』(ブレゲー 19)の航法士としてパイロットのデュドネ・コストとともに、南大西洋の初の無着陸横断飛行に成功した。

1931年にマルセル・ドレがパイロットを務める長距離記録機ドボワチーヌ D.33の航法士となり、周回コースの長距離飛行記録を樹立した。1931年6月初めて1万kmを越える飛行を行った乗組員の一人である。1931年7月、パリから東京までの飛行に挑戦するが、バイカル湖手前でエンジントラブルで不時着した。9月に再び挑戦したパリ- 東京間飛行の途中ウラル山中で機体は墜落し、パイロットのドレは、パラシュートで脱出できたが、ルブリと、機関士のメスマンは死亡した。

ドボワチーヌ D.33と長距離記録を争った、ブレリオ 110に名付けられた。

外部リンク[編集]