モーリス・ベロント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・ベロント(Maurice Bellonte、1896年10月25日 - 1984年1月14日)はフランスの飛行士である。1930年、デュドネ・コストとともにパリからニューヨークまでの大西洋無着陸逆横断飛行に成功した、『ポワン・タンテロガシオン』号の航法士を務めた。

メリュに生まれた。父親はエンジニアで、幼い頃から機械に興味を持っていた。パリ、ロンドン間の航路で、機関士、航法士としての経験を積んだ。1923年にパイロットのデュドネ・コストと出会い、多くの飛行をともに行った。1929年7月のパリからニューヨークへの最初の飛行には失敗したが、1929年9月にはパリから満州までの7925kmの長距離飛行の記録を樹立した。1930年9月1日、偏西風に抗して東から西方向に北大西洋を横断し、パリのル・ブルジェ飛行場からニューヨークのカーチス飛行場までを、ブレゲー19改『ポワン・タンテロガシオン』号(疑問符号)で37時間18分で飛行した。

1977年、超音速旅客機コンコルドのパリからニューヨークへの初飛行に招待され、3時間30分で大西洋を横断した。この年著書"Le Premier Paris New York Costes Et Bellonte "を出版した。

外部リンク[編集]