セグウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボットミュージアム in 名古屋にて展示されているセグウェイHT
ザールブリュッケンの警察官が運用試験中のセグウェイPT

セグウェイ(Segway® Personal Transporter, PT)とは、アメリカの発明家ディーン・ケーメンを中心に開発され、Segway Inc. から発売されている電動立ち乗り二輪車。初期モデル (HT) 開発時のコードネームはジンジャー (Ginger)。

概略[編集]

平行二輪車の技術はケーメンが「フレッド」の名で開発していた高機能車椅子iBOT (:en) から派生したもので、アメリカでiBOTの認可が中々下りないためにセグウェイの販売を先行したとされる。 

2001年12月の発表以前は、その実体は極秘とされていた。その上で実物を見たビル・ゲイツスティーブ・ジョブズジェフ・ベゾスといったIT界の著名人達が「人間の移動形態を変える革命的な製品」と絶賛したため、正体不明の「ジンジャー」に対する米マスコミの期待は過熱し、ケーメンの持つ特許から実態も浮かんでいながらも、「空中に浮かぶスケートボード」「タイムマシン」といった過大な予想まで生まれていた。

発売後は、1台約60万円(米Amazonで5,000ドルで発売)という高価格がネックとなり販売は低迷した。当初、米国で100万台を販売した後の世界進出が目標とされていたが、3年間の販売数は約6,000台に留まった。発売当時は、ガソリンを使わずにクリーンエネルギーによるトランスポーテーションとして、「環境にやさしい近距離圏の車」のような売り込みをされたが、最高時速19キロでは車両としては遅すぎるし小さすぎる、歩行の代わりとしては自転車があるといった矛盾が指摘された。最も大きな見誤りは、肥満社会問題化する米国でこのような高価格の製品を購入できる人々は健康維持のために毎日の歩行ジョギングを重視しており、ターゲット層を誤ったとする分析がなされている[1]

セグウェイでパトロールするニューヨーク警察官

発売後、アメリカの一部の地域の警察郵便局に無料で貸し出された後、機動力やコミュニケーション能力の高さが評価されて各地の警察や民間警備会社などで正式に導入された。歩道での走行を禁じているサンフランシスコ等、セグウェイの公道利用を認めていない自治体も一部あるものの、多くの州で歩道や自転車道の走行が可能となっている。

ブッシュ米大統領(当時)も購入し、父親のブッシュ元大統領にも誕生日プレゼントとしてセグウェイを贈った。その大統領が休暇中、電源投入後で起動準備中のセグウェイに搭乗しようとして転びそうになる[1]。その場面がテレビで放映された事でセグウェイの製品イメージが悪化し、売上を落とす一因となった[2]。大統領は2005年11月16日の日米首脳会談でもセグウェイを日本小泉首相(当時)にプレゼントし、翌12月には官邸をセグウェイで走る首相の様子が報道された[2]

2006年9月には転倒の危険性を伴うソフトウェアの不具合が発見された事により、新機種のi2を含むそれまでに販売された全車両に対するリコールが行われている[3]。日本で2006年10月から総代理店が販売しているものについては該当しない。

アメリカ航空宇宙局で開発中の宇宙用ロボット(en:Robonaut)では、国防高等研究計画局の協力でセグウェイを応用した移動も研究されている[3]

アメリカでは身体障害者の移動手段にも利用されているが、アメリカ食品医薬品局から車椅子として認可されていない事を理由に、ディズニーワールドではセグウェイの乗り入れを禁止している[4]。その解除を求めた3名が2007年11月に訴訟を起こし、セグウェイ社もディズニーに対する異議を唱えたが[5]、2009年10月にオーランド地方裁判所は原告の訴えを棄却した[6]。 但し、持ち込みは禁止であるものの来園者向けのアトラクションとしてセグウェイツアーを提供している。

2009年12月、セグウェイ社はイギリス資産家であるジミー・ヘセルデンに買収された。

2010年9月、セグウェイ社オーナーのヘセルデンは、自宅があるウェスト・ヨークシャー州ボストンスパの森でx2を運転中、林道から約9メートル下のホウォーフ川に転落し、死亡した[2][4]

構造[編集]

二色二種類のSegway PT

平行に配置された2つの車輪、その間にわたされたプレート、プレートからは上部がハンドルとなったポールが伸びており、搭乗者は上部のカバーによって保護された車輪の間のプレートに立って操縦する。車輪はそれぞれが電動サーボモーターで駆動され、その電力は本体底部に搭載されたバッテリから供給される。バッテリは家庭用電源から充電される。内部のジャイロセンサーエンコーダーによる姿勢情報等に基づいてマイクロコンピュータがモーターを制御する。

左右2輪の車輪だけで前後の支えがないため一見不安定に見えるが、シリコン・センシング・システムズ社(SSS)製の加速度センサが内蔵された「バランス・センサ・アセンブリ(特殊な5つのジャイロと2つの傾斜センサ)」が内蔵されており(第2世代機 i2、x2より他社製品が採用)、自立安定性能が極めて高い。ハンドルバーにはアクセルもブレーキもなく、搭乗者の体重移動による直感的操作で速度調節から前後進を行う。

使用手順 (i2、x2)[編集]

始動[編集]

ハンドルバー手前に装着されたInfokey

セグウェイのハンドルの中央には液晶画面を用いたストップウォッチのような装置 (Infokey) があり、この装置の対角線上に4つのボタンがある。その左下のボタンを押すと電源が入り、バッテリー容量や亀のマークでの最高速度設定などが画面に表示される。

  1. ハンドルを垂直に立てると足許にあるLEDが赤く点灯し、地面と平行では無いことを示す。その状態で足を乗せるとセグウェイ本体が一瞬振動し、搭乗不可という注意を出す。
  2. ハンドルを操縦可能な位置に調整すると、足許のLEDが緑色に変化する。

以上で走行が可能となり、搭乗可能となる。

操縦[編集]

旧機種では左側のグリップ根元を回して操舵する

基本的にアクセルは無く、体重を前に置く(重心を体の前に移動させる気持ちで)感じ、つまり前傾すると、前進する。ブレーキに該当する操作方法は、走行中に体の重心を足の土踏まずあたりに置く感じ、つまり水平にすると、止まる。同様に後退は後傾させる。即ち、本来傾斜すると倒れてしまうところを、倒立振子の制御方法でバランスをとっている。

速度調整は、重心を体の前に押し出すと速度が上がり、徐々に体の中心に戻す感じで土踏まず辺りに置くと減速する。速度を出しすぎると一旦加速してスイングバックするように減速を導くため、自動的な急ブレーキは不可能である。電子鍵によりユーザーレベルを認識しレベルに応じた速度制限をつけている。その場で回転する時は、重心を体の中心に置きながら、ハンドルだけを左右に傾けるように操作する。

略歴[編集]

Centaur
  • 2004年10月 - セグウェイに前輪を加えて全地形対応車風の四輪車にした『Centaur』をコンセプトカーとして発表。[7]
  • 2004年11月 - ジョシュ・コルドウェルがシアトルからボストンまでセグウェイで101日かけて全米横断する。走行距離は約4,000マイル、充電回数は400回を超えたが大きな故障をすることはなかったという。2006年にこの横断の模様を記録した映画『10MPH』をリリースし、イーストランシング映画祭でベストドキュメンタリー賞を受賞。
  • 2005年3月 - リチウムイオンバッテリーを従来の2倍にした『i180』を発表。
    • この新型バッテリーを搭載した不整地仕様車『Segway XT』が登場。
  • 2005年11月 - ブッシュ大統領が小泉首相にセグウェイをプレゼントする。
  • 2006年9月 - フルモデルチェンジ。第2世代機のSegway PT i2、x2を発表。
  • 2006年9月 - 全世界で発売された2万3500台をリコール。
  • 2006年10月 - 日本SGIが日本国内総販売代理店として法人向けに日本国内販売を開始。
  • 2007年6月 - キヤノンマーケティングジャパンが正規販売代理店として販売を開始。
  • 2007年9月 - GMとがエコカーで協力し、2台のセグウェイ搭載可能なコンセプトカー『Opel Flextreme』をフランクフルトモーターショーにて披露[5]
P.U.M.A.
  • 2009年4月 - GMとSegwayは2人乗りの電動二輪車『Project P.U.M.A.(Personal Urban Mobility and Accessibility)』を共同開発していると発表[6]
  • 2009年4月 - 日本国内のセグウェイ総代理店業務が日本SGIからセグウェイジャパン株式会社へ移管。

モデル[編集]

第一世代(2001年12月~2006年9月)[編集]

Segway HT (Segway Human Transporter)
iシリーズ (i167、i170、i180)
標準タイプ。屋内外での利用が可能な汎用モデル。i180からはリチウムイオンバッテリー(Li-ion)を搭載可能。約8時間の充電で走行距離はニッケル水素バッテリー(Ni-MH)の約倍となる約40km、最大時速は20km。
pシリーズ (p133)
iシリーズを少し小型にしたタイプ。タイヤが小さく小回りが利くので屋内でも使用できる。
eシリーズ (e167)
法人向けに開発されたタイプ。使用するには特別なトレーニングを必要とする。荷物を載せるバッグと、人間が降りた際も立っている自動スタンド機能が付いている。
XT (Cross Terrain)
オフロードタイプ。車幅もあることから、不整地での利用に向く。車重・タイヤ摩擦係数・タイヤ径からプログラムが異なり、走行可能距離は19kmと他のモデルの半分程度。リチウムイオンバッテリを搭載。
GT (Golf Transporter)
i180がベースのゴルフタイプ。芝用タイヤ、キャディーバッグ搭載用ラックを備える。リチウムイオンバッテリを搭載。

第二世代(2006年9月~)[編集]

Segway PT (Segway Personal Transporter)
Segway HTから名称変更
i2(基本モデル、警備向けパッケージ、工場・物流向けパッケージ、一般業務向けパッケージ)
標準タイプ。第二世代のi2からより直感的な操作が可能なLeanSteerというステアリングシステムを搭載。体重の移動だけで左右への方向転換が出来るようになった。約8時間の充電で走行距離は約40km、最高時速は20km。
x2(基本モデル、屋外警備向けパッケージ、屋外業務向けパッケージ、ゴルフ向けパッケージ、芝用モデル)
オフロードタイプ、芝用タイプ。車幅があることから、不整地でも高い安定性能を誇る。車重・タイヤ摩擦係数・タイヤ径からプログラムが異なり、走行可能距離は19kmとi2の半分程度、最高時速は20km。

日本での利用[編集]

ハイジの村で行われているツアー
セグウェイに乗るプロ野球・広島東洋カープ マスコットのスラィリー

現在日本の公道では一切の利用が認められていないので、利用は私有地内に限られる。

2006年10月21日から日本SGIが国内正規総販売代理店として販売を開始。購入時には保険の加入、すべての搭乗者に対してインストラクターからの講習を徹底するなど、安全運用・管理に力を注いでいる。このような理由に加え、運用場所が制限されるために一般向け販売は見送られており、法人に対しての販売を前提としている[7]

2007年10月には東京国際展示場にて警備の実証実験が行われ[8]2008年10月には埼玉県越谷市ショッピングセンターイオンレイクタウン[9]、また成田国際空港第一・第二旅客ターミナルで、ガイドや警備員の移動ツールとしても使用されるなど、大型施設での導入が進んでいる。

2011年1月時点においては、諸外国での実績と同様に、空港コンベンションセンター大学駐車場など多くの施設で導入されるまでになってきているが[10]、この背景には環境意識の変革や労働効率の向上に取り組む企業の増加が考えられている。

セグウェイジャパンから一般向けの販売は行われていないが、セグウェイを使った観光「セグウェイガイドツアー」やアトラクションで体験は可能で、セグウェイジャパンも情報を提供している[11]

公道走行[編集]

2003年7月に東京渋谷の路上にて「日本にセグウェイを取り締まる法律は無い」として無許可でセグウェイのイベントを行った業者が道路交通法違反(自賠責保険違反・整備不良)で2004年4月に略式起訴され罰金50万円の判決を受け、セグウェイ本体は証拠物件として10ヶ月以上に亘り押収された。警視庁による検証でモーター出力が0.6kWを超えている事が確認され、道路交通法上セグウェイは「原動機付自転車」ではなく「普通自動二輪車」であると判断された[12]

現行法では公道でこれら「自動車」が走行するためには、急制動できるブレーキや灯火装置などを装着して保安基準を満たし、車両登録を行ってナンバープレートを取得することが必要となる。しかしセグウェイにブレーキを取り付けて車輪を止めると転倒してしまう事から、現時点では保安基準を満たすことには無理があり、公道での走行は不可能とされている。2005年に陸運局でセグウェイの車両登録を尋ねた例では、保安部品の装備でナンバーの発行は不可能ではないと言われながらも、実際の登録には難色を示された模様[13]。2010年に国土交通省へ問い合わせた例でも、保安部品が無い事が公道禁止の理由とされている[14]

2004年にはコンピュータ雑誌『週刊アスキー』上での神田敏晶のコラム連載にて、「セグウェイで公道を走ったら捕まっちゃいました」という記事が掲載された。

2005年11月11日、関西文化学術研究都市奈良県生駒市)で実施された、奈良先端科学技術大学院大学らによる無線LANの電波強度マップの作成実験の際に、ロボット特区を活用し警察の許可を得た上で、日本で初めてセグウェイを公道で利用した[15][16]

2008年11月20日、千葉県柏市で行われた交通イベント「柏の葉モビリティフォーラム」にて、柏の葉キャンパス駅前から千葉大学柏の葉キャンパス間の歩道約300メートルを、警察の許可を得た上で一般の来場者がセグウェイを体験した[17]

2009年5月に新たな国内総代理店となったセグウェイジャパンは、歩道通行へ向けて横浜市へ特区申請を働きかける考えを明かした[18]

2010年1月、茨城県つくば市が『搭乗型移動ロボット(人が乗って走行するロボット)』の実証実験特区(つくばモビリティロボット実験特区)の認定を内閣府から受け[19]、同年10月3日から公道での通勤実験が開始された[20]。2012年2月9日には観光ツアーの社会実験として、つくばエキスポセンターなど市内の観光名所を約9キロメートルにわたって巡る企画が実施されている。 現在つくば市内で、セグウェイに乗るためには、16歳以上で普通自動車免許か普通自動2輪免許を所持していることが、必須条件となっている。また、セグウェイツアーと称し、一般市民公募型の実証実験を毎月行っているが、競争率は10倍と高く、人気の高さを数字が物語っている[21]

世界での利用[編集]

観光客向けツアー[編集]

パリの観光客向けツアー
ルクセンブルクの観光客向けツアーの集合場所

ヨーロッパ[編集]

北米[編集]

アジア[編集]

テロリスト向け鎮圧[編集]

その他[編集]

  • 日本の大学でも1986年頃からセグウェイと同様の乗り物を研究しており、1987年に特許を出願(特願昭62-142013)、1996年に特許を取得している(特許2530652「同軸二輪車における姿勢制御方法」)[22]

脚注[編集]

  1. ^ コトラー&ケトラー著 『マーケティング・マネジメント』日本語版 第12版 株式会社ピアソン・エディケーション 2008年4月15日初版第1刷発行 ISBN 978-4-89471-657-5
  2. ^ a b セグウェイのオーナー、運転中に転落死 - SANSPO.COM 2010年9月28日
  3. ^ セグウェイ全モデルがリコール--タイヤ逆回転の危険性:ニュース - CNET Japan
    公式発表
  4. ^ 「セグウェイ」オーナー転落死…自ら運転中 - SANSPO.COM 2010年9月29日
  5. ^ SegwayとGM、エコカーで協力 - ITmedia News
  6. ^ まさにスーパーセグウェイ、GMとセグウェイが共同開発した2人乗りの小型二輪電気自動車「P.U.M.A. (プーマ)」の走行ムービー - GIGAZINE
  7. ^ 日本SGI、国内初の新型セグウェイ正規総販売代理店に
  8. ^ セグウェイで警備 ビッグサイトで実証実験 - MSN産経ニュース
  9. ^ 電気自動車充電ステーション、館内を走るセグウェイ...日本最大のSC「イオンレイクタウン越谷」 - ライフ - 日経トレンディネット
  10. ^ 国内の導入事例
  11. ^ 乗ってみたい|セグウェイジャパン Segway Japan
  12. ^ Response. 『セグウェイ』は整備不良…50万円の罰金命令
  13. ^ 三歩進んで二歩下がる♪ | MASARU ITOH | sorae.jp
  14. ^ 搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に (2/2ページ) - MSN産経ニュース
  15. ^ けいはんな地区ロボット特区移動体公道実験
  16. ^ 第1回ロボット公道実験を実施
  17. ^ 読売新聞2008年11月26日13版地域京葉版34面記事
    柏市役所 セグウェイも登場 -未来型モビリティ(自転車)の体験会-
  18. ^ セグウェイジャパン株式会社を設立境モデル都市「横浜市」を...|セグウェイジャパン Segway Japan
  19. ^ 搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に (1/2ページ) - MSN産経ニュース
  20. ^ 「セグウェイでエコ通勤」 時事ドットコム 2011年10月4日。
  21. ^ ロボットの街つくば
  22. ^ 特許を巡る日米の攻防に発展? 『セグウェイ』のアイデアは日本人が先だった!? | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]