空気浮上式鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アエロトラン試作2号機
RTV 31
成田空港で乗客を運ぶオーチス製空気浮上式ピープルムーバー(水平エレベーター

空気浮上式鉄道とは空気を利用して浮上、走行する交通輸送機関である。

概要[編集]

1960年代から1970年代にさまざまな方法が高速鉄道実現に模索されてきた。開発の背景には従来の粘着式の鉄道システムでは時速300kmを超える領域での安定した走行は蛇行動等により不可能であると考えられてきた事が一因としてある。 鉄道先進国を自認するフランスではアエロトランホバークラフト発祥の地イギリスではトラックトホバークラフト,アメリカではアエロトランの技術を導入してコロラド州プエブロで空気浮上式鉄道の試験が進められた。それらの大半は技術的には未熟で従来の鉄道システムでの高速鉄道と競うにはまだ十分ではなかった。そのため、オイルショックの後それらの計画の大半は中止された。その後、ゼネラルモーターズが開発した浮上する事によって摩擦を無くし、リニア誘導モーターで輸送するシステムが開発され、その事業を受け継いだオーチス社がケーブルによる推進システムに変えた事により経済性が発揮されるようになり、成田空港シャトルシステムのように一部の空港等において利用されるようになり現在に至る[1]

また、航空工学に基づいた空気力学的に浮上するエアロトレインのような例もある。この場合には停止すると着地する。

脚注[編集]

  1. ^ タイヤ交換が不要な為、交換が必要なタイヤの費用や人件費等の整備費用が削減でき、高稼働率を維持できる為、予備車両が不要で浮上に必要な電力の費用を含めても十分採算が取れるという。

関連[編集]