並河駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
並河駅
駅舎
駅舎
なみかわ - Namikawa
亀岡 (3.2km)
(1.8km) 千代川
所在地 京都府亀岡市大井町土田二丁目57-6
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線嵯峨野線
キロ程 23.4km(京都起点)
電報略号 ナミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,000人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1935年昭和10年)7月20日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

並河駅(なみかわえき)は、京都府亀岡市大井町土田二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。「嵯峨野線」の愛称区間に含まれている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。2009年11月の亀岡駅までの複線化の完成により、分岐器絶対信号機を持たない停留所となった。駅舎は2番のりば側にあり、反対側の1番のりばへは跨線橋で連絡している。跨線橋には両ホーム側ともエレベーターが設置されている。

亀岡駅が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅となっている。以前は早朝と深夜は無人駅となったが、現在は終日駅員配置となっている。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

駅の東西を「並河クリエーティブ地下通路」が結んでいる。

並河駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 嵯峨野線 上り 亀岡二条京都方面
2 嵯峨野線 下り 園部福知山舞鶴方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

2009年9月に当駅から八木駅までが複線化されるまでは、駅舎側の2番線を上下本線とした一線スルーで、通過列車及び行違いを行わない停車列車は上下線とも2番線を通っていた。

利用状況[編集]

かつては普通列車でも通過する列車があるほど閑散とした駅であったが、嵯峨野線の高速化や亀岡市が京都中心部へのベッドタウン化していくにつれ、利用客数は徐々に増えつつある。

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 2,748人(1999年度)
  • 2,718人(2000年度)
  • 2,704人(2001年度)
  • 2,641人(2002年度)
  • 2,762人(2003年度)
  • 2,822人(2004年度)
  • 2,863人(2005年度)
  • 2,995人(2006年度)
  • 3,063人(2007年度)
  • 3,055人(2008年度)
  • 3,016人(2009年度)
  • 2,962人(2010年度)
  • 3,008人(2011年度)
  • 3,000人(2012年度)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

並河駅鉄道歴史公園

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
嵯峨野線(山陰本線)
快速・普通
亀岡駅 - 並河駅 - 千代川駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]