大原 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 近畿地方 > 京都府 > 京都市 > 左京区 > 大原 (京都市)
京都市時代祭で、大原女に扮した女性

大原(おおはら/おはら)は、京都市左京区北東部の比叡山西麓高野川上流部に位置する小規模盆地の名称。古くは「おはら」と読まれ、小原とも表記された。かつては山城国愛宕郡に属し、南隣の八瀬とセットで「八瀬大原」とも称された。

概要[編集]

平安京京都)と若狭湾を結ぶ若狭街道の中継地点として栄え、また延暦寺に近かったことから、勝林院来迎院三千院寂光院など多くの天台宗系寺院が建立された。

また、戦争・政争による京都からの脱出のルートとしても用いられ、出家・隠遁の地としても古くから知られていた。惟喬親王建礼門院をはじめ、大原三寂常盤三寂)と称された寂念寂超寂然兄弟、藤原顕信西行鴨長明などの隠遁の地として知られている。

中世以後は薪炭の生産地として知られ、独自のいでたちをした大原女が京都まで薪炭を売り歩き、白川女桂女と並び称された。後には柴漬麦粉などの特産でも知られるようになった。

明治維新前の大原郷には戸寺、上野、大長瀬、来迎院、勝林院、草生、野村、井出の8つの村があった。その内 大長瀬、来迎院、勝林院の3村は梶井宮門跡の領地で、戸寺、上野、草生、野村、井出は小出石村と共に中東氏の領地であった。そして 庄屋が各村を治めていた。(「大原村誌」参照)

1882年にこの8村が合併して「大原村」になった。

1889年町村制制定の際に、小出石、百井、大見、尾越 を合わせて愛宕郡大原村となり、旧12の村はそのまま集落として引き継がれ、後に13番目の集落として古知谷が分離・成立した。

1949年に大原村は京都市左京区に編入され、13の集落はそれぞれ「大原○○町」と呼ばれる小字となった。

三千院があるため、元々観光客が訪れる地域であったが、現在のように多くの観光客が訪れるようになったのは1965年のヒット曲「女ひとり」で三千院が歌われたことと、1972年の大河ドラマ新・平家物語の影響が大きい。柴漬の産地として知られ、代表的な銘柄の土井志ば漬本舗本社が大原に隣接する八瀬花尻町に立地している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 「大原村誌」大原尋常高等小学校 教材研究部1920年発行