唐崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唐崎駅
駅舎(2008年2月29日)
駅舎(2008年2月29日)
からさき - Karasaki
大津京 (3.1km)
(2.6km) 比叡山坂本
所在地 滋賀県大津市唐崎二丁目11-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 湖西線
キロ程 8.5km(山科起点)
京都から14.0km
電報略号 カラ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,507人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1974年昭和49年)7月20日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
構内

唐崎駅(からさきえき)は、滋賀県大津市唐崎二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)湖西線である。

駅名の唐崎は、近江八景の一つ唐崎の夜雨として有名であり、古典作品などによく登場する。発表当時湖西線自体は開通していなかったが、鉄道唱歌(1900年)にも登場している。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札口は地上に1か所ある。改札口からホームへ階段・ホームエレベーターが1本通じている。

堅田駅が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅みどりの窓口が設置されているが、深夜帯は無人となる。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

バリアフリー化の工事でホームエレベーター・多機能トイレが設置されることになったため、2007年10月6日から工事が始められた。そのため、西・北・東側の3つの出入口のうち、北・東側の出入口が使用できなくなり、2007年11月30日からはホームのエレベーターが設置される位置に仮囲いが設置されていた。その後工事が終了し、2008年2月29日頃からホームエレベーター・多機能トイレ・2段手すりが使用され始めた。その後、改札口とホームに発車標電光掲示板)も設置され、2008年3月15日ダイヤ改正と同時に使用され始めた。

唐崎駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 湖西線 下り 堅田近江今津方面
2 湖西線 上り 京都大阪方面

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間あたり3本(土曜・休日は4本)が停車する。朝時間帯は本数が多くなる。朝には西明石駅行き、夜には西明石駅(平日ダイヤ)・新三田駅(土休日ダイヤ)始発近江舞子行きの各駅停車(京阪神緩行線)も停車する。

利用状況[編集]

「滋賀県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 2,888[1]
1993年 3,101[2]
1994年 3,219[3]
1995年 3,211[4]
1996年 3,232[5]
1997年 3,271[6]
1998年 3,313[7]
1999年 3,257[8]
2000年 3,285[9]
2001年 3,189[10]
2002年 3,198[11]
2003年 3,140[12]
2004年 3,125[13]
2005年 3,168[14]
2006年 3,252[15]
2007年 3,323[16]
2008年 3,401[17]
2009年 3,436[18]
2010年 3,446[19]
2011年 3,492[20]
2012年 3,507[21]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

湖西線開通前の1969年までこの場所を走っていた江若鉄道には駅は設けられず、北寄りに叡山駅比叡山坂本駅とは場所が異なる)と、南寄りに滋賀駅がそれぞれ存在した。

年表[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
湖西線
新快速・快速
通過
普通(京都駅からは快速となる平日のみ運転の列車を含む)
大津京駅 - 唐崎駅 - 比叡山坂本駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]