近鉄名古屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近鉄名古屋駅*
駅ビルの近鉄パッセビル
駅ビルの近鉄パッセビル
きんてつ なごや
- KINTETSU-NAGOYA -
(1.1km) 米野
所在地 名古屋市中村区名駅一丁目2-2
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 名古屋線
キロ程 0.0km(**近鉄名古屋起点)
電報略号 ナコ
駅構造 地下駅
ホーム 4面5線
乗車人員
-統計年度-
60,892人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1938年昭和13年)6月26日
乗換 名古屋駅
- 東海旅客鉄道(JR東海)
- 名古屋市交通局(地下鉄)
- 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線

名鉄名古屋駅-名鉄名古屋本線
備考 ** 正式な起点は伊勢中川駅
* 改称経歴
- 1940年 関急名古屋駅→参急名古屋駅
- 1941年 参急名古屋駅→関急名古屋駅
- 1944年 関急名古屋駅→近畿日本名古屋駅
- 1970年 近畿日本名古屋駅→近鉄名古屋駅
正面改札口
地下改札口

近鉄名古屋駅(きんてつなごやえき)は、名古屋市中村区名駅一丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線である。

正式には名古屋線の終着駅であるが、列車運行上は当駅が起点となっている。近鉄の前身となる大軌グループの東方進出の区切りとなった駅でもあった。歴史も参照。東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋市営地下鉄名古屋臨海高速鉄道名古屋駅や、名古屋鉄道名鉄名古屋駅と隣接している。

当駅からの接続路線[編集]

駅構造[編集]

頭端式ホーム4面5線の地下駅で、ホーム頭端部にはJR線・新幹線連絡改札口、地下改札口、名鉄線連絡改札口が設けられている。また、各ホーム中央にある階段、エスカレーターを上った先で、近鉄ビル(近鉄パッセ)中地下1階に繋がり、正面改札口が設けられている。[1]

のりば[編集]

のりば(桑名 四日市 鳥羽 賢島 大阪 神戸方面)
番号 発着種別 開扉 ホーム長 乗車位置案内 備考
1 普通 片側 4連 青○1 - 3  
2 準急
急行(一部)
両側 5連 青○1 - 5
青△1 - 4
1番線側のホーム長は4連
3 急行
準急(一部)
両側 6連 白△1 - 6
青○1 - 6
青△2 - 5
4 特急 両側 8連 ラッシュ時は急行・準急の到着にも使用(到着後は回送)
5 特急 片側 8連 ラッシュ時は急行の到着にも使用(到着後は回送)

乗車位置[編集]

2013年度のダイヤ変更で、行先表示器(LCD)と駅構内自動放送による乗車位置案内の自動化・明確化が行われた。なお、近鉄名古屋線で一般列車の乗車位置を明確に案内しているのは当駅だけである。 青○印は4ドア車両のみ、青△印は3ドア車両のみ、白△印は3ドア車両+4ドア車両の乗車位置となる。

配線図[編集]

近畿日本鉄道 近鉄名古屋駅・米野駅 配線略図
近畿日本鉄道 近鉄名古屋駅・米野駅 配線略図
黄金駅
凡例
出典:[2]、および、[3]
左端が近鉄名古屋駅で白線クロスハッチは降車用ホーム、
中央のトンネル坑口脇が米野車庫、右端が米野駅
地下区間で立体交差するJR在来線・新幹線・あおなみ線の配線は、
本図では省略している。



当駅自体が比較的浅い地下にあり次の米野駅も地平のため、同駅方トンネル坑口付近の勾配は25‰で距離も短い。 1・2番線に入線する場合はすべてのホームから出発列車がポイントにいない場合に限り進入可能となり、3 - 5番線に進入する場合は1・2番線の列車に左右されない。逆に、出発時は3 - 5番線の列車はすべてのホームへ入線する列車がポイントにいる限り発車できない。

利用状況[編集]

名古屋市統計年鑑[4]および近畿日本鉄道[5]によると、1日の平均乗車人員・乗降人員は以下の通りである。 また、乗車人員は1日の平均、乗降人員は特定調査日の値である。

近鉄名古屋駅の利用人員
年度 乗車人員(人) 乗降人員(人) 乗降人員の
調査日
1991年(平成03年) 80,643 - -
1992年(平成04年) 80,101 139,535 11月11日
1993年(平成05年) 79,840 - -
1994年(平成06年) 78,533 - -
1995年(平成07年) 78,292 129,504 12月05日
1996年(平成08年) 73,731 - -
1997年(平成09年) 70,814 - -
1998年(平成10年) 69,354 - -
1999年(平成11年) 68,792 - -
2000年(平成12年) 68,601 - -
2001年(平成13年) 67,766 - -
2002年(平成14年) 66,778 - -
2003年(平成15年) 65,759 - -
2004年(平成16年) 65,305 - -
2005年(平成17年) 65,636 110,144 11月08日
2006年(平成18年) 64,569 - -
2007年(平成19年) 64,494 - -
2008年(平成20年) 63,739 108,792 11月18日
2009年(平成21年) 61,176 - -
2010年(平成22年) 61,062 106,149 11月09日
2011年(平成23年) 60,498 - -
2012年(平成24年) 60,892 102,687 11月13日

当駅の利用状況の変遷を下表に示す。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人/年度である。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事などの要因によって変動が大きいので、年度間の比較には注意を要する。

東海3県の私鉄駅の中でも、名鉄名古屋駅、金山駅に次いで利用客が多い。

駅周辺[編集]

その他の施設は、名古屋駅の駅周辺を参照。

バス路線[編集]

歴史[編集]

近鉄名古屋線の前身の一つとなる伊勢電気鉄道が名古屋進出を計画した当初は、現在の名古屋駅のかなり南方の地点に設ける予定であった。しかし、国鉄との連絡のため、鉄道省の用地を利用して桜通側に地下ループ線(方向転換を要しない構造)を建設し、その上に駅ビルを建設する計画に変更された。その後、伊勢電気鉄道は伊勢進出で体力を使い切って経営に行き詰まり、大阪電気軌道(大軌)傘下の参宮急行電鉄(参急)に合併され、名古屋進出は大軌・参急などが出資した新設会社の関西急行電鉄(関急)によって果たされる。この時に通常の折り返しターミナル構造に変更されている。

当駅の開業により、大軌グループによって大阪から名古屋に至るまでの路線が完成した。特に、名古屋 - 伊勢間の輸送では鉄道省の運営する参宮線(当時は亀山駅 - 鳥羽駅間)の乗客が7割も減るほどの影響を与えた。

なお、予算の都合から1面1線の配線にする計画も存在したが、結局は将来の発展を見込んで3面3線となった。しかし、それでも戦後の輸送量増加には対応できず、1967年に4面5線への拡幅改造が行われている。

また、1938年の開業後、1941年に隣接して名古屋鉄道(名鉄)の新名古屋駅(現:名鉄名古屋駅)が開業したが、この当時は近鉄名古屋線も狭軌(1067mm)を採用していたため、戦中・戦後を通じて名鉄と線路が接続され、戦後の一時期には、団体専用列車に限って相互直通運転が実施されていた。詳しくは名鉄名古屋駅を参照。

年表[編集]

かつての外観
(2005年1月19日撮影)
  • 1938年昭和13年)6月26日 - 関西急行電鉄のターミナルとして開業。当初の駅名は「関急名古屋駅」だった。開業時より地下駅であった。
  • 1940年(昭和15年)1月1日 - 参宮急行電鉄が関西急行電鉄を合併。駅名を「参急名古屋駅」に改称。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併し、関西急行鉄道に改称。駅名を再び「関急名古屋駅」に改称。
  • 1941年(昭和16年)8月12日 - 名古屋鉄道が新名古屋駅(現:名鉄名古屋駅)に乗り入れ。地下連絡開始。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 関西急行鉄道と南海鉄道が合併し、近畿日本鉄道が成立。駅名を「近畿日本名古屋駅」と改称。
  • 1950年(昭和25年)8月4日 - 名古屋鉄道との団体臨時列車の相互直通運転実施( - 1952年9月30日)。
  • 1959年(昭和34年)11月27日 - 標準軌化工事完成。
  • 1966年(昭和41年)11月 - 名古屋近鉄ビル完成。
  • 1967年(昭和42年)12月1日 - 2面2線増の改良工事完成。
  • 1969年(昭和44年)4月 - 国鉄連絡改札開設。
  • 1970年(昭和45年)3月1日 - 駅名を「近鉄名古屋駅」に改称。
  • 2006年平成18年)3月23日 - 名古屋近鉄ビルが公示地価上昇率1位になる(前年比38%上昇)。
  • 2006年(平成18年)10月14日 - 改札内精算所を移転。自動精算機が更新され、JR線連絡改札口付近にも1台増設された。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。同時にICOCAとも相互利用開始。

備考[編集]

きっぷ、カード、改札等について[編集]

  • 2013年7月より、ICカード専用改札機が設置された(地上1基、地下3基)。
  • スルッとKANSAIカードはエリア外のため使用できない。
正式にアナウンスされてはいないが、新型タイプの自動券売機にスルッとKANSAIカードを挿入することにより乗車券の引き換えが可能であり、実質的には利用することができる。また、パールカード11(回数券カード)はすべての自動券売機で使用可能である。
  • JR連絡改札口では、近鉄側・JR東海側それぞれの磁気式乗車券の2枚重ねでの投入のほかに、近鉄側のIC乗車カードであるPiTaPaまたはICOCAとJRの磁気式乗車券の組み合わせ、もしくはJR東海側のIC乗車カードであるTOICASuicaSUGOCA・ICOCAおよびmanacaのいずれかと近鉄の磁気式乗車券の組み合わせにて乗り継ぎが可能なシステムとなっている。近鉄・JR東海共に利用可能なICOCAのみは、1枚のみでJR連絡改札口を利用することができる(2012年11月1日からの取扱い。近鉄側のICOCA、JR東海側のTOICAにはそれぞれICカード定期券を含む)[6]
    • 当連絡改札口は、近鉄側、JR東海側からも各種IC乗車カードの2枚同時利用による乗り継ぎはできない。この場合、一旦出場する必要がある(いずれの利用条件についても、当駅構内およびJR名古屋駅構内の当連絡改札口付近にもその旨の注意書きが掲示されている)。JR東海との連絡定期券はICカード式のものが2013年3月23日に発売された[7]
    • 2007年4月1日の近鉄線のPiTaPa・ICOCA取り扱い開始時から2012年10月31日までは、近鉄側でPiTaPaまたはICOCAを、JR東海側でTOICA・Suica・SUGOCA・manaca(相互利用カードは2012年4月21日以降のもの)のいずれかを2枚重ねでタッチすれば、乗り継ぎが可能なシステムであった。近鉄の磁気式乗車券と併用する場合でも、JR東海側でICOCAを使用することはできなかった。2012年11月現在では、ICOCAのみがIC乗車券1枚のみで乗り継ぎ可能であった。
    • 2013年3月23日にはICOCA以外のPiTaPa・Suica・TOICA・SUGOCA・manacaのほか、相互利用が開始されたKitacaPASMOnimocaはやかけんも1枚で通過が出来るようになっている[8]
  • 名鉄連絡改札口には近鉄と名鉄の職員が交代で配置される。近鉄側と名鉄側の磁気式乗車券を2枚まとめて投入すれば、正しく乗り継ぎ処理が行われる(2012年2月29日までは、名鉄線用にトランパスも利用可能であった)。また2011年2月11日からの名鉄線へのmanacaの導入、および2012年4月21日からのTOICA・manacaの相互利用開始にも対応したことで、当連絡改札口では、近鉄側のPiTaPaまたはICOCAと名鉄側の磁気式乗車券の組み合わせ、および名鉄側のmanacaまたはTOICAと近鉄側の磁気式乗車券の組み合わせでの、乗り継ぎも可能である。
    • 当連絡改札口においては2012年4月21日現在、名鉄側のmanacaまたはTOICAと、近鉄側のPiTaPaまたはICOCAとのIC乗車カードの2枚同時使用による乗り継ぎはできないため、この乗り継ぎの場合、一旦出場する必要がある。2013年3月23日からは、JR東海側の連絡改札口と同様に、相互利用可能な1枚のIC乗車カードでの乗り継ぎが可能となった。いずれの利用条件についても、当駅構内および名鉄名古屋駅構内の当連絡改札口付近にもその旨の注意書きが掲示されている。なお、2012年12月1日現在、名鉄との連絡定期券はICカード・磁気券とも発売されていない。
    • 2007年4月1日の近鉄線のPiTaPa・ICOCA取り扱い開始時から約8か月間はICカードに対応していなかったため一旦改札口を出る必要があったが、その後近鉄線のIC乗車カードにも対応するようになった。
  • 自動精算機が設置されている(回数券カード・PiTaPa・ICOCAに対応。ただしスルッとKANSAIカードには非対応)。
  • 特急券および定期券の購入が可能である。
  • 上述の一般用改札口のほかに団体改札口が設置されている。JR名古屋駅広小路口の改札を出た通路を進んだ突き当たりにあり、当駅の正面改札口から各ホームを結ぶ通路に出られるようになっている。使用しないときは、シャッターで閉鎖されている。
  • 正面改札口から当駅ホームへの通路は、途中で名鉄名古屋駅の上を横切っている。また高さを確保するために、地上の道路は通路の位置だけ盛り上がっている。2003年までは名鉄新名古屋駅(当時)のメルサ口(現・新南口)と連絡する通路もあり、メルサ口でも近鉄の乗車券を発売していた[9]

到着・発車時の放送[編集]

  • 近鉄特急の到着時・発車前の車内チャイムは「思い出」。以前は「この道」であった。
  • 特急の発車時(1分前)に限り、ウェストミンスターの鐘(チャイム)とヨシフ・イヴァノヴィチ作曲の「ドナウ川のさざ波」が発車メロディとして流れる(ただし、賢島行き特急『しまかぜ』のみは専用のメロディ『真珠』が流れる)。以前はこの発車メロディのみであったが、後述の自動放送更新後にさらにブザーが加わるようになった。普通、準急、急行、回送電車の発車時はアナウンスとブザーのみである。
    • 現在使われているのは1989年から使用されている2代目で、初代は本物の鐘と演奏[10]だった。ただし、末期は音割れやテープが伸び切っているため現在の電子音タイプに交換された。
  • 自動構内放送は、以前は番線にかかわらず到着時が男声、発車時が女声であったが、2009年12月上旬に自動構内放送が更新され、2・4番のりばが男声、1・3・5番のりばが女声になっている。特急列車以外は到着列車の両数案内と乗車位置も案内されている[11]。自動構内放送の更新に伴い、発車直前の次の停車駅案内はなくなっている。

付記[編集]

  • 近鉄の駅では最東端かつ最北端[12]に位置する駅である(最南端は賢島駅、最西端は大阪難波駅)。
  • 駅長が置かれ、当駅から近鉄八田駅間の各駅を管理している[13]
  • 開業時からあるホームの柱は丸型で、拡幅されて建設されたホームには角型の柱である。架線は剛体架線を採用している。
  • 発車標は2011年8月までホームとコンコースは反転フラップ式案内表示機(ソラリー)、正面改札口はブラウン管ディスプレイが使用されていたが、現在は液晶ディスプレイに更新されている。
  • 伊勢神宮参拝などで要人が利用することがあるため、貴賓室が設置されている[14]
  • 2009年3月20日に阪神なんば線が開業したことで山陽網干駅もしくは山陽姫路駅から当駅まで標準軌私鉄の路線が繋がった。しかし、近鉄名古屋から大阪難波以西への定期直通運転は行われておらず[15]、近鉄・阪神電気鉄道山陽電気鉄道の連絡乗車券も2014年時点では発売されていない[16][17]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
名古屋線
急行・準急
近鉄名古屋駅 - 近鉄蟹江駅
普通
近鉄名古屋駅 - 米野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅構内図 近鉄名古屋駅
  2. ^ 川島令三、『全国鉄道事情大研究 - 名古屋都心部・三重篇』、ISBN 978-4-7942-0700-5、168p、草思社、1996
  3. ^ 川島令三 編著、『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第4巻 豊橋駅 - 名古屋エリア』、ISBN 978-406-270014-6、15p、 講談社、2009
  4. ^ http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/67-5-9-0-0-0-0-0-0-0.html 名古屋市:毎年の統計] 主に乗車人員
  5. ^ 近畿日本鉄道|駅の乗降人員 主に乗降人員
  6. ^ 近鉄名古屋駅のJR乗りかえ用自動改札機をご利用の方へ近畿日本鉄道公式ウェブサイト、2012年11月25日および2012年12月1日閲覧
  7. ^ JR東海・近鉄IC連絡定期券の発売を開始します (PDF) - 近畿日本鉄道ニュースリリース、2012年12月18日付、2012年12月18日閲覧
  8. ^ 交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります! (PDF) - 近畿日本鉄道ニュースリリース、2012年12月18日付、2012年12月18日閲覧
  9. ^ 『近鉄時刻表』2003年版の当駅構内図ではこの通路の記載があるが、2004年版では記載されていない。
  10. ^ http://www.youtube.com/watch?v=iOZzJ4QMpco
  11. ^ 乗車位置案内は2013年ダイヤ変更より開始。
  12. ^ 2007年(平成19年)9月30日までは現在の養老鉄道揖斐駅が最北端だった。
  13. ^ 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  14. ^ 首相動静 - 1月4日 asahi.com(2010年1月4日付). 2010年1月24日閲覧
  15. ^ 2014年5月17日、臨時貸切列車ではあるが、近鉄名古屋駅から阪神甲子園駅まで直通列車が運転された。近鉄名古屋駅から阪神甲子園駅まで乗り換えなしで行く (PDF)”. 2014年10月15日閲覧。
  16. ^ 乗車後の乗り越し精算も不可。乗り通す場合は、下車駅の窓口や精算機で大阪難波駅からの運賃を精算する必要がある。
  17. ^ 交通系ICカードについては、山陽電気鉄道が2014年3月21日に交通系ICカード全国相互利用サービスを開始するまでは、ICOCA・PiTaPaでのみ通し乗車が可能だった。また、ICOCA・PiTaPa以外の全国相互利用対応カード(KitacaSuicaPASMOmanacaTOICAnimocaはやかけんSUGOCA)については、阪神神戸高速線西代駅まで乗車可能だった。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]