この道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この道」(このみち)は、北原白秋作詞、山田耕筰作曲の日本童謡である。

概要[編集]

歌詞には、北原白秋が晩年に旅行した北海道と、母の実家である福岡県南関町から柳川までの道の情景が歌い込まれている。日本の歌百選に選定されている。

「この道」ってどの道?[編集]

「あかしやの花」や「時計台」から、札幌市中央区北1条通とするのが定説になっている。しかし現在この通りは、片側4車線ある、札幌市中心街では南4条通(月寒通り)とならぶ幹線になっており、往時の面影は全くない。

歌詞[編集]

この道はいつか来た道
ああ そうだよ
あかしやの花が咲いてる

あの丘はいつか見た丘
ああ そうだよ
ほら 白い時計台だよ

この道はいつか来た道
ああ そうだよ
お母さまと馬車で行ったよ

あの雲もいつか見た雲
ああ そうだよ
山査子の枝も垂れてる

備考[編集]