新正駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新正駅
駅舎
駅舎
しんしょう - SHINSHŌ
近鉄四日市 (1.2km)
(1.5km) 海山道
所在地 三重県四日市市新正四丁目5-20
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 名古屋線
キロ程 38.1km(*近鉄名古屋起点)
電報略号 シンシ
駅構造 高架駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
663人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1975年昭和50年)7月20日
備考 * 正式な起点は伊勢中川駅

新正駅(しんしょうえき)は、三重県四日市市新正四丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線である。

駅構造[編集]

築堤上に相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。ホーム有効長は3両分。駅舎(改札口)は線路西側1階にあり、2階にある各ホームへは階段で連絡している。便所は改札内の駅員室付近にあり、男女別の水洗式である。

自動改札機および自動精算機が設置されており、駅員がいない19時以降も稼動している。乗車カードについては、スルッとKANSAIおよびJスルーカードはいずれも使用できないが、自動精算機でICOCAへのチャージが可能である。

のりば[編集]

1 名古屋線(下り) 大阪賢島方面
2 名古屋線(上り) 四日市桑名名古屋方面

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 549
1998年 521
1999年 529
2000年 531
2001年 546
2002年 530
2003年 528
2004年 566
2005年 541
2006年 575
2007年 623
2008年 664
2009年 644
2010年 646
2011年 661
2012年 663
  • 新正駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2005年11月8日の調査結果によると、1日の利用客は1,949人である[1]
        • 近鉄の全調査対象駅(323駅)中、197位。
        • 名古屋線の駅(44駅、他線接続駅含む)の中では、31位。
        • 三重県内の近鉄の駅(116駅)の中では、41位。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
名古屋線
急行
通過
普通
近鉄四日市駅 - 新正駅 - 海山道駅

脚注[編集]

  1. ^ 近鉄ウェブサイトより。[要出典]
  2. ^ 三重県統計書(各年度版)および、近鉄広報パンフレット「きんてつ」[要出典]による。
  3. ^ 表記および詳細記述は設置者の条例に準拠。 ※参考:四日市市都市公園条例 - 四日市市(2008年6月27日改正、2012年6月2日閲覧)
  4. ^ 三重県四日市合同庁舎 - 三重県(2012年6月2日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]